JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > 高円宮杯JFA U-18プレミアリーグ JFA. jp×スカパー!連動企画「あのころのボクたちは」第1回 大前元紀選手&杉森考起選手

ニュース

高円宮杯JFA U-18プレミアリーグ JFA. jp×スカパー!連動企画「あのころのボクたちは」第1回 大前元紀選手&杉森考起選手

2018年06月21日

高円宮杯JFA U-18プレミアリーグ JFA. jp×スカパー!連動企画「あのころのボクたちは」第1回 大前元紀選手&杉森考起選手

高体連のチームとJリーグのアカデミーが鎬を削る高円宮杯 JFA U-18プレミアリーグはこれまで、後にJリーグでプレーする選手を数多く輩出してきました。6月23日(土)の再開を前に、高校やクラブユースのOBがかつて出場した高円宮杯を振り返ります。

大宮アルディージャ 大前元紀 選手

大宮アルディージャのエースストライカー、大前元紀選手は高円宮杯で活躍した選手の一人です。流通経済大学付属柏高校3年生の時に、現在の通年のリーグ戦方式になる前の「高円宮杯全日本ユース選手権」に出場。グループステージからコンスタントに得点を奪い、チームの初優勝に貢献すると共に自身も大会得点王に輝きました。

「強かったし、華やかさがあった。ユースの子たちの方がかっこよかったけど、高校では一緒にいる時間が長いので、僕らの方がまとまりがあった」と振り返るように、プリンスリーグを含めた高円宮杯はチームカラーが違うJリーグのアカデミーと対戦できる貴重な舞台。1万人もの観客が集まった「高円宮杯全日本ユース選手権」の決勝のように大歓声を浴びたことも大前選手のサッカー人生にとって大きな経験となっており、「大きい舞台でやる機会を与えてもらえたので、プロになってからも、どんな試合でも冷静にプレーできている」と口にします。

「チームも強かったので、仲間が僕に点を取らせてくれていた。他の高校に行っていれば得点王にも、プロにもなれなかったと思う」。そう断言する大前選手と同じように、流通経済大学付属柏高校の後輩たちも高円宮杯を経験し、プロの世界へと羽ばたいていきました。

 

FC町田ゼルビア 杉森考起 選手

16歳でプロデビューを果たしたFC町田ゼルビアの杉森考起選手は、現在のリーグ戦となったプレミアリーグを知る選手の一人です。杉森選手がプレミアリーグで初ゴールを奪ったのは、名古屋グランパスU18(愛知)に加入したばかりの2013年5月に行われた第6節の東福岡高校(福岡)戦でした。後半途中からピッチに送り出されたものの、2点のリードを追いつかれ苦しい展開を強いられましたが、終了間際に味方からのクロスを杉森選手が右足でたたき込み、4-3で勝利。この一戦で手応えをつかんだ杉森選手は続く第7節の京都サンガF.C. U-18(京都)戦でも前半終了間際にドリブルから華麗なゴールを決めました。「初めてゴールを決めた試合とイメージ通りにゴールできた試合なので今でも覚えています」。

当時の名古屋には森勇人選手(現・ガンバ大阪)や北川柊斗選手(現・モンテディオ山形)など後にJリーグでプレーをする先輩たちが在籍。同学年にも森晃太選手(現・ヴァンフォーレ甲府)がおり、「チームメイトやポジションを争う選手には絶対、負けたくないという気持ちでやっていた」。練習でライバルたちと切磋琢磨し、週末にプレミアリーグで強豪と力を試すサイクルは杉森選手の成長を後押しました。

現在は町田への期限付き移籍で武者修行生活を送る杉森選手ですが、名古屋U-18の後輩である藤井陽也選手が「同じ春日井市出身として頑張りたい気持ちがある。高2でプロ契約して活躍している選手なので、本当に尊敬しているし、僕も追いつかないといけない」と話すように、後に続く者たちにとっては目標とする選手であることは変わりありません。杉森選手は後輩たちに対し、「プロになりたかったら“絶対になるんだ”という気持ちが一番大事。技術だけじゃなくて、気持ちを持って、プレーする選手がプロで活躍できるのかなと思う」と、アドバイスを送ります。

 

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018応援番組「フレッシュ!」

各節終了後の翌金曜日にスカパー!で放送!
Jクラブユースと高校サッカー強豪校が激突する高円宮杯プレミアリーグEAST・WEST全10試合のハイライトを放送。更に、各チームへの潜入取材でチームの魅力に迫ります!
放送スケジュール:各節終了後の翌金曜日放送 ※再放送多数
番組情報はこちら

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

EAST 第6節
2018年6月23日(土)
15:00 清水エスパルスユース vs FC東京U-18(エスパルス三保グラウンド)

2018年6月24日(日)
11:00 市立船橋高校 vs 鹿島アントラーズユース(船橋市法典公園(グラスポ) 球技場)
11:00 青森山田高校 vs ジュビロ磐田U-18(青森山田高校グラウンド)
16:00 柏レイソルU-18 vs 富山第一高校(日立柏総合グラウンド(人工芝))
17:00 浦和レッドダイヤモンズユース vs 流通経済大学付属柏高校(船橋市法典公園(グラスポ) 球技場)

WEST 第6節
2018年6月23日(土)
18:00 ヴィッセル神戸U-18 vs 京都サンガF.C. U-18(いぶきの森球技場)

2018年6月24日(日)
10:00 名古屋グランパスU-18 vs 米子北高校(トヨタスポーツセンター)
11:00 東福岡高校 vs 阪南大学高校(東福岡高等学校グラウンド)
[延期]15:00 ガンバ大阪ユース 延期 アビスパ福岡U-18(OFA万博フットボールセンター(グラウンドB))
16:00 セレッソ大阪U-18 vs サンフレッチェ広島F.Cユース(セレッソ大阪舞洲グラウンド)

大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー