JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA夢フィールド > サッカーファミリーからのメッセージ
JFA夢フィールド ここで、日本のサッカーは強くなる。 JFA夢フィールド

サッカーファミリーからのメッセージ

森保 一 監督
SAMURAI BLUE(日本代表)兼 第32回オリンピック競技大会(2020/東京) 男子日本代表監督

私の現役時代から比べると、日本にはサッカーファミリーが集まれる場所が増えました。代表選手だけではなく、地域の人もそこに集まってサッカーができる、サッカーを語れる場所が多くなりました。人が集まって、サッカーを語り、プレーし、見ることによって、よりサッカーファミリーの輪が広がりますし、日本サッカーのレベルを上げることにもつながります。

新しくできるJFA夢フィールドは、選手にとっては個人がレベルアップする場、チームとしては良い準備をする場になります。代表チームはクラブとは異なり、短期間でチームをつくり上げることが求められるので、効果的なトレーニングができる環境が必要です。

現在、東京オリンピック代表の監督も務めていますが、下の年代の選手が上のチームに入ってトレーニングをし、その逆で上の年代の選手が下に交じっていろいろな経験を伝えていくような場ができるかもしれません。同じ場にいられるだけでもお互いの刺激になると思います。また、育成年代の選手たちが同じ場でトレーニングをする機会もあるかもしれません。彼らに夢を持ってもらえるよう、高いモチベーションを持って代表選手たちにはプレーしてほしいです。

この新しい施設が良い選手を育てる場であるとともに、その場に日本代表をはじめとするサッカーファミリーが集まって、サッカーの良さや楽しさ、盛り上がりを発信する場になることを願っています。

高倉 麻子 監督
なでしこジャパン(日本女子代表)監督

私が現役選手だった頃は、サッカー専用のトレーニング施設は日本にはどこにもありませんでした。欧米諸国には当時から代表チームが専用で使える施設があり、そのこと自体が国を背負って戦う代表選手であることの価値の現れであると言えます。
日本にはJFAが自ら所有する、活動拠点となるトレーニングセンターは存在せず、JヴィレッジやJ-STEP、J-GREEN堺といった関連施設にその機能を頼ってきました。日本代表が世界と戦うためには、素晴らしいピッチはもちろんのこと、あらゆる角度からサッカーのレベル向上にアプローチできる前線基地となる施設を持つことはとても有益だと考えています。

選手が必要とするきめ細やかな管理の行き届いた、サッカーに集中できる環境でこそ心も体も磨くことができます。 しかし、「JFA夢フィールド」は、日本代表選手がいい環境を与えられるだけでは発展がありません。 日本サッカーの中枢を担う施設として、日本代表の活動から得られた様々な知見を蓄積・分析し、それら情報が全国にフィードバックされ、多くの指導者、選手に還元されてこそ、この施設の意義があると考えます。 そうして育った選手たちが「いつか日本代表選手になって、ここでトレーニングしたい」と志すような、象徴的な場所になっていってほしいと強く思います。

ブルーノ・ガルシア 監督
フットサル日本代表監督

JFA夢フィールドの建設は、サッカー・フットサルに関わる全ての人々にとって成長や発展の鍵を握るものだと思います。

フットサルのピッチとしては上質な木製床で、自由にいろいろなサイズに分割し、さまざまなサイズのゴールを使ってトレーニングできれば良いと思っています。また、パワートレーニングができるようなトレーニングルームでトレーニングした後にそのままピッチでボールを使ったアクションができるような環境があれば理想的です。他にも多目的ルーム、スタッフミーティングができるスペースや理学療法など傷害前後のケアが行える設備、スカウティング用の分析室、また屋外でもトレーニングできるスペースもあれば有効だと言えます。

私の母国であり、FIFAフットサルワールドカップを2度制覇しているスペインでは、人口に対してこうした施設の数が充実しています。スペインサッカー連盟が所有するラス・ロサスの施設、マドリード、バルセロナ、そして、シエラ・ネバダにあるCAR(ハイパフォーマンスセンター)などは今般計画されているJFA夢フィールドに非常に似ています。

代表活動の基盤ができることは、各チームがパフォーマンス向上を目指すためのニーズに適切な状況をもたらすなど、多くの利便性、ポジティブな側面をもたらすと思います。モダンで非常に機能的な、使用する全ての人にとって時間の有効利用を含め、あらゆるニーズを網羅した施設になることを期待しています。

原口 元気 選手
2018FIFAワールドカップロシア SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー/ハノーファー96(ドイツ)

若い頃から年代別の日本代表をはじめ、数多くの代表活動に参加しましたが、サッカーに集中できて、全てがそろっているトレーニングの拠点はすごく重要だと思います。

2018 FIFAワールドカップロシアではFCルビン・カザン ファーストチーム トレーニンググラウンドという素晴らしいキャンプ地でトレーニングをすることができました。食事をするところ、ジムやケアする場所、グラウンドまでが全て30m以内にあって、僕ら選手にとってそのコンパクトさは居心地が良かったです。ストレスの少ない環境で過ごすことで自然とスタッフや選手とコミュニケーションが生まれるなど、さまざまなメリットがありました。そのような場所を僕らは求めています。

日本にJFA夢フィールドができるとしたら、そこにはいろいろなスペシャリストを配置してほしいです。質の高いトレーニングをするためには、良質な食事や睡眠も必要です。そこにフィジカル、メンタルなどのスペシャリストを置くことによって効率良くさまざまな勉強ができると思います。僕自身、まだ勉強しながら成長している段階なので、もっと若い世代の代表がキャンプをしたときに、そこにスペシャリストがいてくれることで得るものは大きいはず。若い世代に与える影響はより大きいと思うので、選手の可能性を伸ばしていけるような施設になることを期待しています。

岩渕 真奈 選手
2011・2015 FIFA女子ワールドカップ なでしこジャパン(日本女子代表)メンバー/INAC神戸レオネッサ

多くのなでしこリーグのチームが人工芝のピッチでトレーニングをしているので、天然芝の良質なピッチでトレーニングができること自体、私達にとっては非常に貴重で、嬉しいことです。
環境だけがすべてではありませんが、活動拠点ができることによって、より一層サッカーに専念できる環境が生まれると思います。

私はドイツのバイエルン・ミュンヘンに所属していたことがありますが、男子のクラブハウスには、天然芝のピッチ、人工芝のピッチに加えてジムはもちろん、体育館、プール、そして選手(トップの選手だけでなく育成選手も)が食事を出来るレストラン、カフェ、若い選手の為の寮、そして何かあった時にすぐに対応できる病院など、サッカーをする上でこれ以上の環境はないだろうという場所でした。

新たに活動拠点ができるのは非常に楽しみです。トレーニングに使える充実したジム、綺麗なピッチ、そしてトレーニング後の疲れた身体を癒すスパや、気分転換に使えるラウンジなど、体も心も、オン・オフの切り替えができるような環境があったらいいなと思います。

※所属・肩書は2018年12月現在

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー