JFA.jp

JFA.jp

EN

U-20日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-20 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-20日本代表 メキシコに3−0の快勝で大きな勝点3 ~FIFA U-20ワールドカップポーランド(5/23-6/15)~

ニュース

U-20日本代表 メキシコに3−0の快勝で大きな勝点3 ~FIFA U-20ワールドカップポーランド(5/23-6/15)~

2019年05月27日

U-20日本代表 メキシコに3−0の快勝で大きな勝点3 ~FIFA U-20ワールドカップポーランド(5/23-6/15)~

U-20日本代表は5月26日(日)、FIFA U-20ワールドカップポーランド2019の第2戦でU-20メキシコ代表と対戦しました。前半に宮代大聖選手が先制点を奪うと、後半には田川亨介選手と宮代選手が追加点を決め、3−0で今大会初勝利を収めました。

第2戦のスターティングメンバーは初戦のエクアドル戦から3人を変更。GK若原智哉選手、ディフェンスラインに菅原由勢選手、瀬古歩夢選手、小林友希選手、鈴木冬一選手、中盤の底に齊藤未月選手と藤本寛也選手が並び、右に斉藤光毅選手、左に山田康太選手、2トップには宮代選手と田川選手が入りました。

前半は開始早々に中盤でボールを失い、ボールを運ばれピンチを招きましたが、若原選手の好セーブで難を逃れると、日本が時間を追うごとに主導権を握っていきます。21分にはクリアボールに反応した藤本選手がワンタッチで前線にふわりとしたパスを送り、相手の背後を突いた宮代選手がダイレクトで左足を振り抜いて幸先良く先制に成功しました。

前半を1-0で折り返した日本は、後半になっても集中力を切らさず、相手を見ながら攻撃を繰り出していきます。52分には右サイドのCKを藤本選手が蹴り、ニアサイドに走った田川選手が頭で合わせて追加点を奪取。これで一気にゲームの流れを引き寄せると、77分には右サイドから持ち運んだ途中出場の中村敬斗選手から田川選手を経由し、最後はこの日19歳の誕生日を迎えた宮代選手が相手DFのチャージを振り切り、思い切りの良いシュートを沈めて3点目を奪いました。また守備面でもチーム全体でハードワークを続け、シュートに対してはセンターバックの瀬古選手と小林選手を中心としたディフェンスラインが体を張った守備で対応。相手の攻撃をシャットアウトし、無失点で試合を終えました。

3-0の勝利でグループステージ突破に向けて大きな勝点3となりましたが、「突破も決まっていませんし、(第3戦の)イタリアは強敵ですのでどんなことが起こるか分かりません。しっかりと次への準備をしっかりして、最終戦に臨みたいなと思っています」(影山雅永監督)と、チームはすでに次の試合を見据えています。第3戦は29日(水)、中2日で日本は勝点6でグループBの首位に立つイタリアと対戦します。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

影山雅永 監督
先制点は大きかったと思います。落ち着いて相手を見ながら自分たちがしっかりとボールを受けるためのサポートのポジションを取り、突破のポジションを取ることで、行けると思ったことが先制点につながり自信になりました。ただ、彼らがいい心理状態で初戦の課題を素直に認め、そしてこの試合で勇気を持って修正するんだというものを出してくれたことが大きかったと思います。そういう意味では先制点もそうですが、このゲームに臨む時点でもしかしたら相手を上回ることができたのかなと思っています。

MF #8 藤本寛也 選手(東京ヴェルディ)
初戦のエクアドル戦をベンチから見ていて、もし自分が出たらもっとボールを触ってビルドアップの形などを変えながら、相手を困らせたり、そこから前に前進させられたりしたら良いなと思っていました。今日の試合は、そういう部分でいろいろな形を出しながら、上手くボールを前進できたかなと思います。また、こぼれ球やセカンドボールのところで相手より先に拾えたことが得点につながったと思います。

FW #11 田川亨介 選手(FC東京)
得点の場面は練習通りというか、あの形はずっと練習をしていましたし、いつかボールは来ると思っていたので決まって良かったと思います。それにFWは得点を取ったり、シュートを打ったりすることで気持ちも乗って来ることが多いと思うので、今日の試合で得点を取れたことは大きいと思います。次の試合は勝てば決まりというのは目に見えているので、この勢いのままみんなで食らいついて全員で勝ちたいです。

FW #13 宮代大聖 選手(川崎フロンターレ)
スタメンで出られるチャンスをもらったし、そこで自分としては結果を出したいという思いが強かった。いつも通り高いモチベーションで試合に入れたと思います。その中で誕生日に得点できたことは非常に嬉しいですし、今後につながる得点だったと思います。ただ、グループステージ突破が決まったわけではないです。次の試合に向けてしっかりといい準備をしたいと思います。

スケジュール

FIFA U-20ワールドカップポーランド2019
5月23日(木) 1-1 グループステージ第1戦 vs. U-20エクアドル代表
(Bydgoszcz Stadium/Bydgoszcz)
5月24日(金) AM トレーニング
5月25日(土) PM トレーニング
5月26日(日) 3-0 グループステージ第2戦 vs. U-20メキシコ代表
(Gdynia Stadium/Gdynia)
5月27日(月) PM トレーニング
5月28日(火) PM トレーニング
5月29日(水) 18:00 グループステージ第3戦 vs. U-20イタリア代表
(Bydgoszcz Stadium/Bydgoszcz)
6月2(日)、3(月)、4(火) TBC Round of 16
6月7(金) or 6月8(土) TBC 準々決勝
6月11日(火) 17:30/20:30 準決勝
6月14日(金) 20:30 3位決定戦
6月15日(土) 18:00 決勝

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

FIFA U-20 ワールドカップポーランド2019

大会期間:2019/5/23(木)~2019/6/15(土)

グループステージ:
2019/5/24(金) 03:30キックオフ(日本時間)
vs エクアドル代表

2019/5/26(日) 22:30キックオフ(日本時間)
vs メキシコ代表

2019/5/30(木) 01:00キックオフ(日本時間)
vs イタリア代表

TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー