JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE(日本代表)対パナマ代表 担当審判員がデンカビッグスワンスタジアムでトレーニングを実施

ニュース

SAMURAI BLUE(日本代表)対パナマ代表 担当審判員がデンカビッグスワンスタジアムでトレーニングを実施

2018年10月12日

SAMURAI BLUE(日本代表)対パナマ代表 担当審判員がデンカビッグスワンスタジアムでトレーニングを実施

2018年10月12日(金)に、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われるキリンチャレンジカップ2018 SAMURAI BLUE(日本代表) 対 パナマ代表の担当審判員が練習を行いました。

<担当審判員>

主審:Kim Dongjin(韓国)
副審1:Park Sangjun(韓国)
副審2:Jang Jongpil(韓国)
第4の審判員:Ko Hyungjin(韓国)

当審判員は、2018年10月16日(火)に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018 SAMURAI BLUE(日本代表)対ウルグアイ代表の試合も担当します。

審判団コメント

いつも日本に来る時は、家に帰って来たかの様に暖かく迎えて頂き感謝しております。今までも日本の様々なスタジアムで試合を行いましたが、全て良い思い出です。この試合来年のアジアカップに向けた大事な試合ですので、私達の代表チーム共々、良い成績を残せる事を祈ってます。私達もしっかりと準備をして、ベストなパフォーマンスを出せる様に頑張ります。

2018年10月12日(金) 19:35キックオフ(予定)
新潟/デンカビッグスワンスタジアム
SAMURAI BLUE(日本代表)vs パナマ代表

大会情報はこちら
試合当日のチケット販売について

2018年10月16日(火) 19:35キックオフ(予定)
埼玉/埼玉スタジアム2002
SAMURAI BLUE(日本代表)vs ウルグアイ代表

大会情報はこちら

10月のSAMURAI BLUE(日本代表)戦

アーカイブ
NEWS メニュー

関連情報

  • 4級審判員向けJFAラーニング

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー