JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 TOP > 最新ニュース一覧 > 第99回天皇杯 準々決勝~長崎vs甲府~ 長崎がJ2対決を制し、初のベスト4入りを果たす
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

第99回天皇杯 準々決勝~長崎vs甲府~ 長崎がJ2対決を制し、初のベスト4入りを果たす

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2019年10月24日

第99回天皇杯 準々決勝~長崎vs甲府~ 長崎がJ2対決を制し、初のベスト4入りを果たす

クラブ史上初めての天皇杯準々決勝に臨んだVファーレン長崎が、ヴァンフォーレ甲府とのJ2対決を制し、初のベスト4入りを果たしました。手倉森監督は「ホームのアドバンテージを得ながらの先制パンチが勝利に繋がった」と振り返り、準決勝のJ1鹿島アントラーズ戦に向けて「周りが楽しみにしているのは下克上。鹿島に一泡吹かせたい」と意気込みを語りました。

立ち上がりからテンポの良い連携で前線にボールを運び、積極的にゴールを狙った長崎。前半9分、畑潤基選手が敵陣内でボールを奪うと、パスを受けた吉岡雅和選手が左足でのミドルシュートで先制しました。さらに同14分の左コーナーキックでは、仲間が空けたスペースに走り込んだ新里涼選手が左足で鮮やかなボレーを蹴り込み、2点目を挙げました。一方の甲府は同31分、右コーナーキックからゴール近くでボールを受けた太田修介選手が振り向きざまに放ったシュートでネットを揺らし、1点差で前半を折り返しました。

逃げ切りたい長崎は、後半にも島田譲選手や長谷川悠選手のシュートで追加点のチャンスを作りましたが、いずれも相手GK岡西宏祐選手の好セーブで止められてしまいます。一方、巻き返しを図る甲府は、終盤の決定機をGK富沢雅也選手の堅守に阻まれ、ゴールを割ることはできませんでした。

甲府は昨年と同じベスト8で敗退し、天皇杯での最高成績を塗り替えることはできませんでした。伊藤監督は「次のステージに進められず申し訳ない。選手達は一生懸命頑張ってくれたし、前半1点を追いついて後半は勝負できる状況になっていたが、最後にこじ開けることができなかった」と悔やみました。

監督・選手コメント

手倉森誠 監督(V・ファーレン長崎)
われわれはリーグ戦では逆境に立たされています。リーグ戦で2連敗のあとの天皇杯準々決勝ということで、気持ちが折れていないことを示そうとしました。可能性があるという意志を見せた。選手にはホームでやれるアドバンテージがあると思うと危ないと話しました。お互いにリーグ戦は1勝1敗。激闘覚悟の試合、ホームの先制パンチが効きました。泥臭くても相手よりも失点しない姿勢が勝利につながりました。ベスト8からベスト4にクラブの歴史を新たにつくり、12月もサッカーができる。リーグ戦後の(J1昇格)プレーオフにもこの勝利をつないで天皇杯準決勝を戦おうと選手に話をしました。

GK #21 富澤雅也 選手(V・ファーレン長崎)
甲府の荒木翔選手は地元の後輩で、いい選手だということは分かっていたので嫌な存在でした。キックが上手くて警戒をしていました。先制点はチームとして狙っていたゴールで、吉岡雅和の技ありのゴールだった。自分がいうのも変かもしれませんが、雨の中であのボールを止めることは難しいと思う。ただ、早い時間に2点を取ったことで難しくなりました。そうなる可能性はイメージしていましたが、チームとしては引いたわけではありません。相手のストロングポイントを消そうとしていました。

伊藤彰 監督(ヴァンフォーレ甲府)
前半の入りというところで、選手は一生懸命やっているが、硬さが見られるゲームだったと思っています。雨でグラウンドコンディションが悪い中、足を振られて2失点。われわれはそこから追いつくためにパワーを使わないといけなかった。ここでは選手が一生懸命頑張ってくれたし、前半のうちに1点差に追いついてくれて、後半勝負ができるようになりました。ただ、最後の最後のところをこじ開けることができなかった。そして、そこに至るまでのクオリティー、ゲームコントロール、僕の采配というところもありますが最後のところをこじ開けられなかったことを残念に思っています。

FW #13 太田修介 選手(ヴァンフォーレ甲府)
アップの時からふわっとしていると感じました。そして、そのままで課題になっている時間帯に失点してしまった。チャンスがあれば足を振ろうと思っていました。個人的にも目に見える結果が欲しかったので、多少強引でもシュートを打とうと思いました。多少無理そうでしたが、ゴールの位置は見なくても分かりました。

【1回戦】5月25日(土)、26日(日)
【2回戦】7月3日(水)、10日(水)
【3回戦】8月14日(水)
【ラウンド16(4回戦)】9月18日(水)、25(水)
【準々決勝】10月23日(水)

【準決勝】12月21日(土)
【決勝】2020年1月1日(水・祝)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー