btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表 15日(土)の初戦に向けてトレーニングを実施【第21回国際ユースサッカー in 新潟】

ニュース

U-17日本代表 15日(土)の初戦に向けてトレーニングを実施【第21回国際ユースサッカー in 新潟】

2017年07月15日

U-17日本代表 15日(土)の初戦に向けてトレーニングを実施【第21回国際ユースサッカー in 新潟】

第21回国際ユースサッカー in 新潟に参加している「00ジャパン」ことU-17日本代表は13日(木)、トレーニングマッチを実施した翌日も限られた時間を効率的に使うべく2部トレーニングを実施しました。

午前中のトレーニングでは、3対1、4対4+1フリーマン+2サーバー、1対1、6対5+GK、8対7+GKを実施しました。トレーニングマッチの修正点をチーム内で共有し、相手が引いてきた場合どのように崩すかなど、プレーやパスの質にこだわり、連携面を深めていきます。
トレーニング後は、そのまま会場近くの新発田市立東豊小学校を訪問。自治体のご協力の下、6年生の授業に参加しました。体育館で素敵な歓迎を受けると、選手への質問タイム、パス交換などで子どもたちと仲良くなると、最後はミニゲームを実施しました。最初は和やかなムードでしたが、徐々に白熱した展開になり、大いに盛り上がりました。多くの子どもたちに元気を貰い、選手たちも大会に向けて励みになりました。

同日午後のトレーニングは、競争式の11対11のミニゲームで雰囲気を盛り上げると、3対2+GK、5対4+GK、8対8+GKとより実戦を意識して、U-17日本代表が心掛けている攻守の切り替えやパスの質、最後まで体を張ることなど、原点を常に忘れないトレーニングを繰り返し行いました。

大会前日となる14日(金)は、試合に備えてチームを2つに分けてセットプレーゲームを実戦的に行いました。高さを活かしたプレー、意表を突くプレーなど、選手たちはコミュニケーションを活発に、集中して取り組みます。トレーニングマッチを含めて、充実した4日間のトレーニングは終了しました。

夜には、新潟市内で大会のオフィシャルレセプションが盛大に開催され、いよいよ本日15日(土)、第21回国際ユースサッカー in 新潟が開幕します。U-17日本代表は、初戦でU-17クロアチア代表と対戦します。

選手コメント

DF #17 橋本柊哉 選手(市立船橋高)
先月U-16インターナショナルドリームカップ2017でU-16日本代表に初選出され、今回U-17日本代表に初めて招集されて嬉しく思います。U-17日本代表は、今まで感じたことがないくらいレベルが高く、これまでのトレーニングでも、必死に喰らいついてきました。その中でも、トレーニングマッチでは、自分の良さを出しつつ、周りと連携して勝利に貢献することができて良かったです。まだまだアピールが足りないので、明日からの実戦で自分の良さをさらに出していきたいです。この大会では、挑戦する気持ちを忘れずに戦っていきたいと思います。FIFA U-17ワールドカップインド2017のメンバーを本気で目指したいですし、明日からの試合が非常に楽しみです。昨日参加した新発田市立東豊小学校との交流は、非常に子どもたちに元気を貰い、大変有意義な時間でした。

MF #6 桝谷岳良 選手(川崎フロンターレU-18)
U-17日本代表ギニア遠征に続いて招集されて大変嬉しく思います。初日のトレーニングでは、初めて一緒にプレーする選手も多く、雰囲気も堅かったですが、昨日のトレーニングマッチ含めコミュニケーションを取っていく中で、徐々にお互いの特徴を理解し、良いプレーが増えていると思います。トレーニングマッチでは、前半はなかなか相手を崩すことができていませんでしたが、後半は多く連携が積み重なり、ボールが回り、良い攻撃をして多く点が取れたので良かったです。明日から始まる本大会もチーム全員で勝利を掴めるように頑張りたいです。今回の大会では、U-17メキシコ代表やU-17クロアチア代表など強豪チームと対戦ができるので、自分の技術やメンタルがどこまで通用するのか知るため、チャレンジを恐れずプレーしていきたいです。また、U-17日本代表で生き残っていくために、一戦一戦を大事にしていきたいです。

MF #8 奥野耕平 選手(ガンバ大阪ユース)
初日のトレーニングでは、前線の選手とあまりイメージが共有できませんでしたが、日を重ねるごとに裏への動き出しが見えてきたり、縦パスのタイミングがあってきてU-17北信越選抜とのトレーニングマッチ後半では、とても良いイメージを共有できたと思います。本日のトレーニングでは、相手が後ろで固めてきた時にもっと一人一人の動き出しと連動性が必要だと強く思いました。もっとお互いの動きを観察して、攻撃をさらに質の良いものにしていきたいです。この大会では、FIFA U-17ワールドカップインド2017まで数少ないアピールチャンスなので、自分の特徴を出すことと、得点に絡むプレーを多くしたいです。日本のプライドと誇りを持って、全勝して優勝します。新発田市立東豊小学校との交流は、非常に楽しく、子どもたちから多くの元気を貰いました。

スケジュール

7月11日(火) PM トレーニング
7月12日(水) AM
7-1
トレーニング
練習試合 vs U-17北信越選抜
7月13日(木) AM/PM トレーニング
7月14日(金) AM/PM トレーニング
第21回国際ユースサッカー in 新潟
 7月15日(土) 16:30  vs U-17クロアチア代表(五十公野公園陸上競技場)
 7月16日(日) 16:30  vs U-17メキシコ代表(五十公野公園陸上競技場)
 7月17日(月・祝) 15:50  vs U-17新潟県選抜(デンカビッグスワンスタジアム)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP