btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-22日本代表 AFC U-23選手権予選(オリンピック1次予選) マカオに快勝!

ニュース

U-22日本代表 AFC U-23選手権予選(オリンピック1次予選) マカオに快勝!

2015年03月28日

U-22日本代表 AFC U-23選手権予選(オリンピック1次予選) マカオに快勝!

AFC U-23選手権2016予選(リオデジャネイロオリンピック・アジア1次予選)
第1戦 vs U-22マカオ代表
2015年3月27日(金) キックオフ 16:00 90分(45ハーフ)

U-22日本代表 7-0(前半4-0、後半3-0)U-22マカオ代表

得点
22分 遠藤航(U-22日本代表)
26分 豊川雄太(U-22日本代表)
31分 野津田岳人(U-22日本代表)
33分 オウンゴール(U-22日本代表)
66分 鈴木武蔵(U-22日本代表)
90+2分 野津田岳人(U-22日本代表)
90+3分 南野拓実(U-22日本代表)

スターティングメンバー
GK:櫛引政敏
DF:松原健、奈良竜樹、岩波拓也、山中亮輔
MF:野津田岳人、原川力、浅野拓磨、遠藤航、豊川雄太
FW:鈴木武蔵

サブメンバー
GK:牲川歩見、中村航輔
DF:植田直通、西野貴治、室屋成、安在和樹
MF:大島僚太、中島翔哉、矢島慎也
FW:荒野拓馬、久保裕也、南野拓実

交代
60分 遠藤航 → 矢島慎也
63分 豊川雄太 → 南野拓実
77分 鈴木武蔵 → 安在和樹

マッチレポート

リオデジャネイロオリンピック決勝の地マラカナンまでの512日の長い旅路を歩み始めたU-22日本代表は、10日間のマレーシアでの練習を経て、ついにAFC U-23選手権予選(オリンピック1次予選)の初戦を迎えます。

対戦相手はU-22マカオ代表。日本は4-2-3-1の布陣で臨みます。気温33℃、湿度57%という気候の中、日本は序盤、選手同士の距離が合わず、強みであるコンビネーションが影を潜めます。引いて守る相手に攻めあぐむ日本でしたが、22分、待望の先制点をあげます。左サイドからのコーナーキックをMF豊川雄太選手が蹴ると、ファーサイドに飛び込んだMF遠藤航選手が気持ちのこもったヘディングでゴールネットを揺らしました。その後、自分たちのペースを掴んだ日本は、26分、DF山中亮輔選手からのクロスを豊川選手が頭で合わせ2点目。31分には、MF野津田岳人選手の強烈な左足のミドルシュートで3点目をあげました。33分には相手DFがオウンゴール。前半はそのまま4-0で折り返しました。

後半に入って追加点を狙いますが、ミスも出だしなかなかマカオのゴールを割ることができません。60分に遠藤選手に代わりMF矢島慎也選手、63分には豊川選手に代わりFW南野拓実選手をそれぞれ投入すると、66分、代わって入った矢島選手から矢のようなスルーパスが鈴木選手へ。待望の追加点を挙げます。75分にはDF奈良竜樹選手、山中亮輔選手が交わされ一瞬ひやりとする場面もありましたが、GK櫛引政敏選手が好セーブ。77分に鈴木選手に代わってDF安在和樹選手が入り、日本は交代枠を使い切ります。猛攻を仕掛ける日本は、90+2分に野津田選手が、そして、90+3分に南野選手が追加点を挙げとどめを刺します。試合はそのまま7-0で終了。U-22日本代表は、日本から応援に駆け付けてくれたサポーターの前で3連戦の大事な初戦をものにしました。

明日は試合に長時間出た選手はホテルでリカバリートレーニングを、それ以外の選手は練習を行い、マレーシアを下したベトナムとの29日の決戦に備えます。

監督・選手コメント

手倉森誠 U-22日本代表監督
3連戦の中で一番気温の高い時間帯での試合、体力を分散させながら戦おうと臨みました。結果、前半4点、後半3点を取ることができましたが、6点目を取るまでの時間は少し精度を欠いたプレーが目立ちました。また、スピードの変え方がうまくいった選手と俊敏性を出すタイミングの悪い選手とで、ばらつきがありました。組織としてのバランスは取れていましたが、選手間の距離に変化が無く突破するときのリズムを作り難かったです。今日の試合を経て、ボールフィーリングやプレーする距離感は修正できると思うし、次のゲームではより良くなるはずです。選手たちには、リオデジャネイロオリンピックに向けていよいよ本番が始まったという意識を今日すりこみました。AFC U-22選手権オマーンの大会、昨年のアジア競技大会の悔しさはこれからのために必要だったもので、今日からは一つも負けられない。我々の目標に向かって良いスタートを切るという意味で、まず初戦を7-0で勝てたことは良かったです。

MF 3 遠藤航 選手(湘南ベルマーレ)
3連戦の重要な初戦で、勝たなければいけない相手に7点を取って勝てたことはポジティブに捉えるべきだと思います。これまでセットプレーからの練習を結構やってきた上で、手倉森監督からもセットプレーは攻撃でも守備でも重要になると言われていたので、セットプレーで自分が得点できたことは良かったです。チームにとってまた一つ攻撃のバリエーションが増えたと思います途中交代で出た選手も得点し、チームの層が厚くなっていると感じています。誰が出ても同じサッカーができるようになってきているので、それを続けてより質の高いプレーを増やしていきたいです。次戦のベトナム戦は中一日ですが、しっかり休んで万全の状態で臨めるようにしたいです。

MF 24 野津田岳人 選手(サンフレッチェ広島)
試合の序盤は連携があまり上手くいかなかったので、プレーが止まったタイミングに選手同士でコミュニケーションとって、FW鈴木武蔵選手が裏のスペースに流れて空いたスペースに入るなど修正をしました。ボールを回すところとスイッチを入れるところのメリハリをチームとして付けていければもっと良くなると思います。自分自身も2ゴールをあげられて良かったです。1点目は自分の形で、フリーだったのでトラップだけ気を付けて後は思い切り打ちました。3連戦の大事な初戦を勝ててホッとしましたし、7-0で勝てたことによりチームに勢いがつくと思います。ベトナム戦も全員攻撃・全員守備という自分たちのサッカーをして勝ち切るためにチームに貢献したいです。

スケジュール

3月9日(月) PM トレーニング
3月10日(火) PM 公式トレーニング
3月11日(水) 9-0 国際親善試合   vs U-22ミャンマー代表(@フクダ電子アリーナ)
3月17日(火) AM トレーニング
PM トレーニング
3月18日(水) AM/PM トレーニング
3月19日(木) AM/PM トレーニング
3月20日(金) PM トレーニング
3月21日(土) 4-1 トレーニングマッチ   vs Sime Darby FC
3月23日(月) AM/PM トレーニング
3月24日(火) AM/PM トレーニング
3月25日(水) PM トレーニング
3月26日(木) PM 公式トレーニング
AFC U-23選手権2016予選
3月27日(金)

7-0

第1戦   vs U-22マカオ代表(@Shah Alam Stadium)
テレビ放送:日本時間17:00~ BSフジ LIVE
3月28日(土) AM トレーニング
3月29日(日) 20:15
(現地時間)
第2戦   vs U-22ベトナム代表(@Shah Alam Stadium)
テレビ放送:日本時間21:15~ フジテレビ LIVE
3月30日(月) PM トレーニング
3月31日(火) 20:45
(現地時間)
第3戦   vs U-22マレーシア代表(@Shah Alam Stadium)
テレビ放送:日本時間21:45~ フジテレビ LIVE
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP