JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 審判 > 最新ニュース一覧 > キリンチャレンジカップ2018 担当審判員がスタジアムでトレーニング

ニュース

キリンチャレンジカップ2018 担当審判員がスタジアムでトレーニング

2018年05月30日

キリンチャレンジカップ2018 担当審判員がスタジアムでトレーニング

5月30日(水)に開催されますキリンチャレンジカップ2018の担当審判員が試合前日となる5月29日(火)、日産スタジアムでトレーニングを行いました。

この試合は、国内で行われる日本サッカー協会主催試合として初めてVAR(ビデオアシスタントレフェリー)が適用されます。

担当審判員

・主審:Christopher BEATH
・副審1:Matthew CREAM
・副審2:Owen GOLDRICK
・第4審判員:飯田淳平
・VAR:Craig ZETTER
・AVAR:Luke BRENNAN

審判団コメント

日本にとってワールドカップ直前の重要な機会となる試合を担当できることは審判団にとっても非常に光栄なことです。この試合ではVARが適用となります。両チームともに非常に経験豊かなチームですし、フェアプレーで試合に集中していただければと思います。両チームの健闘を祈ります。

2018年5月30日(水) 19:25キックオフ(予定)
神奈川/日産スタジアム
SAMURAI BLUE(日本代表)vs ガーナ代表
大会情報はこちら
チケット情報はこちら

 

夢を力に2018

アーカイブ
審判
NEWS メニュー

関連情報

  • 4級審判員向けJFAラーニング

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー