JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 TOP > 最新ニュース一覧 > 第99回天皇杯 準々決勝~神戸vs大分~ 神戸が2大会ぶりに準決勝進出
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

第99回天皇杯 準々決勝~神戸vs大分~ 神戸が2大会ぶりに準決勝進出

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2019年10月24日

第99回天皇杯 準々決勝~神戸vs大分~ 神戸が2大会ぶりに準決勝進出

ヴィッセル神戸と大分トリニータの対戦はJリーグYBCルヴァンカップとJ1リーグを合わせ今季5度目。これまでの対戦成績(1勝2分け1敗)が示すように拮抗した試合でしたが、神戸が1-0で勝って2大会ぶりのベスト4へ進みました。クラブの目標であるACL出場、そして悲願の初タイトルへ前進し、キャプテンマークを付けた山口蛍選手は「この試合が大きなポイントだったが、勝ち切れたのは大きい。あと二つ、見えてきた感じ」と手応えを口にしました。
前半は神戸が前からプレスを掛けてボールを保持し積極的に攻め、21分にスルーパスに反応した小川慶治朗選手のシュートがGKの好セーブにあいました。一方の大分も前半終了間際に左の崩しからオナイウ阿道選手の放ったシュートがGKに防がれて0-0で後半へ。

試合が動いたのは56分。右サイドからパスをつないで、ペナルティーエリア中央へ駆け上がった山口選手が左足でゴール左へ決めて先制しました。大分はFW小塚和季選手に代えて小林成豪選手を投入しましたが、その小林選手がけがで退くアクシデントもあり、相手に押し込まれる時間帯が多くなりました。

直近のリーグ戦2試合で計9失点で連敗していただけに、神戸のトルステン・フィンク監督は「無失点で終えたのは大きい。自信を取り戻せた」とほっとした様子。一方、またもベスト8の壁を破れなかった大分の片野坂知宏監督は「力の差というか、0-1だが神戸の方が上だった」と敗戦を受け入れていました。

監督・選手コメント

トルステン・フィンク 監督(ヴィッセル神戸)
次のラウンドに進出できてうれしいです。リーグ戦の直近の2試合に負け、自信を失いかけていましたがメンタルの強さを見せてくれ、サッカーの内容も良かったです。前半は互いにスペースを許さない展開で、終了間際にチャンスを与えてしまったが、その他はいいパフォーマンスを見せてくれました。この試合はリーグ戦から少しメンバーチェンジをして、(山口)蛍の位置を下げ、中央に寄せたことで前の3人のプレッシングが有効になりました。無失点に抑えたことが何よりの収穫です。この大会に優勝して、クラブに初タイトルをもたらしたい。それは私だけでなくスタッフも選手も同じ気持ちです。

MF #24 酒井高徳 選手(ヴィッセル神戸)
(リーグ戦で)2連敗したのはアグレッシブさやセカンドボールへの意識、切り替えの速さなどが疎かだったと思います。今日はみんなでボールに対してアグレッシブにいこうと話しました。スピードや迫力、連動性。やる気ではなくボールを奪う姿勢が良かったです。前半は1つ、2つのピンチはあり、後半は相手チームに人数をかけてボールを回されましたが、やりたいことはできたし、強く当たったことで後ろでボールを回させた。ラインを高くすることもでき、失点ゼロが体現できました。

片野坂知宏 監督(大分トリニータ)
水曜日のナイトゲームで神戸が相手。厳しい試合になると覚悟を持って臨みましたが残念な結果になりました。リーグ戦でいい形(浦和に1-0で勝利)で勝点3を取り、その勢いで神戸にチャレンジしました。選手は準備してきたことにトライしてくれましたが、やはり力の差というか、プレーしている選手も感じたのではないかと思います。スコアは0-1でしたが、神戸が全てで上でした。その中でわれわれにとっていい時間帯もありました。前半終了間際にチャンスがあり、そこで決めていればまた違った内容になっていたかもしれません。これで天皇杯は終わりました。残りのリーグ戦に切り替えて、残留を目指したいです。

FW #9 後藤優介 選手(大分トリニータ)
チャンスはつくれたと思いますが最後が課題でした。相手は一つのチャンスを決める力がありました。前半はボールを押し込む時間もあり、やりたいことができたと思います。力の差は感じましたが埋められない差ではない。ボールを回す時に相手に長い距離を走らせたり、ボールに食いつかせたりして相手の守備陣形にズレをもっとつくれるようにしたいです。今季はもうリーグ戦の5試合しかありませんが個人的にコンディションは悪くはない。いい形で終われるように、チャレンジを続けたいです。

【1回戦】5月25日(土)、26日(日)
【2回戦】7月3日(水)、10日(水)
【3回戦】8月14日(水)
【ラウンド16(4回戦)】9月18日(水)、25(水)
【準々決勝】10月23日(水)

【準決勝】12月21日(土)
【決勝】2020年1月1日(水・祝)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー