JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA夢フィールド JFA夢フィールドとは
JFA夢フィールド ここで、日本のサッカーは強くなる。。 JFA夢フィールド

日本サッカーを
強くする一大拠点として。

選手、指導者、スタッフが一体となった連携体制が構築できれば、チームは大きく変わる――。
JFA夢フィールドは、JFAが提唱する「選手育成・代表強化・指導者養成の三位一体+普及」の核となる拠点で、男女各カテゴリーの代表スタッフ、指導者や審判員のインストラクター、また、メディカルやフィジカル、テクニカルの専門スタッフが日々活動を共にする中で課題を共有し、それを解決していくトレーニングの場となります。
ここに日本サッカーの機能のすべてを集中させ、サッカー強化のノウハウや知見を集積し、情報発信することで日本サッカーは強くなると確信しています。

JFAの活動

JFAは、「JFA2005年宣言」で“2050年までにサッカーファミリーを1,000万人にし、FIFAワールドカップを日本で開催してその大会で優勝する”ことを掲げています。カテゴリーや世代、男女などの枠を超えた、一貫した育成指導を通じて、日本サッカーの継続的な強化と普及を図っています。

  • 男女各世代代表チームの
    トレーニング
    男女各世代代表チームのトレーニング
    トップレベルにある選手たちが、最高の環境でトレーニングをしてこそ、さらに強くなれる。ユースからトップの日本代表チームまで各世代の男女代表選手が、トレーニングや強化合宿を行って成果を上げることが、この施設の最大の目的です。
  • 世界を見据えた
    強化策の推進
    指導者、審判などの育成や普及
    「世界基準」の強化策の下、選手育成や指導者・審判員の養成に取り組む場となります。 「世界基準」といっても強豪国の模倣ではありません。日本サッカーの弱点を強化させつつ、「技術力」「俊敏性」「組織力」「ひたむきさ」「フェアネス」といった優位性を生かしたサッカーを確立すること。それを“Japan’s Way”と称して育成年代からトップにまで浸透させ、日本らしいサッカーで世界に打って出ます。
  • サッカーを通じた
    社会貢献・国際交流
    海外代表チームとのトレーニング試合
    サッカーファミリーをはじめ、地域の人々が集い、交流できる場として機能させるとともに、人々の健康や子どもたちの健全な心身の成長に寄与するべく、JFAが有するノウハウを用いたプログラム等も実施します。
    また、海外代表チームのトレーニング合宿や海外のクラブ・協会等の視察団などにも提供し、各国のサッカーファミリーとの相互協力や交流を図っていきます。

その他の活動

  • JFA以外のサッカーでの利用
    JFAの事業や活動がない期間は、千葉県サッカー協会が開催する試合や地域サッカー振興のための活動に積極的に活用することを想定しています。JFAはグラスルーツ(草の根)のスポーツを大切にし、だれもが、サッカーをすることを楽しめる環境を提供することで、地域の人々にとってサッカーの存在がより身近になることを目指しています。
    JFA以外のサッカーでの利用
  • 日本のスポーツの発展に寄与
    JFA夢フィールドは、サッカー以外のスポーツ活動や障がい者スポーツのトレーニング、スポーツイベントの開催などにも利用されます。目指しているのは、多くの人々に体を動かす楽しみやその効果を伝え、スポーツに親しんでもらえる環境を広げること。スポーツが生活に溶け込み、文化として育まれていくことで、より豊かで活力ある社会の実現を目指します。
    他競技やサッカー以外での利用

JFA夢フィールド ロゴ

「夢」の文字は、「DREAM~夢があるから強くなる~」のDREAMと対をなす筆文字としました。 デザインは、スポーツにも造詣が深いアートディレクターの浅葉克己氏によるものです。

JFA夢フィールド 施設名称・寄付募集概要記者発表動画

JFA夢フィールド 設計動画

主な設置施設

主な設置施設

  • 1人工芝ピッチ
    [ 2面 ]
    アンダーカテゴリー代表のトレーニングや選手育成活動、各種講習会で使用します。また、地域のサッカー活動やイベント等にも開放します。
    ※人工芝ピッチ2面のうち1面については、公益社団法人千葉県サッカー協会が「千葉県フットボールセンター」として整備します。
    4アリーナ
    フットサル代表の活動や雨の日の室内トレーニング等で使用します。また、室内競技のほか、障がい者サッカーの各種目や障がい者スポーツなど、さまざまな競技やイベントなど多目的な使用にも対応します。
  • 2天然芝ピッチA 
    3天然芝ピッチB
    天然芝ピッチは、主にSAMURAI BLUE(日本代表)やなでしこジャパン(日本女子代表)をはじめとする各カテゴリーの日本代表が使用します。
    天然芝ピッチBは通常ピッチの約1.2倍の広さを備えています。少しずつピッチの配置を変えて使用することで芝の傷みを減らし、常にベストなコンディションを保つことができます。
    5クラブハウス
    選手用のロッカーやバスルーム、メディカルルームに加え、トレーニングジム、代表チームの会見や各種講習会を行うカンファレンスルームなどを備えています。

    平面図はこちら(PDFファイル)

アクセス・現況航空写真

整備事業内容

事業名称 JFA夢フィールド建設計画
計画地 千葉県千葉市美浜区美浜1-1 幕張海浜公園内
敷地面積 123,518.27㎡
主な施設 クラブ ハウス棟 フットサルアリーナ棟 天然芝 芝・外構管理棟 人工芝
Aピッチ Bピッチ Cピッチ Dピッチ
建築面積 2,886.69㎡ 1713.84㎡ - - 392.04㎡ - -
延べ床面積 4,319.13㎡ 1581.78㎡ 12,514.74㎡
(120m×82m)
15,476.35㎡
(140m×80m)
392.04㎡ 10,035.77㎡
(113m×80m)
10,035.77㎡
(113m×80m)
階数 地上2階
/地下なし
地上1階
/地下なし
- - 地上1階
/地下なし
- -
着工(予定) 2018年10月
竣工(予定) 2019年12月
コンストラクション
マネジメント
(株)山下PMC・(株)オオバCM共同体
設計監理 (株)三菱地所設計・戸田建設(株)一級建築士事務所設計共同体 東亜道路工業(株)
芝:積水樹脂(株)
照明:(株)ソディックLED
施工 戸田建設(株)千葉支店
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー