JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-20日本代表 初戦翌日に再始動 ~FIFA U-20ワールドカップポーランド(5/23-6/15)~

ニュース

U-20日本代表 初戦翌日に再始動 ~FIFA U-20ワールドカップポーランド(5/23-6/15)~

2019年05月25日

U-20日本代表 初戦翌日に再始動 ~FIFA U-20ワールドカップポーランド(5/23-6/15)~

エクアドルとの大会初戦を1-1の引き分けで終えたU-20日本代表は5月24日(金)、早速朝から活動を開始しました。

この日はまず14日(火)からチームにトレーニングパートナーとして帯同している熊澤和希選手(流通経済大学)と松本凪生選手(セレッソ大阪U-18)が予定通り帰国の途につきました。両選手の帰国を笑顔で送り出す選手、言葉少なくガッチリと握手のみで別れの挨拶をする選手、形は様々でしたが今合宿ここまでチーム内で重要な役割を果たしてくれた仲間に対して選手・スタッフ全員が感謝の意を持ち見送りました。

その後、チームは大会第2戦目の拠点となるポーランド北部の港町グダンスクへ移動しました。バスで3時間半の道のりの途中、試合会場となるグディニャ・スタジアムも視察し、早くも選手達は26日(日)のメキシコ戦へと意識を切り替え、入念に芝生の状態やロッカーの形状を確認しました。

ようやく宿舎に到着したU-20日本代表は休む間もなく、二手に分かれてトレーニングを行いました。まず前日に試合で一定時間以上出場した選手はホテル内で身体を休まる為のリカバリートレーニングに励みます。1戦目から中2日ですぐに次の試合が行われるグループステージでは疲労回復もパフォーマンスへ向上への大きな鍵となり、それぞれが自分の身体と話をしあうようにケアを怠りません。
そして残りの9選手はピッチにてトレーニングを積みました。3対3+フリーマン、変則的な2対2、4対4+GKなどの対人メニューで身体を追い込みました。

次戦は初戦を1-2でイタリア相手に黒星スタートとなったメキシコとの一戦が26日(日)15:30(現地時間)に行われます。この試合で勝利を手にし、グループステージ突破に近づきたいU-20日本代表の戦いは続きます。

選手コメント

GK #12 茂木秀 選手(セレッソ大阪)
昨日のエクアドル戦でPKを止め、引き分けに大きく貢献した若原智哉選手の活躍は素直に嬉しかったです。自分は少しでも仲間の緊張をほぐしたり、声をかけたりしてベンチメンバーとしては貢献をしたいと思いましたが、もちろんいつ試合に出場するチャンスが巡ってきてもいいように準備をしています。GKは3人いて、それぞれが良い特徴をもっているのでみんなで高めあっていければ、と思います。

MF #8 藤本寛也 選手(東京ヴェルディ)
エクアドル戦、引き分けに持ち込んでチームは良い雰囲気です。ただ、みんな「勝てた試合だった」「相手をリスペクトしすぎた」という風に反省の会話もたくさんありました。もし自分が出場するチャンスがあれば、なるべくボールを持って、ゲームをコントロールできるようなプレーをしたいと思います。
ここまでいい雰囲気でチームがまとまっていますが、影山監督の影響は大きいと思います。選手一人一人に声をかけてくださりますし、ときには熱くコーチングして頂けるので、メンタルの保ち方含めて選手たちは助けてもらっていると思います。

トレーニングパートナーコメント

MF 熊澤和希 選手(流通経済大学)
この10日間はとても良い経験ができました。周りは全員プロでプレーしている選手達で、自分は大学チーム所属。
その違いを肌で感じ取ることも出来ました。球際の強さ、ボールを止める、蹴る、の基本的な技術が高かったです。
そういった事を体感できたことは自分にとってとても充実した10日間でした。
エクアドル戦はスタンドからの観戦でしたが、南米独特なドリブルのリズム、スピード感を見て感じ取ることが出来ました。それに対応できるようにならなければならないし、自分自身のプレースピードをもっと上げなければならないと感じました。

今後、もっと自分に厳しくし、レベルアップをして行きたいと思います。自分の課題である守備の部分でのポジショニングやボールを奪う能力を少しでも上げることができるように日々トレーニングを続けます。そして代表に呼んで頂ける機会があったら勝利に貢献できる選手になっていきたいと思います。

MF 松本凪生 選手(セレッソ大阪U-18)
このチームで激しく、刺激的なトレーニングを共にできたことは自分にとって大きなプラスでした。誰しもができる経験ではないですので、(この経験を)絶対に無駄にしてはいけないと強く思いました。 日本の初戦となったエクアドルとの試合を観て、一つ一つのプレースピードや、プレーの質に世界の基準というのが分かりました。
自分にとって目指す世界大会(2021年のU-20ワールドカップ)は2年後ですが、時間を無駄にせず、自チームでも違いを見せつけられるような選手にならないといけないと感じます。

スケジュール

FIFA U-20ワールドカップポーランド2019
5月23日(木) 1-1 グループステージ第1戦 vs. U-20エクアドル代表
(Bydgoszcz Stadium/Bydgoszcz)
5月24日(金) AM トレーニング
5月25日(土) PM トレーニング
5月26日(日) 15:30 グループステージ第2戦 vs. U-20メキシコ代表
(Gdynia Stadium/Gdynia)
5月27日(月) PM トレーニング
5月28日(火) PM トレーニング
5月29日(水) 18:00 グループステージ第3戦 vs. U-20イタリア代表
(Bydgoszcz Stadium/Bydgoszcz)
6月2(日)、3(月)、4(火) TBC Round of 16
6月7(金) or 6月8(土) TBC 準々決勝
6月11日(火) 17:30/20:30 準決勝
6月14日(金) 20:30 3位決定戦
6月15日(土) 18:00 決勝

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

FIFA U-20 ワールドカップポーランド2019

大会期間:2019/5/23(木)~2019/6/15(土)

グループステージ:
2019/5/24(金) 03:30キックオフ(日本時間)
vs エクアドル代表

2019/5/26(日) 22:30キックオフ(日本時間)
vs メキシコ代表

2019/5/30(木) 01:00キックオフ(日本時間)
vs イタリア代表

TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー