JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > 名古屋がアウェイで勝点3を獲得!優勝戦線に留まる 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第14節

ニュース

名古屋がアウェイで勝点3を獲得!優勝戦線に留まる 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第14節

2018年09月25日

名古屋がアウェイで勝点3を獲得!優勝戦線に留まる 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第14節

ピックアップマッチ

セレッソ大阪U-18 0-1(前半0-1、後半0-0)名古屋グランパスU-18

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグWESTは22日(土)から24日(月・祝)にかけて第14節を開催し、セレッソ大阪U-18(大阪)と名古屋グランパスU-18(愛知)が対戦しました。

立ち上がりから主導権を握ったのは3試合ぶりの白星を目指した名古屋でした。「サイドハーフを起点に高い位置で奪って、攻撃につなげる形を練習からやってきた」(成瀬竣平選手/MF #8)ことが奏功し、中盤での攻防でC大阪を圧倒。奪ってからは「(兵藤)健斗くんが怪我をしているから試合に出られていると思われるのは嫌だった」と話すFW榊原杏太選手(#27)らを中心に素早く前に飛び出し、チャンスをうかがいます。7分には相手エリアの中央でボールを奪うと素早く右に展開し、成瀬選手がシュートを打ちましたが、惜しくも枠の右に逸れました。9分にもDF菅原由勢選手(#7)のボール奪取から右に展開し、FW石田凌太郎選手(#27)がゴール前にパスを入れましたが、味方と合いません。

立て続けに訪れたチャンスを生かせなかった名古屋ですが、10分には自陣左での素早いパス回しら成瀬選手がペナルティーエリア右に展開すると、走り込んだ石田選手がGKと1対1に持ち込みます。このシュートはGKに阻まれましたが、すぐさま石田選手がセカンドボールを拾い、ゴール前に送ると最後は「最近、得点が取れていなかったので、今日は取らなくてはと思っていた」という成瀬選手がスライディングで押し込みました。耐える時間が続いたC大阪も33分にはゴール前に低く入ったCKのこぼれ球をFW根木洸希選手(#9)が狙いましたが、枠を捉えることができません。

後半は、持ち前の運動量を生かした戦いが機能し始めたC大阪のペースで試合が進みます。50分には中盤でのインターセプトから右に展開し、MF前田龍大選手(#36)がゴールを狙いましたが、枠の外。66分にはMF松本凪生選手(#20)がドリブルで二人をかわして、ミドルシュートを狙いましたが、相手DFのブロックに阻まれ、得点には至りません。終了間際の89分には中央からのスルーパスに松本選手が反応し、走り込みながらダイレクトでゴール左隅を狙いましたが、GK三井大輝選手(#21)がゴールマウスから弾き出し、その直後にタイムアップ。榊原選手が「前節4失点しているので、粘り強く守って無失点で追われたのは良かった」と笑顔を見せたように、名古屋が今後につながる完封勝利を手にしました。

監督・選手コメント

村田一弘 監督(セレッソ大阪U-18)
今日はスタートが悪くて、ボールを奪っても失う場面が目立ちました。自分たちでアグレッシブに戦えていなかったのですが、自ら修正できる選手になってほしいと思い、前半はあえて指示を我慢しました。ハーフタイムに修正を加えてからは、目指したサッカーができるようになりましたが、奪ってからの精度が良くなかったです。フィジカルはできてきているので、後はそれを発揮するかどうかが課題です。いろいろな発揮の仕方があると思いますが、最後は本人たち次第なので、自覚を持って試合に挑んでほしいです。

FW #9 根木洸希 選手(セレッソ大阪U-18)
試合の入り方が悪くて、パスを出された後について行けず後手を踏みました。ハーフタイムに選手同士の距離を縮めようと村田監督から指示を受け、チーム全体の意識を変えたので後半は良い形がつくれたと思います。ゴール前での崩しはできたのですが、点を取るのがすごく難しい試合でした。前期は主力がいない中でもチーム全体で同じ方向を向いて戦うことができました。後期も選手が揃わない試合がありますが、最後までチーム全体で同じ方向を向きながら戦って行きます。

古賀聡 監督(名古屋グランパスU-18)
今日の試合はお互いにプレッシャーを掛け合う展開を想定しており、どちらが高い位置でボールを奪い、速い攻撃でゴールを奪えるかが勝負の分かれ目だと思っていました。ただ、決定的な場面が何度かありながらも、ゴール前での精度を欠く場面がありましたし、相手のプレッシャーに負けてカウンターを受けるケースもありました。これからもプレーの精度を高めて、どんな相手でも、逆をとっていく攻撃的なサッカーがもっとできるように挑戦していきたいです。

DF #7 菅原由勢 選手(名古屋グランパスU-18)
今日は当日移動で疲労もありましたが、アップから集中できていました。守備も練習から球際を強くこだわっていますし、チーム内での競争が激しくなっているので、試合に出ている選手がやらなきゃいけないと分かっていたので全員で頑張れたと思います。ただ、後半は試合の運び方が上手く行かず、ボールを取り切れずピンチを迎える場面もあったので、まだまだだ、とも感じました。相手が来ていても前半のように見て外せば良かったのに、自分たちのサッカーを自分たちで捨ててしまったような気がしました。もっと練習から積み重ねないといけません。

その他の試合結果

阪南大学高校 2-3(前半1-1、後半1-2)京都サンガF.C. U-18
ガンバ大阪ユース 5-2(前半2-0、後半3-2)米子北高校
東福岡高校 4-4(前半1-1、後半3-3)サンフレッチェ広島F.Cユース
アビスパ福岡U-18 3-2(前半1-1、後半2-1)ヴィッセル神戸U-18

京都サンガF.C. U-18(京都)をホームに迎えた阪南大学高校(大阪)は二度のビハインドを追いつきながらも、90+2分にCKからDF江川慶城選手(#7)にヘディング弾を許し、2-3で敗れました。米子北高校(鳥取)との試合に挑んだガンバ大阪ユース(大阪)は、FW原田烈志選手(#14)の先制点を皮切りに5点を奪い、快勝。この結果により、米子北の降格が決定しました。東福岡高校(福岡)とサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)の上位対決は両者譲らず、勝点1を分け合う結果となりました。5得点が生まれたアビスパ福岡U-18(福岡)とヴィッセル神戸U-18(兵庫)の一戦は、83分にFW角田朋輝選手(#35)が記録した得点が決勝点となり、福岡が3-2で勝利しています。

WEST 第14節 ダイジェスト

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

WEST 第15節

2018年10月6日(土)
11:00 サンフレッチェ広島F.Cユース vs セレッソ大阪U-18(吉田サッカー公園)
11:00 米子北高校 vs 名古屋グランパスU-18(どらドラパーク米子陸上競技場)
15:00 京都サンガF.C. U-18 vs ヴィッセル神戸U-18(京都サンガF.C.東城陽グラウンド)
19:00 アビスパ福岡U-18 vs ガンバ大阪ユース(福岡フットボールセンターAピッチ)

2018年10月7日(日)
11:00 阪南大学高校 vs 東福岡高校(阪南大学高見の里グラウンド)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー