btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > 大宮がうれしい初勝利 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST

ニュース

大宮がうれしい初勝利 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST

2015年04月27日

大宮がうれしい初勝利 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST

ピックアップマッチ

コンサドーレ札幌U-18  1-2(前半0-1、後半1-1)  大宮アルディージャユース

高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第3節が4月26日(日)に開催され、コンサドーレ札幌U-18(北海道)は大宮アルディージャユース(埼玉)と対戦しました。

開幕から連敗中の札幌と2戦連続引き分けの大宮が、ともにリーグ1勝目を目指して白熱の攻防を繰り広げました。試合は序盤に動きます。開始45秒、黒川淳史選手がヘディングで落としたボールに川田拳登選手が鮮やかなハーフボレーで合わせ、大宮が先制に成功しました。
大宮はその後も黒川選手と川田選手のラインを軸に何度もチャンスをつくり出しますが、「試合の入り方は良かったが、追加点を奪えないのが課題」と伊藤彰監督が語るとおり、チャンスで決め切ることができません。

一方、前半に大宮の攻撃をしのぎ、1点ビハインドで折り返した札幌は、後半から徐々に盛り返します。「徳田(勘太)と菅(大輝)に良いボールが入るようになり、得点の匂いがした」と四方田修平監督が語ったように、杉山雄太選手、本塚聖也が前を向いてボールを持てるようになり、2人の前線への供給が増えていきます。58分には杉山選手のミドルパスに抜け出した菅選手が左足のシュートを大宮ゴールに突き刺し、札幌が同点に追い付きました。

ここから一進一退の展開が続いた後、意外な結末が待っていました。86分、大宮のロングボールに対して、GKに戻そうとした札幌DFのヘディングがそのままゴールに吸い込まれ、オウンゴールに。思わぬ形でリードした大宮が、プレミアリーグ初勝利を挙げました。

監督・選手コメント

四方田修平 監督(コンサドーレ札幌U-18)
前半はミスが多かったですね。ボールを奪った後にもっとしっかりとつなぎ、素早いカウンターを仕掛けたかったです。後半は守備時に左右に揺さぶられる回数が減った上、相手がある程度守備に重きを置いたこともあって、マイボールの時間をつくることができました。今日の試合はホーム開幕戦でしたので、何とか浮上のきっかけをつかみたかったです。結果は残念ですが、自分たち次第で結果を変えられると感じることができた部分はプラスに捉えたいと思います。

菅大輝 選手(コンサドーレ札幌U-18)
前半はなかなか思うようにいきませんでした。後半は「リードされているけど、気持ちをリセットしていこう」と思ってプレーしました。相手も疲れていて、ペースをつかむことができました。自分も得点を挙げましたが、最後、不運な形で失点して負けてしまったことは悔しいです。ただ、ずっと下を向いているわけにはいかないので、これから自分が何をすべきかをしっかりと考え、土曜日のゲームに向けてトレーニングをしていきたいと思います。

伊藤彰 監督(大宮アルディージャユース)
スタートから仕掛けることを大事にしていました。川田選手が良い仕事をしてくれました。ただし、引いた相手をどうやって崩していくのか、どのように追加点を奪うかという点は、今後も取り組まなければいけません。後半は守備ラインが下がってしまいましたが、失点してからオーガナイズを変えたことで、修正することができました。最後の得点も積極的に仕掛けていったからこそ、奪えたと思います。接戦をものにしたことは大きいですし、プレミアリーグ初勝利はうれしいです。

黒川淳史 選手(大宮アルディージャユース)
ここまでの2試合、なかなか得点を挙げられませんでした。今日は、点を取るために自分が高い位置でプレーに関わることができれば、チャンスが来ると思っていました。攻撃のスイッチが入るようにフリーランニングすることを強く意識しました。一度は同点とされましたが、みんなで気持ちを切り替えて、動き直すことができました。最後まで勝ちたい気持ちを持って、ハードワークしたからこそ、決勝点が生まれたのだと思います。初勝利をつかむことができて本当にうれしいです。

その他の試合結果

市立船橋高校 1-0(前半0-0、後半1-0) 清水エスパルスユース
柏レイソルU-18 1-2(前半0-1、後半1-1) 青森山田高校
FC東京U-18 6-0(前半4-0、後半2-0) JFAアカデミー福島
鹿島アントラーズユース 2-0(前半1-0、後半1-0) 流通経済大学付属柏高校

市立船橋高校(千葉)は76分に白井達也選手が挙げた1点を守り、清水エスパルスユース(静岡)を完封しました。敵地・柏に乗り込んだ青森山田高校(青森)は、柏レイソルU-18(千葉)に1点差とされた後も粘り強く戦い、連勝を3に伸ばしています。前節、4得点を挙げたFC東京U-18(東京)は今節も攻撃陣が爆発し、JFAアカデミー福島(静岡)から大量6得点を奪いました。鹿島アントラーズユース(茨城)は垣田裕暉選手の2ゴールで流通経済大学付属柏高校(千葉)を一蹴。無失点で首位に立っています。

アーカイブ
NEWS メニュー

協賛

  • 株式会社ナイキジャパン
  • 日本マイクロソフト株式会社

協力

  • 株式会社モルテン

JFA.jp SITEMAP