btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-15年代の女子日本一を懸けた戦いが開幕 第20回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会

ニュース

U-15年代の女子日本一を懸けた戦いが開幕 第20回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会

2015年07月26日

U-15年代の女子日本一を懸けた戦いが開幕 第20回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会

ピックアップマッチ

東海大学付属静岡翔洋中学校 女子サッカー部 1-1(前半0-0、後半1-1、PK5-3) FCみやぎ

全国の予選を勝ち抜いた32チームによって日本一を争う「第20回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会」が7月25日(土)、大阪府堺市で開幕しました。

第1試合では東海予選で4位となり、初めて全国の舞台に立つ東海大学付属翔洋中学校 女子サッカー部(東海/静岡)と、5回目の出場となったFCみやぎ(東北2/宮城)が激突しました。最初に決定機を迎えたのは、東海大付属翔洋中でした。望月麻央選手が、「1年生の頃からずっと練習してきた、どのチームにもない特徴」と胸を張るドリブルで好機をつくると、3分には小池真里選手のポストプレーから萩坂成美選手がゴールを狙いましたが、GKに阻まれます。以降は相手の堅守を崩せず、次第にFCみやぎの齋藤響選手、佐々木涼花選手によるサイド攻撃に押し込まれる展開となりましたが、守備陣が粘り強く対応し、スコアレスのまま前半を終えました。

試合が動いたのは後半7分。フリーで抜け出したFCみやぎの高橋果歩選手がGKとの1対1を流し込み、先制に成功しました。FCみやぎは9分にもカウンターから及川莉子選手がゴール前に進出するも、GKが体を張ってセーブ。この後も決定機をつくりますが、「1対1の場面を決めていれば、勝負が決まっていたはず」と石垣博監督が悔やんだように、追加点が奪えません。このまま試合終了かと思われましたが、東海大付属翔洋は60+2分に左を突破した廣澤真穂選手からのボールを橋口美保選手がボレーシュートで叩き込み、同点で前後半の60分が終了。PK戦では、5人全員が成功した東海大付属翔洋中に対し、FCみやぎは4人目のキックが枠を捕えることができず勝負あり。東海大付属翔洋中が初出場初勝利を獲得しました。

監督・選手コメント

平塚智 監督(東海大学付属静岡翔洋中学校 女子サッカー部)
前半はなかなかチャンスがつくれない中、相手の縦に速い突破をうまく抑えていました。自分たちのリズムかと思っていましたが、後半は1発でやられて慌ててしまい、試合終盤は99%負けたと思っていました。彼女たちがよく頑張ってくれました。創部4年目で、チームができた当初はボールを奪われてばかりでしたが、ドリブルを徹底することでチームが成長してきました。昨年はあと1勝ができず、この大会に出場することができなかったので、今日の勝利はうれしいです。

望月麻央 選手(東海大学付属静岡翔洋中学校 女子サッカー部)
試合前はみんなで「楽しもうね」と声をかけていたのですが、いざ始まると緊張してガチガチでした。終わってみればすごく楽しかったし、応援団の声援の中で試合ができてうれしかったです。苦しい試合になりましたが、最後まであきらめずに戦えたこと、これまでやってきたことを信じたのが勝因だと思います。コーチの「ここまでやってきたのに、最後までやらんでどうするんだ」という指示で、自分たちのスイッチが入りました。

石垣博 監督(FCみやぎ)
われわれは選手を集めるのではなく、サッカーがやりたいという女の子が集まって、3年間かけて上手になっていくチームです。その分、選手たちのチームへの思いも強く、DFの小暮選手は4月に転校が決まった後、親に「この大会が終わるまでは宮城にいさせてほしい」と頼み込んで、チームに残った経緯があります。来月、関東に引っ越してしまう彼女のために、みんなが頑張ってきたので、やはり一つは勝ちたかったです。

佐々木涼花 選手(FCみやぎ)
前半はみんなでいつも以上に盛り上げることができ、良いサッカーができたと思いますが、最後に自分たちの力のなさが出てしまいました。負けてしまったけれど、みんなの気持ちが一つになっていままでやってこられたことは良かったです。チームの全員が、今大会を最後に転校する(小暮)結香子のため頑張ってきました。いまは悔しい思いでいっぱいですが、結香子と一緒にサッカーができたのは、良い思い出です。一つのボールにいろいろな思いを込めて頑張れたと思います。

その他の試合結果

ASエルフェン埼玉マリ(関東1/埼玉) 3-2(前半1-0、後半2-2) 青崎サッカークラブHanako Clover’s(中国2/広島)
JFAアカデミー福島(東海1/静岡) 4-0(前半2-0、後半2-0) ザスパクサツ群馬U-15レディース(関東9/群馬)
Dream Sprea FC宮崎(九州2/宮崎) 1-5(前半1-3、後半0-3) FC VICTORIES(関西1/兵庫)
クラブフィールズ・リンダ(北海道1/北海道) 0-3(前半0-1、後半0-2) FC Belta(関東10/東京)
十文字中学校(関東4/東京) 3-1(前半2-0、後半1-1) 愛媛FCレディースMIKAN(四国1/愛媛)
AC館林フェリス(関東8/群馬) 1-3(前半0-0、後半1-3) 神村学園中等部女子サッカー部(九州3/鹿児島)
藤枝順心サッカークラブジュニアユースブルー(東海3/静岡) 2-1(前半0-1、後半2-0) 丸岡RUCKレディース(北信越1/福井)
ジェフ千葉レディースRame(関東3/千葉) 0-2(前半0-1、後半0-1) セレッソ大阪堺ガールズ(関西2/大阪)
室蘭アイスバーズ(北海道2/北海道) 1-4(前半1-3、後半0-1) FC.フェルボール.MIMOSA(東海5/愛知)
岡山湯郷Belle U-15(中国1/岡山) 0-0(前半0-0、後半0-0、PK5-6) 大宮FCエンジェルス05(関東7/埼玉)
浦和レッドダイヤモンズレディースジュニアユース(関東5/埼玉) 2-0(前半0-0、後半2-0) ベガルタ仙台レディースジュニアユース(東北1/宮城)
アルビレックス新潟レディースU-15(北信越2/新潟) 2-1(前半0-0、後半2-1) 青梅FC(関東6/東京)
トレーフルFC fille(四国2/愛媛) 0-5(前半0-4、後半0-1) 大分トリニータレディース(九州1/大分)
FC BLOOM(東北3/福島) 0-4(前半0-3、後半0-1) 楠クラブレディース(東海2/三重)
福岡女学院中学校女子サッカー部(九州4/福岡) 0-1(前半0-0、後半0-1) スフィーダ世田谷FCユース(関東2/東京)

強豪ひしめく関東予選で1位となったASエルフェン埼玉マリは、前半を1点リードで折り返すも、後半に青崎FCの追い上げを受けて2失点。終了間際の得点により、3-2で辛勝しています。過去3度の優勝経験を持つ神村学園中等部はAC館林フェリスに3-1と快勝。26日(日)の2回戦では、2013年大会を制した藤枝順心サッカークラブジュニアユースブルーと対戦します。昨年のファイナリスト、浦和レッドダイヤモンズレディースジュニアユースはベガルタ仙台レディースジュニアユースの堅守を崩せず前半を無得点で終えましたが、後半に2得点を奪い2回戦進出。昨年、4強で涙をのんだアルビレックス新潟レディースU-15も勝利しています。

JFA-TV

第20回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会

2015年7月25日(土)〜7月31日(金)
大阪/J-GREEN堺
大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

協賛

  • 株式会社ナイキジャパン

協力

  • 株式会社モルテン
  • 株式会社フォトクリエイト

JFA.jp SITEMAP