JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > JFAユースプログラムを実施 ~キリンチャレンジカップ2018【10/12@新潟 vsパナマ代表】~

ニュース

JFAユースプログラムを実施 ~キリンチャレンジカップ2018【10/12@新潟 vsパナマ代表】~

2018年10月15日

JFAユースプログラムを実施 ~キリンチャレンジカップ2018【10/12@新潟 vsパナマ代表】~

10月12日(金)、デンカビッグスワンスタジアム新潟にてキリンチャレンジカップ2018が開催されました。この試合ではJFAユースプログラムとして、プレーヤーズエスコートキッズ、レフェリーエスコートキッズ、プレスキッズ、ウェルカムキッズ、ハイタッチキッズ、キリンキッズサポーター、ナショナルフラッグベアラーの7つのプログラムを実施しました。

プレスキッズでは、プロが使用する一眼レフカメラの使い方を、プロの記者とフォトグラファーから直接教えてもらうことができました。また、記者会見場では新聞記者の方から記事を書くところから新聞ができるまでの話を真剣にメモを取りながら聞いていました。最後はSAMURAI BLUEの選手たちがウォーミングアップしている姿を一眼レフカメラで撮影し、間近で見る選手たちにとても興奮した様子でした。

キリンキッズサポーターはスタジアムでおなじみのマスコット「カラッペ」「カララ」と一緒に試合開始前のピッチを1周できるプログラムです。スタジアムを1周し、たくさんの観客の方からの視線を集めます。初めは緊張気味だった子どもたちもカラッペ、カララと一緒に元気に観客の方々に手を振りながらスタジアムを周りました。ナショナルフラッグベアラーは試合前に選手を先導してピッチに入場する国旗を運ぶプログラムです。たくさんのお客さんが見守る中、誰もいないピッチに最初に入場していく緊張感を味わいました。

JFAユースプログラムは11月に行われるキリンチャレンジカップ2018においても実施致します。詳しい応募方法などこちらからご確認ください。

大分のJFAユースプログラム詳細はこちら
愛知のJFAユースプログラム詳細はこちら

参加者コメント

土田侑乃 さん(プレスキッズ・小5)
写真をたくさん撮れたことが、すごく楽しかったです。記者会見では、記者の人に子どもの頃の夢を質問したら、サッカー選手という答えでした。選手を近くで見られて良かったです。

鈴木琴太郎 さん(ナショナルフラッグベアラー・小5)
嬉しい気持ちしかなくて、全然緊張もしませんでした。とても、楽しむことが出来ました。とにかく、大迫選手が生で見られてよかったです!

鶴田啓介 さん(キリンキッズサポーター/小3)
とにかく楽しかった!普段は入れない代表のロッカーを見学出来て、とても嬉しかったです。特に、カラッペ・カララと場内一周して観客の人たちに手を振られて楽しかったです。長友選手を近くで見ることも、またとない機会でした!

2018年10月12日(金) 19:35キックオフ(予定)
新潟/デンカビッグスワンスタジアム
SAMURAI BLUE(日本代表)vs パナマ代表

大会情報はこちら

2018年10月16日(火) 19:35キックオフ(予定)
埼玉/埼玉スタジアム2002
SAMURAI BLUE(日本代表)vs ウルグアイ代表

大会情報はこちら

10月・11月のSAMURAI BLUE(日本代表)戦

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー