btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 > プレミアリーグ > 第2回みんなが選ぶ高円宮杯プレミアリーグベストゴール賞
高円宮U-18サッカーリーグ2015
高円宮U-18サッカーリーグ2015
2015/4/11(土)~2015/12/6(日)

第2回みんなが選ぶ高円宮杯プレミアリーグベストゴール賞

出場20チームが選出した自チームのベストゴール動画(エントリーNo.1~20)の中から、得票数により20ゴールの中からプレミアリーグのベストゴールを決定いたしました。

順位チーム名得票数
1ガンバ大阪ユース7,056回
2青森山田高校5,114回
3東福岡高校1,556回

実施期間 2015年11/25(水)~12/11(金)
発表 12/12(土)のチャンピオンシップ当日、ハーフタイムに会場内にてベストゴールを発表します。
賞品 「ベストゴール受賞チーム」にはモルテン社制公式球をプレゼント。

EAST

  • エントリーNo.1
    コンサドーレ札幌U-18

    第5節 vs青森山田高校

    ボールを奪ってからの速い展開、連動した動き、 正確なパスから生み出された狙い通りのカウンターからの強烈な一撃。

    得点者:菅大輝(86分) 左足のシュート力が抜群で、強靱な身体を武器にどこからでもゴールを狙うゴールゲッター。
    人一倍負けん気が強く、チームの勝利の為に戦う選手。

  • エントリーNo.2
    青森山田高校

    第13節 vs市立船橋高校

    アディショナルタイム、カウンターから最大のチャンス。
    左足のシュートがGKの手をかすめ、劇的逆転ゴール!

    得点者:神谷優太(90+2分) 技術と判断力に優れ、決定的なラストパスや正確なワンタッチプレー、高い決定力を持ち合わせた選手。
    攻撃的MFとしてチームを牽引する。

  • エントリーNo.3
    鹿島アントラーズユース

    第3節 vs流通経済大学付属柏高校

    センタリング、ゴール共に見事だったこと。
    終了間際で試合を決定づけたゴールであったこと。

    得点者:垣田 裕暉(88分) 最高学年となり得点力を増した大型FW。プレミアリーグでゴールを量産している。

  • エントリーNo.4
    市立船橋高校

    第12節 vs清水エスパルスユース

    エース不在の中、怪我から復活した矢村の今季プレミア初ゴール。

    得点者:矢村 健(40分)チームの頑張り屋。
    モットーは、泥臭く、がむしゃら。

  • エントリーNo.5
    柏レイソルU-18

    第6節 vsJFAアカデミー福島

    中々、勝利を掴めない中での、チームを勢いづける起死回生のベストゴール。

    得点者:浮田 健誠チームを勝利に導く柏のNo,9。強烈な左足とパワーを兼ね備えた大型ストライカー。

  • エントリーNo.6
    流通経済大学付属柏高校

    第15節 vs市立船橋高校

    コーナーキックのこぼれ球を、角度の無い難しいコースであったが、抑えのきいた素晴らしいロングシュートだった。

    得点者:富樫和樹(45+1分 )運動量が豊富で献身的なプレー。

  • エントリーNo.7
    大宮アルディージャユース

    第11節 vs市立船橋高校

    チームが目指すフットボールを、全体で体現して得点に結びつけたベストゴール。

    得点者:藤沼拓夢(7分)スピード・パワーを兼ね備え、決定機を作り出し自らゴールを奪うこともできる選手。

  • エントリーNo.8
    FC東京U-18

    第15節 vsコンサドーレ札幌U-18

    相手陣地からのワンツーから始まる、ダイナミックかつゴールへ直結する『サッカーの本質』を見事に体現したゴール。

    得点者:安部 柊斗(81分)鋭い読みと卓越したボール奪取能力を兼ね備えた、チーム不動のセントラルミッドフィルダー。

  • エントリーNo.9
    JFAアカデミー福島

    第1節 vs清水エスパルスユース

    0-1で負けている中で選手や応援してくれている人に勇気を与えるゴールだったから。チームは負けてしまったが勢いをもたらしてくれたスーパーゴール。

    得点者:冨田翼(53分)小柄だが、身体能力が高く、チームのためにハードワークができる選手。
    私生活でもまじめでチームに影響力のある選手の1人である。

  • エントリーNo.10
    清水エスパルスユース

    第1節 vsJFAアカデミー福島

    日本代表ハリルホジッチ監督が視察する中、今季プレミアリーグEASTの開幕ゴール。

    得点者:大野椋馬(45+1分)度重なる怪我で今シーズンは殆ど出場できていないが、潜在能力が高い期待のFW。

WEST

  • エントリーNo.11
    名古屋グランパスU18

    第12節 vs東福岡高校

    アウェイでの試合。0-3からの4ゴールで大逆転での貴重な勝ち点3をとることができた試合。
    残り時間が少ない中、最後まで闘う姿勢をもって奪ったゴール。

    得点者:杉田将宏(89分)ゴール前への飛び出しでチャンスをつくることができる。思い切ったプレーでチームに勢いをつけ躍動する。

  • エントリーNo.12
    京都サンガF.C.U-18

    第10節 vsヴィッセル神戸U-18

    1ステップであの距離を決めるシュート力と精度。

    得点者:荻野 広大(23分)スケールの大きい大型ボランチ。

  • エントリーNo.13
    京都橘高校

    第3節 vsヴィッセル神戸U-18

    最初の勝ち点3につながった貴重なゴール。

    得点者:岩崎悠人(2分)2年生にしてチームの中心選手で、さらなる成長が期待される。

  • エントリーNo.14
    ガンバ大阪ユース

    第3節 vs京都サンガF.C. U-18

    Jリーグ後座試合で先制されるも追いつき、ロスタイムに勝利への執念が宿って飛び込んだゴール。

    得点者:山中海斗(90+4分)ジャンプ、走力など身体能力を活かしたプレーでサイドバックからトップまで出来る将来性豊かな選手。

  • エントリーNo.15
    セレッソ大阪U-18

    第1節 vs東福岡高校

    上半期チームの勢いづけるきっかけとなった今シーズン初戦でのゴール。

    得点者:立石一真(60分)上半期チームを牽引した中盤のキープレーヤー。

  • エントリーNo.16
    履正社高校

    第12節 vsセレッソ大阪U-18

    首位であるセレッソ大阪との対戦。
    セットプレーが練習通りの形でゴールにつながった。このような舞台で発揮でき、チームが湧きました。

    得点者:田中駿汰(65分)技術の高いゲームメーカー。

  • エントリーNo.17
    ヴィッセル神戸U-18

    第15節 vs名古屋グランパスU18

    ヴィッセル神戸らしい揺さぶりから最後は中坂の技術が光ったゴール。

    得点者:中坂勇哉(26分)ヴィッセル神戸の司令塔。

  • エントリーNo.18
    サンフレッチェ広島F.Cユース

    第13節 vs名古屋グランパスU18

    厳しい戦いがつづく中、チームの連敗を止めた決勝ゴール。

    得点者:河本敬太(85分)スピードに体の強さを持った選手。
    左足から出されるパスとシュートの質は高いものがある。

  • エントリーNo.19
    東福岡高校

    第13節 vs京都サンガF.C. U-18

    スローインからのボールを複数の選手が同じイメージの中1タッチで繋ぎ、最後は個人技もあったゴール。

    得点者:藤川 虎太朗(43分)プレミアリーグでもインターハイでも力を発揮し始めたヒガシ期待の2年生!

  • エントリーNo.20
    大分トリニータU-18

    第2節 vs名古屋グランパスU18

    チームのコンセプトを体現し、 プレミアリーグホーム初勝利に導いたホーム初ゴール。

    ©OITA F.C.

    得点者:吉平 翼(36分)攻守共に献身的で泥臭さを持って闘うガッツ溢れるエースストライカー。

協賛

  • 株式会社ナイキジャパン
  • 日本マイクロソフト株式会社

協力

  • 株式会社モルテン

JFA.jp SITEMAP