JFA.jp

JFA.jp

EN
第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会
第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会
2015/11/7(土)~2015/12/27(日)

大会要項

趣旨

公益財団法人日本サッカー協会(以下「本協会」という)は、日本国内における女子のサッカー技術の向上と健全な心身の育成を図り、広く女子サッカーの普及振興に寄与することを目的とし、中学1年生以上の登録選手を対象とした国内で最も権威のある単独チームの大会として実施する。

名称

第37回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会

主催

公益財団法人日本サッカー協会

主管

一般社団法人宮城県サッカー協会、 公益財団法人東京都サッカー協会
一般社団法人神奈川県サッカー協会、 一般社団法人長野県サッカー協会
一般社団法人福井県サッカー協会、 一般財団法人静岡県サッカー協会
一般社団法人三重県サッカー協会、 一般社団法人兵庫県サッカー協会
公益財団法人広島県サッカー協会

後援

朝日新聞社、日刊スポーツ新聞社

協賛

株式会社イエローハット、株式会社セディナ、株式会社ナイキジャパン、株式会社日能研、株式会社マイナビ

協力

株式会社モルテン

開催日

2015年
【1回戦】11月7日(土)、8日(日)
【2回戦】11月14日(土)、15日(日)
【3回戦】11月21日(土)、22日(日)
【準々決勝】12月19日(土)
【準決勝】12月23日(水・祝)
【決勝】12月27日(日)

会場

【1回戦】

テクノポート福井スタジアム(福井県坂井市)
四日市中央緑地公園陸上競技場(三重県四日市市)
三木総合防災公園陸上競技場(兵庫県三木市)
五色台運動公園「アスパ五色」(兵庫県洲本市)

【2回戦】

南長野運動公園総合球技場(長野県長野市)
テクノポート福井スタジアム(福井県坂井市)
上野運動公園競技場(三重県伊賀市)
三木総合防災公園陸上競技場(兵庫県三木市)

【3回戦】

藤枝総合運動公園サッカー場(静岡県藤枝市)
コカ・コーラウエスト広島スタジアム(広島県広島市)

【準々決勝】

ユアテックスタジアム仙台(宮城県仙台市)
味の素フィールド西が丘(東京都北区)

【準決勝】

等々力陸上競技場(神奈川県川崎市)

【決勝】

等々力陸上競技場(神奈川県川崎市)

組合せ

本協会において抽選を行い決定する。

参加資格

  • (1) 本協会に「女子」の種別で登録した加盟登録チームであること。
  • (2) 2003年(平成15年)4月1日以前に生まれた女子選手であり、2015年10月15日(木)までに本協会に登録(追加登録も含む)されていること。
    小学生は出場できない。
    また、中学生以下の選手だけの大会参加申込は不可とする。
  • (3) クラブ申請制度の適用: 本協会により「クラブ申請」を承認された「クラブ」に所属するチームについては、同一「クラブ」内のチームから移籍すること無く、上記(1)のチームで参加することができる。この場合、同一「クラブ」内のチームであれば、複数のチームから選手を参加させることも可能とする。
    なお、選手は、上記(2)を満たしていること。選手が所属するチームの種別・種別区分は問わない。
    但し、本大会の予選を通して、選手は他のチームで参加(参加申込)していないこと。
  • (4) 外国籍選手:5名まで登録でき、1試合3名まで出場できる。
  • (5) 移籍選手:本大会の予選を通して、選手は他のチームで参加(参加申込)していないこと。

参加チームとその数

参加チームは、次の各号により選出された48チームとする。
北海道:2チーム、東北:2チーム、関東:8チーム、北信越:2チーム
東海 5チーム、関西:3チーム、中国:2チーム、四国:1チーム
九州:3チーム
なでしこリーグ1部 10チーム、なでしこリーグ2部 10チーム

競技規則

大会実施年度の本協会「サッカー競技規則」による。

競技会規定

以下の項目については本大会の規定を定める。

  • (1) 競技のフィールド
    フィールド表面は平坦で常緑な天然芝であり、ピッチサイズは原則105m×68mであること。
  • (2) ボール
    試合球はモルテン社製ボール『皇后杯試合球(品番:F5E5001)』とする。
    マルチボールシステムを採用する。
  • (3) 競技者の数
    ① 競技者の数:11名
    ② 交代要員の数:5名以内
    ③ 交代を行うことができる数:3名以内
    ④ ピッチ上でプレーできる外国籍選手の数:3名以内
  • (4) 役員の数
    テクニカルエリアに入ることができる役員の数:6名以内
  • (5) テクニカルエリア:設置する
  • (6) 競技者の用具
    ① ユニフォーム
    • a. 大会実施年度の本協会「ユニフォーム規程」に則る。
    • b. Jクラブ傘下のチームについては、公益財団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のユニフォーム要項に認められたユニフォームであれば使用を認められる。また、一般社団法人日本女子サッカーリーグ加盟チーム又はその傘下のチームについては、日本女子サッカーリーグのユニフォーム要項に認められたユニフォームであれば使用を認められる。ただし一部でも仕様が異なる場合は認められない。この際、シャツの色彩が審判員が通常着用する黒色と明確に判別し得ない場合、審判員用のカラーシャツを複数色、チームで準備出来る場合のみ使用を認められる。
    • c. ユニフォーム(シャツ・ショーツ・ストッキング)については、正の他に副として、正と色彩が異なり判別しやすいユニフォームを参加申込書(WEB登録)の際に記載し、各試合に必ず携行すること(FP・GK用共)。本協会に登録されたものを原則とする。
    • d. シャツの前面・背面に参加申込の際に登録した選手番号を付けること。ショーツの選手番号についてはつけることが望ましい。
    • e. ユニフォームの色、選手番号の参加申込締切日以後の変更は認めない。
    • f. ユニフォームへの広告表示については本協会「ユニフォーム規程」に基づき承認された場合のみこれを認める。
    • g. ストッキング(ソックス)の上にテープを巻く場合、そのテープ等の色はストッキング(ソックス)の色と同じものに限る。
  • (7) 試合時間
    • ① 試合時間は90分(前後半各45分)とする。
      ハーフタイムのインターバル(前半終了から後半開始まで):原則15分間
    • ② 試合の勝者を決定する方法(試合時間内で勝敗が決しない場合)
      □1回戦〜準々決勝:20分(前・後半10分)の延長戦を行い、なお決しない場合はPK方式により勝者を決定する。
      □準決勝以降 :30分(前・後半15分)の延長戦を行い、なお決しない場合はPK方式により勝者を決定する。
      □延長戦に入る前のインターバル:5分間
      □PK方式に入る前のインターバル:1分間
    • ③ アディショナルタイムの表示:行う
  • (8) マッチコーディネーションミーティング:各試合競技開始時間の80分前に実施する
  • (9) その他
    ① 第4の審判員の任命:行う
    ② 負傷者の対応:主審が認めた場合のみ、最大2名ピッチへの入場を許可される

表彰

  • (1) 優勝・準優勝チームに表彰状、メダル、チーム強化費を授与する。3位チームにチーム強化費を授与する。
    優勝チームには皇后杯・優勝杯を授与し、次回までこれを保持せしめる。
  • (2) フェアプレー精神の育成・向上のため、フェアプレー賞を本協会選考基準に従い選考しトロフィーおよび副賞を授与する。フェアプレー賞はチーム単位とし、ベスト4に進出したチームの中から選考される。

その他

(1) 大会要項に規定されていない事項については女子委員会において協議の上決定する。

協賛

  • 株式会社イエローハット
  • 株式会社セディナ
  • 株式会社ナイキジャパン
  • 株式会社日能研
  • 株式会社マイナビ

協力

  • 株式会社モルテン

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー