JFA.jp

JFA.jp

EN

U-18日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-18 2019年 > SportChain Cup UAE TOP > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表 チェコに敗れ、1勝2敗で大会を終える【SportChain Cup UAE(3/18-25)】

ニュース

U-18日本代表 チェコに敗れ、1勝2敗で大会を終える【SportChain Cup UAE(3/18-25)】

2019年03月25日

U-18日本代表 チェコに敗れ、1勝2敗で大会を終える【SportChain Cup UAE(3/18-25)】

SportChain Cup UAE 第3戦 vs. U-18チェコ代表
2019年3月24日(日) キックオフ時間14:45(現地時間) 試合時間90分(45分×2本)
The Sevens Stadium(UAE/ドバイ)

U-18日本代表 1-2(前半0-1、後半1-1)U-18チェコ代表

得点
27分 失点(U-18チェコ代表)
67分 松橋優安(U-18日本代表)
70分 失点(U-18チェコ代表)

スターティングメンバー
GK:三井大輝
DF:バングーナガンデ佳史扶、井上樹、高橋祐翔、川本梨誉
MF:熊澤和希、山本理仁、髙田颯也、松岡大起、土肥航大
FW:藤尾翔太

サブメンバー
GK:野澤大志ブランドン
DF:鈴木瑞生
MF:松橋優安、柴田壮介、鈴木唯人
FW:栗原イブラヒムジュニア、武田英寿

交代
HT分 土肥航大 → 栗原イブラヒムジュニア
HT分 髙田颯也 → 柴田壮介
57分 三井大輝 → 野澤大志ブランドン
64分 藤尾翔太 → 松橋優安
64分 松岡大起 → 鈴木唯人
72分 松橋優安 → 鈴木瑞生
72分 バングーナガンデ佳史扶 → 武田英寿

マッチレポート

SportChain Cup UAEに出場しているU-18日本代表は24日(日)、U-18チェコ代表と対戦しました。試合は27分、ゴール前でピンチを迎えた日本は先制点を許します。続く33分にも相手にミドルシュートを打たれますが、これはGK三井大輝選手がセーブしてピンチを防ぎ、0-1のビハインドで前半を終了します。
後半開始からMF柴田壮介選手とFW栗原イブラヒムジュニア選手を投入し、システムを4-4-2にして巻き返しを図ります。なかなか得点が奪えない中、64分にMF松橋優安選手を投入すると、そのわずか3分後の67分に松橋選手が左サイドを駆け上がってクロスを上げ、そのクロスが相手の手に当たりPKを獲得。そのPKを松橋選手が冷静に蹴り込み、同点に追いつきます。
しかし70分、コーナーキックからのこぼれ球を決められ、再びリードを許します。
追いつきたい日本は86分に相手ゴール前でテンポの良いリズムで相手陣内に攻め込むと、最後はワンツーから柴田選手が左足でミドルシュートを放つも、ゴールには至りません。
その後も現地在住の日本人サポーターからの日本コールを背に、何度かチャンスを作るも決めきれず、試合はそのまま1-2で終了しました。
このUAE遠征で体感した世界との差を埋めるべく、選手たちは帰国後のトレーニングに励みます。

選手コメント

DF #15 高橋祐翔 選手(米子北高)
今回のチェコ戦はあまり良い流れではなかったと思います。相手の守備をなかなか崩せなかったり、前回同様前半のうちに失点してしまったりと、反省点の多い試合だったと思います。追いついた後も、守備で粘ることが出来ず、勝ち越し点を決められてしまいました。その中で、チームとしていい攻撃ができたり、最後まで諦めずに戦うという部分は良かったと思います。今回の遠征で、成長したところや課題がそれぞれあると思います。それをしっかりと整理して、これからさらに成長できるように、日常の取り組みから変えていきたいと思います。

DF #19 バングーナガンデ佳史扶 選手(FC東京U-18)
今日の試合は前半、チーム全体としてパススピードやポジショニングが悪く、そのままの悪い流れから失点してしまったところは課題だと思います。後半はゴールへの意識が高まり、シュートで終わるシーンが増えてきたところ、PKで同点に追いつきいい流れが出てきました。しかし、その後失点してしまい試合が終わってしまったところは残念です。この遠征でチームも、また個人としても初戦のイングランド戦から今日の試合まで徐々に良くなってきています。大会を通して課題もたくさん出たので、この課題を自チームに持ち帰って、次の遠征にも招集されるように日々努力していきたいと思います。

MF #8 松岡大起 選手(サガン鳥栖)
今回の遠征では、ボールを奪いきる部分だったり、ボールを前に持ち出す推進力、また、しっかり点を取るなどの個の能力に大きな差があるなと感じました。守備でしっかりプレスにいってはめることや、出し手がフリーな時にランニング(アクション)をおこし、ラインを崩すことは通用したので、どの相手にも通用する個の能力、特徴を身につけないといけないと感じました。また、試合時に、声は出ていたけれどもっといい声かけができたのではないかと感じました。自チームに帰ってもっと貪欲に、ひたむきに練習し、しっかり成長して、代表活動に呼んでもらえるように頑張ります。

FW #11 藤尾翔太 選手(セレッソ大阪U-18)
前半は自分たちのペースがつかめず悪い時間が続き失点してしまいました。個人としても得点が取れなかったことはこの遠征の課題として残りました。他にも課題が見つかったので、自チームに帰って少しでも克服できるようにやっていきたいと思います。苦しい時間でも得点できる、相手にとって脅威となる選手になりたいと強く思いました。

スケジュール

SportChain Cup UAE
3月20日(水) 1-4 第1戦 vs.U-18イングランド代表 (The Sevens Stadium)
3月21日(木) AM トレーニング 
3月22日(金) 2-1 第2戦 vs.U-18ロシア代表 (The Sevens Stadium)
3月23日(土) AM トレーニング
3月24日(日) 1-2 第3戦 vs.U-18チェコ代表 (The Sevens Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

SportChain Cup UAE

大会期間:2019年3月20日(水)~2019年3月24日(日)
大会会場:The Sevens Stadium

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー