JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 女子サッカー > 最新ニュース一覧 > キヤノン ガールズ・エイト四国 徳島県Aが優勝を飾る

ニュース

キヤノン ガールズ・エイト四国 徳島県Aが優勝を飾る

2018年03月13日

キヤノン ガールズ・エイト四国 徳島県Aが優勝を飾る

3月10日(土)~11日(日)に香川県高松市立東部運動公園サッカー場にて、キヤノン ガールズ・エイト四国大会が開催され、4県8チーム・113名の選手が参加しました。

前日まで降り続いた冷たい雨と風も止み、天候とグラウンドコンディションに恵まれた大会となり、選手たちはこの一年間取り組んできたことを初日からピッチで表現し、攻守において積極的にプレーしミスを恐れずチャレンジする姿が多く見られました。

決勝は徳島県Aと高知県Bの対戦となり、徳島県Aが優勝しました。今大会は、どの選手も相手をリスペクトした中で勝負にこだわりを持ち、守備ではボールを奪うために体をぶつけながら最後まで粘り強く守備をし、攻撃ではゴールへ向かう積極的な仕掛けをするなど「未来のなでしこ」を彷彿させるプレーが多くあり、選手が輝いた大会となりました。

また、レクチャーでは協賛社のホクト株式会社から栄養講座を、そして特別協賛社のキヤノン株式会社からは今大会中の真剣にプレーをする選手の写真と映像がスクリーンに映し出され、自分自身や仲間が一生懸命にプレーしている姿を追っていました。

今大会を開催するにあたり香川県サッカー協会の皆様方をはじめ関係者の皆様、また特別協賛、協賛の皆様の多大なるご支援とご協力に感謝を申し上げたいと思います。

コメント

茨田歩美 選手(香川A)
ガールズ・エイトでは、県外のチームと戦うことができてよかったと思いますし、楽しかったです。守備ではみんながなるべく早く戻って来てもらえるように声かけを意識しました。キーパーにもなるべくボールがいかないように、体を相手に当てて守りました。中学校でもがんばりたいです。

山本あいり 選手(高知A)
初日の夜に、注意されたことを意識してできました。この大会を通じて学んだことを次からは修正したいです。

市川ひまり 選手(高知B)
2日間の中で、皆で頑張ってプレー出来たと思います。特に決勝では、皆が諦めずに頑張っていました。他の県の選手は体の当て方も強く、ボールも遠くに飛んでいたので、もっと頑張りたいと思いました。これからも練習して、なでしこジャパンのメンバーになれるように全力で頑張ります。

富田翔保 選手(GDPトクシマA)
右のバックからバックパスをもらったときに逆にパスを出せました。つまりかけたから、早く体の向きを作り、冷静にしっかりと要求している所にボールを出したいです。浮き球にもよけず、しっかりと競りたいです。

松村実春 選手(GDPトクシマB)
私は、今までドリブルが苦手で、パスに逃げていました。でも昨日と今日は、私にパスが来た時は、意識していっぱい走ってゴールを決めることが出来ました。しっかり考えて動けたので良かったと思います。

村上風華 選手(愛媛A)
2日間、初めて見る人も多かったけれど、皆と協力してサッカーができました。中学校では、何事も諦めずに友達と協力したいです。

吉見皐 選手(愛媛B)
ガールズ・エイトで学んだことは寄せの早さです。愛媛県外のチームの人達の寄せが早く、パスが回し辛かったです。私は寄せの早さが相手に比べると遅いので、もっと早くしたいです。ガールズ・エイトで学んだことを生かして中学校でもがんばりたいと思います。

柿本麻希 指導者(徳島A)
全力で攻めて、全員で守ることを2日間継続してできていたと思います。ピッチの中でも外でも明るく楽しい雰囲気が絶えませんでした。これからも、リスペクトの気持ちを忘れず、サッカーを楽しんでほしいです。

田村博 指導者(徳島B)
本大会の活動は、6年間通じた活動の集大成であり中学生年代へ通じる通過点です。勝った負けたといった結果だけがすべてではなく、そこへ向けたプロセスが大事であることは言うまでもありません。選手たちがピッチの内外で自分で(自分たちで)考えたことが、どのように表現できたか、出来なかったかをしっかりと振り返ってもらいたいと思います。また、私たちも同様に選手たちが、「カベ」を一つでも乗り越えられただろうか、そのきっかけや、気づきを引き出す働きかけ、サポートができただろうか、指導者として振り返る必要があると思っています。最後に準備段階から運営、大会終了まで御尽力いただいた香川県サッカー協会四種委員会の皆様ありがとうございました。

渡部ひなの 審判員
天候にも恵まれ子どもたちは伸び伸びサッカーをしていました。私は審判として参加させてもらい、選手たちが気持ちよくプレーできるように心がけました。試合を行う上でいろんな人と関わり、子どもたちと一緒にサッカーを楽しむことができました。

弓立萌子 審判員
サッカーをする子どもたちのことを支えるためにレフェリーとしてゲームで共に走りました。子どもたちはとても素直で態度もよく気持ちよくジャッジすることができました。たくさんの方々への感謝することを忘れず今後もサッカーを楽しく続けていってほしいです。

キヤノン ガールズ・エイト 第15回JFA四国ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会

開催期間:2018年3月10日(土)~2018年3月11日(日)
会場:香川/高松市東部運動公園第1サッカー場(人工芝)

大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

特別協賛

  • キヤノン株式会社

協賛

  • ホクト株式会社

協力

  • 株式会社モルテン

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー