JFA.jp

JFA.jp

EN

U-18日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-18 2019年 > SportChain Cup UAE TOP > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表 U-18ロシア代表に逆転勝利【SportChain Cup UAE(3/18-25)】

ニュース

U-18日本代表 U-18ロシア代表に逆転勝利【SportChain Cup UAE(3/18-25)】

2019年03月23日

U-18日本代表 U-18ロシア代表に逆転勝利【SportChain Cup UAE(3/18-25)】

SportChain Cup UAE 第2戦 vs. U-18ロシア代表
2019年3月22日(金) キックオフ時間17:30(現地時間) 試合時間90分(45分×2本)
The Sevens Stadium(UAE/ドバイ)

U-18日本代表 2-1(前半0-1、後半2-0)U-18ロシア代表

得点
18分 失点(U-18ロシア代表)
53分 鈴木唯人(U-18日本代表)
71分 熊澤和希(U-18日本代表)

スターティングメンバー
GK:野澤大志ブランドン
DF:井上樹、高橋祐翔、川本梨誉、鈴木瑞生
MF:柴田壮介、土肥航大、武田英寿、松橋優安、鈴木唯人
FW:栗原イブラヒムジュニア

サブメンバー
GK:三井大輝
DF:バングーナガンデ佳史扶
MF:松岡大起、山本理仁、髙田颯也
FW:熊澤和希、藤尾翔太

交代
56分 松橋優安 → 山本理仁
56分 土肥航大 → 髙田颯也
67分 鈴木唯人 → 熊澤和希
83分 鈴木瑞生 → バングーナガンデ佳史扶
83分 栗原イブラヒムジュニア → 藤尾翔太
83分 柴田壮介 → 松岡大起

マッチレポート

SportChain Cup UAEの第2戦で、U-18日本代表は22日(金)にU-18ロシア代表と対戦しました。試合前、冨樫監督は守備で積極的にボールを奪いにいくことを強調し、ゴールを奪うための狙いを再度選手たちにアプローチして送り出します。

試合は18分、相手にドリブルでゴール前まで侵入され、そのままの流れからシュートが決まり失点します。22分、右サイドの川本梨誉選手がワンタッチでゴール前に早いクロスを入れるも、中で合わせることができません。55分にはクロスボールをFW栗原イブラヒムジュニア選手がゴール前で合わせるも、ヘディングのシュートはゴール上に外れ、0-1で前半を折り返します。

後半、ようやく自分たちの流れが出てきた中で、53分に鈴木唯人選手のゴールで同点に追いつきます。そして、71分には代わって入ったばかりの熊澤和希選手がゴールを決めて逆転に成功。そのまま試合は終了し、UAE遠征初白星を飾りました。UAE遠征最後の試合となる第3戦、U-18チェコ代表との試合は、24日(日)に行われます。

選手コメント

GK #12 野澤大志ブランドン 選手(FC東京U-18)
前半は自分たちで上手くコミュニケーションがとれなかったり、ボールを思うように前に運ぶことができませんでした。後半はもっと強度を高くしてゴールに向かい、逆転した後も自分たちの流れで試合を進めることが出来たと思いますし、そこは良かったです。次の試合に勝つためには、今日の後半のようなアグレッシブな戦い方を試合開始から全力でしていかなければならないと思います。チーム全体で、次に向けて最善の準備をして試合に臨みたいです。

DF #2 井上樹 選手(ヴァンフォーレ甲府U-18)
攻撃がスムーズにいかない悪い流れの中から失点してしまいましたが、そこからは失点を許さず諦めずに闘い、後半逆転できたことは良かったと思います。また体格の大きい相手に対してしつこく、粘り強く、冷静に対応できたことは個人的な成果です。しかしパス1本の質、スピードはまだ初戦のイングランドや前回の遠征で対戦したスペインと比べると、改善していかなければなりません。次のチェコ戦までに、少しでも改善できるものは改善し、最善の準備をして試合に臨みたいと思います。

MF #16 土肥航大 選手(サンフレッチェ広島ユース)
今日のロシアは自分より体格の大きい選手が多く、球際でも競り負けたシーンが多くありました。前半は味方とのコミュニケーション不足で相手のカウンターを受けたり、自分たちのミスによってボールを失うシーンも多くありました。個人としてはパスの精度の低さや、球際の部分が弱く、世界との差を感じた部分もありました。少しでも世界との差を縮めていけるよう、残されたチェコ戦でチャレンジし、アピールしていきたいです。

MF #20 熊澤和希 選手(流通経済大付柏高)
まずチームが勝てたことが嬉しいです。1-1の試合の状況の中で途中交代をしましたが、良い準備ができていたため、試合の入り方も良かったと思います。ゴールという形で結果が残せて非常に嬉しいです。

スケジュール

SportChain Cup UAE
3月20日(水) 1-4 第1戦 vs.U-18イングランド代表 (The Sevens Stadium)
3月21日(木) AM トレーニング 
3月22日(金) 2-1 第2戦 vs.U-18ロシア代表 (The Sevens Stadium)
3月23日(土) AM トレーニング
3月24日(日) 14:45 第3戦 vs.U-18チェコ代表 (The Sevens Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

SportChain Cup UAE

大会期間:2019年3月20日(水)~2019年3月24日(日)
大会会場:The Sevens Stadium

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー