JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、ブルガリア戦へ向けて最終調整 ~キリンカップ初戦へ~

ニュース

SAMURAI BLUE、ブルガリア戦へ向けて最終調整 ~キリンカップ初戦へ~

2016年06月03日

SAMURAI BLUE、ブルガリア戦へ向けて最終調整 ~キリンカップ初戦へ~

SAMURAI BLUE(日本代表)は6月2日(木)、キリンカップサッカー2016初戦のブルガリア戦(愛知/豊田スタジアム)を翌日に控えて愛知県内で最終調整を実施。前日に引き続き、冒頭15分以外を報道陣に非公開として戦術の確認などを行いました。

5年ぶりに開催されるキリンカップでは日本、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、デンマークの4ヵ国がノックアウト方式で対戦。3日(金)の日本対ブルガリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ対デンマークの結果によって、7日(火)に大阪の市立吹田スタジアムで行われる決勝戦と3位決定戦の組みあわせが決まります。

ブルガリアはFIFAランク69位で日本は53位。2006年と2013年にも対戦しており、それぞれ1-2、0-2で日本の負けでした。通算対戦成績は日本の1分4敗です。

ブルガリアは今月開幕する欧州選手権の予選では3勝2分5敗で敗退ながら、イタリア、クロアチア、ノルウェーには0-1で惜敗。また、今年3月下旬の親善試合ではアウェイでポルトガルに1-0で勝利しており、固い守りと素早いカウンター、高さには注意が必要です。

MF長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)は、「ブルガリアはよくオーガナイズされたとても良いチーム。状況を見て、自分たちでプレーを判断することが大事」と話しています。

また、DF吉田麻也選手(サウサンプトン)も、「相手のブロックをこじ開けることやカウンターに対するリスクマネジメントなど、すごく良いテストになると思う」と述べ、名古屋グランパス時代の馴染みのスタジアムでのプレーに、「少しでも成長した姿を見せたい」と述べました。

3月のFIFAワールドカップアジア2次予選で代表戦100試合出場を達成したFW岡崎慎司選手(レスター・シティー)は50得点まであと2ゴール。「もちろんゴールを目指したい」と話しています。

また、新たな得点源として期待がかかるFW浅野拓磨選手(サンフレッチェ広島)は、「自分は失うものは何もない。どんどんチャレンジしていきたい」と意気込んでいます。

一方、ボスニア・ヘルツェゴビナ(FIFAランク20位)とデンマーク(同38位)はこの日、試合会場で冒頭15分のみを報道陣に公開して公式練習を行い、両チームの監督が公式会見に臨みました。

3日(金)の試合は日本対ブルガリア戦が19:40キックオフ、ボスニア・ヘルツェゴビナ対デンマーク戦が16:00キックオフの予定です。

監督・選手コメント

FW #9 岡崎慎司 選手(レスター・シティー)
FWは自分の世界に入った者勝ちです。それぐらい自分の仕事、ゴールに集中しないとならないですし、周りにパスも出させないといけません。エゴイストになっていると言われても仕方がないポジションです。代表チームでは皆が自分にボールを集めてくれるので、得点を決めなくてはいけない責任も出ます。いつもでも試合に出たら点をとる準備をして、次の試合でももちろんゴールを目指します。

MF #17 長谷部誠 選手(アイントラハト・フランクフルト)
ブルガリアはよくオーガナイズされた良いチームですが、我々はホームなので勝利することが大前提です。ワールドカップのグループステージで戦うような相手で、最近はそういう相手との対戦がなかったので、この機会に自分たちの立ち位置を確認したいです。最近若い選手が入ってきて、一緒に練習してかなり良いもの持っている選手がたくさんいると改めて感じました。日本の近い将来への不安が無くなりました。

DF #22 吉田麻也 選手(サウサンプトン)
相手が守備を固めてカウンターという状況は、ワールドカップ最終予選でも出てくると思うので、レベルの高いチームに対してブロックをこじ開けられるか、カウンターに対するリスクマネジメントという点は、すごく良いテストになると思います。ボールホルダーに対するプレスと1対1の駆け引きも非常に重要です。欧州の選手はフィジカル的には僕らよりは明らかに強いと思いますが、良い準備をしていけば問題ないと考えています。

FW #18 浅野拓磨 選手(サンフレッチェ広島)
自分自身は失うものは何もないので、どんどんチャレンジしていきたいですし、いつも通りに自信をもってプレーできたらいいと思っています。試合に出られれば自分の特長も生きるし知ってもらえるので、ピッチの中で感じてパサーと受け手の関係もできると思います。どこのポジションでプレーしても相手の裏を狙うことに変わりはないので、DFとの駆け引きを常に意識してプレーできればと思っています。

メフメド・バジュダレビッチ ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 監督
キリンカップサッカー2016に招待していただいたことに感謝しています。他の3か国は異なったプレースタイルを持っていますので、お互いを高め合うために重要で非常に良い大会になると思います。主力選手の数名がケガのために来日していませんが、若手には良い機会です。まずは初戦に集中して、目的の大会優勝を目指したいと思います。

オーゲ・ハーライデ デンマーク代表 監督
デンマークにとって、9月からのワールドカップ予選につなげるための大事な大会です。こうした試合を通じて選手のことをより良く知り、また自分のメッセージを伝えることができます。ケガで帯同できなかった選手もいますが、今はしっかりと準備を続けることが大切と捉えています。我々のプレースタイルをぜひ見ていただきたいです。

JFA-TV

  • 岡崎慎司 選手(レスター・シティー/イングランド)インタビュー

  • 長谷部誠 選手(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)インタビュー

  • 浅野拓磨 選手(サンフレッチェ広島)インタビュー

スケジュール

5月26日(木) PM トレーニング
5月27日(金) AM/PM トレーニング
5月28日(土) AM/PM トレーニング
5月29日(日) AM トレーニング
5月30日(月) PM トレーニング
5月31日(火) PM トレーニング ※一般非公開
6月1日(水) PM トレーニング ※一般非公開
6月2日(木) PM トレーニング ※一般非公開
6月3日(金) 19:40 キリンカップサッカー2016
vs ブルガリア代表(豊田スタジアム)
6月4日(土) 11:00 トレーニング(豊田スタジアム) ※一般公開
6月5日(日) PM トレーニング ※一般非公開
6月6日(月) PM トレーニング ※一般非公開
6月7日(火) 19:40 キリンカップサッカー2016
3位決定戦 or 決勝戦(市立吹田サッカースタジアム)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

キリンカップサッカー2016

SAMURAI BLUE(日本代表)、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表、ブルガリア代表、デンマーク代表の4カ国によるノックアウト方式

2016年6月3日(金) 愛知/豊田スタジアム
16:00 キックオフ(予定)ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 vs デンマーク代表
19:40 キックオフ(予定)SAMURAI BLUE(日本代表)vs ブルガリア代表

2016年6月7日(火) 大阪/市立吹田サッカースタジアム
16:00 キックオフ(予定)ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 または デンマーク代表 vs ブルガリア代表
19:40 キックオフ(予定)SAMURAI BLUE(日本代表)vs ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 または デンマーク代表

日本代表戦はテレビ朝日系列にて全国生中継/その他の試合はBS朝日にて全国生中継

大会情報はこちら

KIRIN CUP MUSEUM

日本代表と世界との闘い、その38年の軌跡を辿るKIRIN CUP MUSEUM公開中!

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー