JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > オリンピック日本代表 ブラジルに0-2の敗戦

ニュース

オリンピック日本代表 ブラジルに0-2の敗戦

2016年07月31日

オリンピック日本代表 ブラジルに0-2の敗戦

国際親善試合 vs オリンピックブラジル代表
2016年7月30日(土) キックオフ時間 16:30 試合時間 90分(45分×2)
Estadio Serra Dourada(ブラジル/ゴイアニア)

オリンピック日本代表 0-2(前半0-2、後半0-0)オリンピックブラジル代表

得点
33分 失点(オリンピックブラジル代表)
41分 失点(オリンピックブラジル代表)

スターティングメンバー
GK:中村航輔
DF:藤春廣輝、植田直通、塩谷司、室屋成
MF:原川力、遠藤航、南野拓実、中島翔哉、矢島慎也
FW:興梠慎三

サブメンバー
GK:櫛引政敏、杉本大地
DF:岩波拓也、亀川諒史、小島雅也
MF:大島僚太、井手口陽介、冨安健洋、渡辺皓太
FW:浅野拓磨、小川航基

交代
HT 原川力 → 大島僚太
HT 矢島慎也 → 浅野拓磨
HT 中村航輔 → 櫛引政敏
59分 藤春廣輝 → 亀川諒史
68分 興梠慎三 → 井手口陽介
74分 塩谷司 → 岩波拓也
77分 中島翔哉 → 小川航基
77分 遠藤航 → 冨安健洋

マッチレポート

リオデジャネイロオリンピックに出場する日本代表チームは7月30日(土)、ブラジル中部ゴイアニアでブラジルのオリンピック代表と本大会前最後となる国際親善試合で対戦し、0-2で敗れました。

FWネイマール選手を主将にオリンピック開催国で初の金メダル獲得を目指すブラジルと日本の対戦には多くの地元ファンが駆けつけ、熱い声援を送る中で始まりました。

日本は27日(水)のC.S.セルジッペとの練習試合から5人を入れ替えてGK中村航輔選手(柏レイソル)、DF室屋成選手(FC東京)、DF植田直通選手(鹿島アントラーズ)、MF矢島慎也選手(ファジアーノ岡山)、MF原川力選手(川崎フロンターレ)を先発に起用して4-3-2-1の布陣で臨みます。

しかし、試合はFWネイマール選手を中心に攻撃を組み立てるブラジルのペースで進みました。サイドのスペースを使われて18分にMFフェリペ・アンデルソン選手、21分にはFWガブリエル・ジェズス選手にゴールを狙われ、さらに27分にはネイマール選手にペナルティエリアにドリブルで持ち込まれてシュートを打たれますが、GK中村選手を中心に守備陣が体を張って防ぎます。

均衡が破れたのは33分、前半30分に取られた2分間の給水ブレイクの直後でした。FWガブリエル・バルボサ選手がドリブルで中央から切り込んでシュートを放つと、ボールは日本DFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれました。

勢いづいたブラジルは38分にはMFチアゴ・マイア選手、その1分後にはネイマール選手がクロスバーを叩き、40分にはガブリエル・バルボサ選手が日本ゴールに迫ります。そして、41分にはネイマール選手の右CKからDFマルキーニョス選手にヘディングで合されて2失点目を喫しました。

日本は後半、矢島選手に代えてFW浅野拓磨選手(アーセナル)、原川選手に代えてMF大島僚太選手(川崎フロンターレ)、GK中村選手に代えてGK櫛引政敏選手(鹿島アントラーズ)を交代で投入。立ち上がりは再びブラジルにゴールを脅かされますが、53分には日本も相手ゴールに迫る場面を作ります。大島選手の縦パスをFW興梠慎三選手(浦和レッズ)が受けてMF中島翔哉選手(FC東京)にパス。中島選手がペナルティエリア左からシュートを狙いましたが、相手GKに阻まれました。

その4分後には中島選手が左サイドから持ちこみ、浅野選手のリターンを受けてシュートを打ちましたが、枠を捉えることができません。

日本はその後、DF藤春廣輝選手(ガンバ大阪)に代えてDF亀川諒史選手(アビスパ福岡)、興梠選手に代えて井手口陽介選手(ガンバ大阪)を送り出し、布陣を4-1-4-1に変えて挑みます。

さらに74分にはDF塩谷司選手(サンフレッチェ広島)に変えてDF岩波拓也選手(ヴィッセル神戸)を投入し、その3分後にはトレーニングパートナーのFW小川航基選手(ジュビロ磐田)とMF冨安健洋選手(アビスパ福岡)も送り込みますが、日本は最後までゴールを奪うことはできず、試合は0-2で終了しました。

チームは試合後、オリンピック初戦のナイジェリア戦(8月4日)と第2戦コロンビア戦(同7日)を戦うマナウスへ向けてチャーター機にて出発。31日(日)から大会開催地での最終調整に入ります。

監督・選手コメント

手倉森誠 オリンピック日本代表監督
オリンピックは耐えて勝つというイメージがあり、その習慣を持てればと考えて臨んだブラジル戦で実際に90分間辛抱させられました。ですが90分間戦えたことで、そういった部分が整って本大会に入れると思います。開催国で優勝候補のブラジルと大会前に試合できたことは本当に収穫で、今日感じたものが我々の糧になります。結果はオリンピックで出したいと思います。

給水タイムで一気にギアを上げてくるのが強豪国のしたたかさです。我々はしっかりアタッキングサードまで入る回数とクオリティを高めないとなりません。今日はブラジルのいなしに揺さぶられて、ボールを奪ったらほっとしてしまいましたが、攻撃のための守備です。攻撃の力を残しながら良い状態で相手ボールを奪う、そこのタイミングの練習に残りの日々で取り組みたいですし、グループや組織の精度を高め合う意識が高まらないとなりません。やられて落ち込むのではなく、まだまだ自分たちは力が足りない、オリンピックが我々を高めてくれるというメンタルで大会に臨めればと考えています。

MF #9 矢島慎也 選手(ファジアーノ岡山)
相手は想像以上の速さや上手さがありました。攻撃でリズムを作られて、自分たちがボールを奪いに行ってもいなされて、どんどんプレッシャーが甘くなり、ボールを奪っても繋げませんでした。奪った後の精度と動き出しが大事だと思います。今日の試合も全ては五輪本番に向けてのことです。これを次に生かして、初戦のナイジェリア戦で勝って良い大会にして、この試合があって良かったと思えるようにしたいです。

MF #7 原川力 選手(川崎フロンターレ)
トップクラスのチームの力を本番前に味わえたのは良かったと思います。もっと全体で距離感縮めて、1人でなく、11人全員でボールを前に運ぶ作業をできたら良かったと思います。マナウスでは暑さに慣れることが大事だと思います。コンディションもプレーの質もまだ時間があるので、やれることを全てやって初戦に挑みたいです。

DF #17 岩波拓也 選手(ヴィッセル神戸)
かなり差があると感じましたし、駆け引きの部分など、すぐに追いつけるレベルではないと感じました。U-17(FIFAワールドカップ)で対戦した時は戦えるかなと思いましたが、今日はシュートも少なかったです。

GK #1 櫛引政敏 選手(鹿島アントラーズ)
後半は相手の攻撃が尻すぼみな展開でしたが、それでもしっかり落ち着いて対処できたと思います。結果は非常にがっかりですが下を向いてはいけないと思います。試合で足が止まっていたので、チーム全体が体力の使い方やペース配分を考えて、90分通して日本代表として戦い抜くことが重要だと思います。

ミカレ オリンピックブラジル代表監督
勝てて良かったです。前半は非常に良くて、チームはハードワークして、本大会を前に良いリズムを作れました。日本のような守備的な相手と戦う時は、ボールを自由に動かすためにピッチを広く使って、もっと早くボールを取り返してロングシュートを打つことも必要です。ネイマールがチームのプレーを活性化してくれていて、チームは日に日に良くなって攻守の良さもコンパクトさも出てきました。

スケジュール

7月19日(火) PM トレーニング ※一般公開
7月20日(水) PM トレーニング ※一般公開
7月22日(金) PM トレーニング
7月23日(土) AM/PM トレーニング
7月24日(日) AM/PM トレーニング
7月25日(月) AM/PM トレーニング
7月26日(火) AM/PM トレーニング
7月27日(水) 1-1 練習試合 vs C.S Sergipe
7月28日(木) AM トレーニング
7月29日(金) PM 公式練習
7月30日(土) 0-2 国際親善試合 vs U-23ブラジル代表(@Estádio Serra Dourada)
[日本時間:7月31日(日) 4:30]
テレビ東京系6局ネットにて生中継/NHK-BS1にて全国生中継
第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ) サッカー競技(男子)
7月31日(日) 未定 トレーニング
8月1日(月) 未定 トレーニング
8月2日(火) 未定 トレーニング
8月3日(水) 未定 公式練習
8月4日(木) 21:00 グループB 第一戦 vs ナイジェリア(@Amazonia Arena)
[日本時間:8月5日(金) 10:00]
8月5日(金) 未定 トレーニング
8月6日(土) 未定 トレーニング
8月7日(日) 21:00 グループB 第二戦 vs コロンビア(@Amazonia Arena)
[日本時間:8月8日(月) 10:00]
8月9日(火) PM 公式練習
8月10日(水) 19:00 グループB 第三戦 vs スウェーデン(@Fonte Nova Arena)
[日本時間:8月11日(木) 7:00]
※以降のスケジュールは、勝ち上がりにより決定
8月13日(土) 16:00
22:00
準々決勝(グループ1位の場合)vs グループA 2位(@Fonte Nova Arena)
準々決勝(グループ2位の場合)vs グループA 1位(@Corinthians Arena)
8月14日(日) 未定 トレーニング
8月15日(月) 未定 トレーニング
8月16日(火) 未定 トレーニング
8月17日(水) 13:00
16:00
準決勝(@Maracana/リオデジャネイロ)
準決勝(@Corinthians Arena/サンパウロ)
8月18日(木) 未定 トレーニング
8月19日(金) 未定 トレーニング
8月20日(土) 13:00
17:30
3/4位決定戦(@Mineirao/ベロオリゾンテ)
決勝(@Maracana/リオデジャネイロ)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

「‪#‎若きサムライ応援‬」を付けてオリンピック日本代表への応援メッセージをツイートしよう!

日本サッカー協会では、第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)に出場するサッカー日本代表への応援メッセージをTwitter上で募集しています。応援投稿用ハッシュタグ「#若きサムライ応援」を付けて、応援メッセージをツイートしてください。

「#若きサムライ応援」タイムライン:#若きサムライ応援

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー