btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、ブラジルから11年ぶりに得点も1-3で敗れる

ニュース

SAMURAI BLUE、ブラジルから11年ぶりに得点も1-3で敗れる

2017年11月11日

SAMURAI BLUE、ブラジルから11年ぶりに得点も1-3で敗れる

SAMURAI BLUE(日本代表)は11月10日(金)、フランス北部のリールで行った国際親善試合でブラジル代表と対戦。後半にDF槙野智章選手(浦和レッズ)のゴールで11年ぶりにブラジルから得点を挙げて1点を返しましたが、1-3で敗れました。

自分たちの現時点での立ち位置を探る試合として、「持てるものを全て出したい」と選手たちが異口同音に話していた試合で、日本は立ち上がり早々に躓いてしまいます。

良いインテンシティで試合に入った日本でしたが、開始8分に、この試合に試験的に導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による判定となります。ブラジルのCKの場面が映像でチェックされ、DF吉田麻也選手(サウサンプトン)のMFフェルナンジーニョ選手へのファウルが確認されてPKになります。ネイマール選手がタイミングを外したキックでGKの逆を突いて先制。開始から10分のことでした。

このPKによる失点で「チームのバランスが少し崩れた」(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督)日本は、その後立て続けに押し込まれる場面が続きます。

ブラジルは、13分にネイマール選手、ジュリアーノ選手とつないで、最後はカゼミロ選手がミドルシュートを放ち、その2分後には、日本のCKからブラジルがハイスピードのカウンターを展開。瞬く間に日本のペナルティボックスに持ち込むと、パスを受けようとしたFWジェズス選手をMF山口蛍選手(C大阪)がひっかけて再びPKを獲られてしまいます。

ネイマール選手のこのPKはGK川島永嗣選手(FCメス)が阻止したものの、続くCKの流れからクリアボールを得たDFマルセロ選手がミドルレンジから右足を振り抜いて、ブラジルは試合開始から17分で2-0としました。

日本はブラジルの切り替えの速さと、トップスピードで展開されるカウンターに手を焼いて対応が遅れる場面が続きますが、29分に日本は山口選手からの縦パスを受けようとしたFW原口元気選手(ヘルタ・ベルリン)がペナルティエリア前で倒されてFKを獲得します。このFKを吉田選手が直接狙うと、ボールは左ポストの角を叩き、相手ゴールを脅かしました。

1点を返したい日本は、36分にFW久保裕也選手(KAAヘント)が右サイドから中に持ち込んでシュート機会を探りますが、相手にボールを獲られて再びカウンターを許してしまいます。ブラジルはカゼミロ選手、ウィリアン選手、ダニーロ選手とテンポよくパスを繋ぎ、ダニーロ選手が右サイドから日本守備陣の裏へ送った速いグラウンダーのクロスに、逆サイドに顔を出したジェズス選手が右足で合わせて3-0としました。

日本は後半開始から久保選手に代えてFW浅野拓磨選手(VfBシュツトガルト)を投入。右サイドで仕掛ける動きが活発になり、48分には浅野選手が角度のないところからゴールを狙います。

3点リードで、積極的にボールを獲りに来なくなったブラジルに対して、日本がボールを持てる時間が増え、攻撃の形を作れるようになります。

62分にはFW大迫勇也選手(1.FCケルン)がボールをキープして、この試合が代表戦100試合出場のDF長友佑都選手(インテル・ミラノ)へつないで左CKの機会を得ます。このCKを、この日2列目で精力的に動いたMF井手口陽介選手(G大阪)がファーサイドに送ると、槙野選手が頭で合わせてゴール。日本は、2006年FIFAワールドカップ以来4試合ぶりにブラジルから得点を挙げました。

日本はその後、MF長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)に代えてMF森岡亮太選手(ワースラント・ベフェレン)、原口選手に代えてFW乾貴士選手(SDエイバル)、大迫選手に代えてFW杉本健勇選手(C大阪)、さらに井手口選手に代えてMF遠藤航選手(浦和)を送り込みます。

すると、87分に乾選手が左サイドで仕掛けてFKを獲得。このFKをペナルティエリア中央の杉本選手に送り、頭で合わせたボールはゴールに吸い込まれましたが、オフサイドの判定でゴールにはなりませんでした。

アディショナルタイムにも、DF酒井宏樹選手(オリンピック・マルセイユ)の右サイドからのマイナスのパスを受けた浅野選手がペナルティエリア内からシュートを狙いましたが、枠を捉えることができず、日本は1-3で試合を終えました。

日本は、14日(火)にベルギー代表と同国のブルージュにて対戦します。

監督・選手コメント

ヴァイッド・ハリルホジッチ SAMURAI BLUE(日本代表)監督
2つの要素がある試合でした。前半の選手たちのメンタルに満足はしていません。少し未熟なところも出て、こちらが不安定になったところでゴールを与えてしまい、相手はその状況を利用してゴールに結びつけました。後半はポジションにもしっかり入って、前からプレッシャーをかけて、デュエルでも相手により近いところでプレーして、ゲームの読みや予測も良くなっていました。ボールを奪った後にもう少し冷静にプレーして、もう少し運があれば、より多くの決定機ができたでしょう。負けたので喜べませんが、世界一のチームにこのような後半ができたことは、ある程度満足のいくもので、希望も感じることができます。今日の試合からしっかり教訓を得て、それを繰り返さない。こういう試合で学んで進化していかなければなりません。

DF #19 酒井宏樹 選手(オリンピック・マルセイユ)
悔しいです。相手は後半モチベーションが下がっていて、怪我しないようにやっているようでした。それでも相手の質は高かったですが。僕たちは最低でも後半のサッカーをベースにしないといけないと感じました。

DF #22 吉田麻也 選手(サウサンプトン)
立ち上がりのインテンシティを僕の不必要な行いで崩してしまったのは、申し訳ないと思います。僕自身VAR判定は初めてなので、体験できたことは僕にとっての収穫かと思います。本大会はどのグループに入ってもポット1はこういうチームなので、それを想定して備えなくてはいけないと思います。

MF #2 井手口陽介 選手(G大阪)
個人でも組織でもレベルの違いを肌で感じました。ブラジルはゼロから100へのスピードの変化が凄く速くて、映像で見ている以上に速かったです。もっと自分たちから嵌めに行けるようになれば、攻撃もできたと思います。

チッチ ブラジル代表監督
我々は前半数多くのチャンスを作って得点に繋げて、前半だけでも勝ちに値するプレーだったと思います。日本はアグレッシブに戦ってきて、前半は高い位置からの守備に苦しめられました。日本は多くの選手がドイツなどでプレーして経験があり、プレッシャーは感じていなかったでしょう。正しいことを正しくやろうとする精神があると思います。

スケジュール

11月5日(日) PM トレーニング(フランス国内)
11月6日(月) PM トレーニング(フランス国内)
11月7日(火) PM トレーニング(フランス国内)
11月8日(水) PM トレーニング(フランス国内)
11月9日(木) PM 公式会見・公式練習
11月10日(金) 1-3 国際親善試合
vs ブラジル代表(スタッド・ピエール・モーロワ)
11月11日(土) AM トレーニング(フランス国内)
11月12日(日) PM トレーニング(ベルギー国内)
11月13日(月) PM 公式会見・公式練習
11月14日(火) 20:45 国際親善試合
vs ベルギー代表(ヤン・ブレイデルスタディオン)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

国際親善試合

2017/11/10(金) 13:00(日本時間 21:00) キックオフ(予定)
SAMURAI BLUE vs ブラジル代表
フランス/スタッド・ピエール・モーロワ
大会情報はこちら

2017/11/14(火) 20:45(日本時間 15日(水)4:45) キックオフ(予定)
SAMURAI BLUE vs ベルギー代表
ベルギー/ヤン・ブレイデルスタディオン
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP