btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 女子サッカー > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン  最終戦でオランダ女子代表と対戦~FPFアルガルベカップ2017~

ニュース

なでしこジャパン  最終戦でオランダ女子代表と対戦~FPFアルガルベカップ2017~

2017年03月08日

なでしこジャパン  最終戦でオランダ女子代表と対戦~FPFアルガルベカップ2017~

FPFアルガルベカップ2017 ノルウェー戦の勝利から一夜明けたなでしこジャパンは3月7日(火)、前日の試合でサブ組となった選手を中心にトレーニングを実施。3対3+フリーマン、3対1、3対2+GK、シュート練習など約1時間半、汗を流しました。また、試合の出場時間が長かった選手はリカバリートレーニングを行い、オランダ戦に向けての調整を行いました。オランダとは直近で2015年11月の遠征で対戦し、1-3で敗れています。キャプテンの熊谷紗希選手は「前線3人が速くて強い印象。日本がどれだけ戦うことができるか、積極的にチャレンジしていきたい」と前回の敗戦のリベンジを果たす意気込みを述べました。

FPFアルガルベカップ2017 5位/6位順位決定戦のオランダ女子代表との試合は3月8日(水)14:45(日本時間23:45)キックオフです。

選手コメント

GK #1 山根恵里奈 選手(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
(試合を重ねるごとに)チームとしてやりたいことが明確になってきて、チャレンジしようとする意識も強くなっていると感じています。オランダはとにかく速く、縦へのパワーが強いという印象。相手の縦へのスピードを意図して吸収できたら、しっかりと戦うことができると思います。これまでのなでしこジャパンの先輩たちは戦うべきところで体を張る、ハードワークする、チームのために走る、ということを1つ1つ細かくやってこられた方たちばかりでした。いい部分を受け継ぎつつ、若いフレッシュな力も発揮しながら、なでしこのベースをさらに引き上げていきたいと思います。

MF #14 中里優 選手(日テレ・ベレーザ)
1戦目は守備の時間が多かったですが、2戦目、3戦目と少しずつ自分のリズムでボールを受けたり、周りとの連携の中で組み立てることができてきました。2戦目、3戦目でできたことを1戦目と同じようなプレッシャーの中でもできるようにしていきたいです。自分は小柄なので、大きい選手との対戦のなかで、どうやったら生き残っていくことができるのかを毎日考えながらトレーニングしています。まずは勝って終わることが一番。いろいろな課題はありますが、勝ちながら積み重ねていくことが大事だと思うので、その勝利に貢献できるように頑張っていきたいと思います。

DF #3 鮫島彩 選手(INAC神戸レオネッサ)
個人の動き出し、ディフェンスラインの下がるタイミングなど課題は挙げたらきりがないですが、動き方については今回自分なりにいろいろ学ぶことがあったので、最後の試合で試してみたいと思っています。オランダはスピード勝負というイメージで、この大会でまだ対戦していないタイプのチーム。自分たちがどう対応できるか、どういう課題が出てくるか、すごくいい(対戦)相手だと思います。ひとつひとつ、できることを増やしていきたいです。

スケジュール

FPFアルガルベカップ2017 
3月1日(水) 1-2 グループステージ第1戦 vs スペイン女子代表
(Mun.Stadium Bela Vista -Parchal)
3月2日(木) AM/PM トレーニング
3月3日(金) 2-0 グループステージ第2戦 vs アイスランド女子代表
(Mun.Stadium Bela Vista -Parchal)
3月4日(土) AM/PM トレーニング
3月5日(日) AM/PM トレーニング
3月6日(月) 2-0 グループステージ第3戦 vs ノルウェー女子代表
(Algarve Stadium)
3月7日(火) PM トレーニング
3月8日(水) 14:45 5位/6位決定戦 vs オランダ女子代表
(Algarve Stadium)

※時間はすべて現地時間です。
※スケジュールや会場は変更になる場合がございます。

FPFアルガルベカップ2017

2017年3月1日(水)~2017年3月8日(水)
TV放送:フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域を除く)
大会情報はこちら

 

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP