btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、勝利から一夜明けてハイチ戦へ調整開始 ~キリンチャレンジカップ2017第2戦へ~

ニュース

SAMURAI BLUE、勝利から一夜明けてハイチ戦へ調整開始 ~キリンチャレンジカップ2017第2戦へ~

2017年10月08日

SAMURAI BLUE、勝利から一夜明けてハイチ戦へ調整開始 ~キリンチャレンジカップ2017第2戦へ~

SAMURAI BLUE(日本代表)は、キリンチャレンジカップ2017のニュージーランド戦から一夜明けた10月7日(土)、次に控える10日のハイチ戦(神奈川県・日産スタジアム)へ向けて愛知県の豊田スタジアムで練習しました。

一般公開されたこの日の練習には、多くの子どもたちを含めたファンが駆けつけてスタンドから見守る中、チームは前夜の試合に先発したメンバーとそれ以外に分かれての調整でした。

先発組はランニング中心の回復トレーニングで早めに切り上げましたが、それ以外の選手たちはランニングで体をほぐした後、フォーメーション練習で攻撃の組み立てを確認。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はプレーを止めながら選手たちに修正点を伝え、ジャッキー・ボヌベー コーチと共に動き方を示していました。

さらに、狭いエリアで5対5のミニゲームを実施。指揮官が鋭い視線を送る中、MF小林祐希選手(SCヘーレンフェーン)や前夜の試合で代表初ゴールを決めて2-1勝利をもたらしたMF倉田秋(G大阪)らが軽快な動きを見せ、GK中村航輔選手(柏レイソル)は「切り替え!」、「中!」など指示を送り、相手のシュートに鋭い反応を見せていました。

FW原口元気選手(ヘルタ・ベルリン)は左太もも裏の張り感のために暫く別調整が続いていますが、この日は別メニューながらも、ダッシュなど速度に変化をもたせた走り中心の内容に取りいれていました。

練習後、FW大迫勇也選手(1.FCケルン)やMF香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)ら、先に練習を終えた選手たちがスタンドのファンのところへ行き、サインのリクエストに応じるなど、短い時間の中でファンとの交流を図りました。

ワールドカップ出場決定後初の強化試合となったニュージーランド戦では、6人の交代枠をフル活用してこれまで出場機会の少なかった選手や新たな組み合わせを試しました。

60分から香川選手に代わって出場した小林選手は、昨年11月のキリンチャレンジカップ2016オマーン戦以来の出場で代表戦3戦目。攻撃のリズムに変化をもたらしましたが、「もっとボールに触れたし、もっとできて然るべきだった」と試合を振り返りました。

出場は昨年9月の最終予選タイ戦以来も、先発自体は約2年ぶりだったFW武藤嘉紀選手(1.FSVマインツ05)も、「得点には絡みたい。裏に抜けるなどでチャンスは作れているので、そのまま抜けて自分でゴールできれば」と語りました。

一方、前夜は出場機会がなく、「自分ならどう対応できるか考えながら見ていた」というDF昌子源選手(鹿島アントラーズ)は、「誰と組むのか僕が出るかも分からないが、しっかり準備をして臨みたい」と話しています。

チームは練習後に次の試合を行なう横浜へ移動。8日(日)から、横浜市内で調整を行ないます。

選手コメント

DF #3 昌子源 選手(鹿島アントラーズ)
次の相手は昨日とは全く異なるタイプで、どちらかというとフィジカル系だと聞いています。僕自身、そういう相手は初めてではありません。しっかり準備をして、誰と組むのか僕が出るかも分からないですが、個の対戦で絶対に負けなければチームが負けることはないと思っています。

MF #6 遠藤航 選手(浦和レッズ)
中盤はクラブではやっていないので、うしろからのプレッシャーや視野の獲り方などの感覚は、しっかり自分の中で研ぎ澄まさなければなりません。ボールを受ける場所や前との関係性をしっかり高めていきたいです。次はどういうメンバーなのか分かりませんが、フレッシュなメンバーや自分のように出場機会がなかなかない選手がどうアピールするか。チャンスをもらえたら、思いっきりチャレンジしてやりたいです。

MF #16 山口蛍 選手(C大阪)
昨日は(井手口選手と組んで)バランスを見ながら、必ずひとりが残ることを意識してやりました。二人とも前に(ボールを)取りに行けますし、カバーやポジショニングはもっと良くなると思います。昨日の前半はサイドをもっと使えば、もっといい攻撃ができたと思います。ワールドカップへ向けて、毎回自分の持てるものを出せるように徹底してやるだけです。局面は個と個の対決だと思うので、せめてそこでは負けないくらいまでに力を付けたいと思います。

MF #17 小林祐希 選手(SCヘーレンフェーン)
昨日はプレー時間と相手を考えると、もっとできて然るべきだったと思っています。もっとボールに触れられたと思うので、そこは課題ですし、(周りに)もっと要求していいと思いました。キープや無理してターンをすればファウルになってFKになるので、いろいろなパターンがあっていいと思います。

FW #9 武藤嘉紀 選手(1.FSVマインツ05)
こういうゲームの結果はワールドカップへ向けて非常に大事になります。ハイチ戦で、どういうチャンスが来るか分からないですが、そこで得点をとれたらと思っています。昨日は右サイドに少し偏り過ぎで、もう少し左サイドを使えればチャンスが増えたと思うので、どちらが空いているか、みんなで話をしながらやれればと思っています。

FW #11 久保裕也 選手(KAAヘント)
チャンスが増えればそれだけゴールの確率も上がります。昨日は相手の守備が5枚だったので、なるべく外で受けたいと思っていたのですが。もう少しタイミングよく中に入れていればよかったです。相手が引いている状況でどう崩すのか、最後の部分は課題だと思います。次にプレー機会があれば、チャンスをもっと作ってシュートにもっていきたいです。

スケジュール

10月1日(日) PM トレーニング【一般非公開】
10月2日(月) PM トレーニング【一般非公開】
10月3日(火) PM トレーニング【一般非公開】
10月4日(水) PM トレーニング【一般非公開】
10月5日(木) PM 公式会見・公式練習【一般非公開】
10月6日(金) 2-1 キリンチャレンジカップ2017
vs ニュージーランド代表(豊田スタジアム)
10月7日(土) 11:00 トレーニング(豊田スタジアム)【一般公開】
10月8日(日) PM トレーニング【一般非公開】
10月9日(月) PM 公式会見・公式練習【一般非公開】
10月10日(火) 19:30 キリンチャレンジカップ2017
vs ハイチ代表(日産スタジアム)

※ スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

2017/10/10(火) 19:30 キックオフ(予定)
SAMURAI BLUE vs ハイチ代表
神奈川/日産スタジアム
テレビ放送:TBS系列にて全国生放送

大会情報はこちら

チケット絶賛発売中! 日本代表戦

10/10(火) キリンチャレンジカップ2017 神奈川/日産スタジアム

2017/10/10(火) 19:30 キックオフ(予定) 神奈川/日産スタジアム
SAMURAI BLUE(日本代表) vs ハイチ代表

10/22(日) MS&ADカップ2017 長野/長野Uスタジアム

2017/10/22(日) 16:30キックオフ(予定)
なでしこジャパン(日本女子代表)vs スイス女子代表
長野/長野Uスタジアム

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP