JFA.jp

JFA.jp

EN
SAMURAI BLUEレポート report

2017.3.28

データでみるアジア最終予選前半戦<ブロック編>

前半戦5試合で最もブロックの回数が多かった選手は?

UAE戦 タイ戦 イラク戦 オーストラリア戦 サウジアラビア戦
香川真司選手 3回 酒井宏樹選手 3回 酒井宏樹選手 4回 槙野智章選手 3回 原口元気選手 5回
山口蛍選手
小林悠選手

UAE戦で最もブロック回数が多かったのは、3回を記録した攻撃的MFの香川真司選手だった。前線からのプレスに奔走し、高い位置でのボール奪取を狙った。2位は吉田麻也選手、大島僚太選手、岡崎慎司選手の3人が2回で並んだ。タイ戦では酒井宏樹選手が3回でトップ。この試合でも香川選手は、長谷部誠選手、山口蛍選手と並んで2回のブロックを記録している。 イラク戦でも酒井宏選手がトップの4回。吉田麻也選手、酒井高徳選手、柏木陽介選手、原口選手が2回で続いた。オーストラリア戦では槙野智章選手、山口選手、小林悠選手の3回が最多だった。最もブロック回数が多かったのはサウジアラビア戦。計23回で、ピッチに立った14人すべてが1回以上を記録した。最多は5度のブロックを敢行した原口元気選手だった。

5戦合計での最多ブロック選手!【酒井宏樹選手:10回】

5試合トータルでの最多は、10回で酒井宏樹選手。タイ戦、イラク戦の2試合でチームトップを記録した。2位は9回の原口元気選手。5試合で4得点を奪った日本の攻撃軸は、守備でも高い貢献度を示した。3位は7回の吉田麻也選手。全試合でブロックを記録した唯一の選手だった。

過去2大会でのアジア最終予選で最もブロックの回数が多かった選手は?

南アフリカ大会予選では、長友佑都選手が18回でトップ。2位は15回の中澤佑二選手。3位は田中マルクス闘莉王選手と内田篤人選手が13回で並んだ。いずれも最終ラインの選手が上位に名を連ねている。ブラジル大会予選では長谷部誠選手が21回でトップ。2位は主に右サイドハーフを務めていた岡崎慎司選手で20回を記録。3位は13回の遠藤保仁選手となった。

※データスタジアム株式会社の試合データを元に記事を構成しております

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANIES
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
  • MS&AD
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー