btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、非公開で戦術練習

ニュース

SAMURAI BLUE、非公開で戦術練習

2016年03月23日

SAMURAI BLUE、非公開で戦術練習

SAMURAI BLUE(日本代表)は3月22日(火)、FIFAワールドカップアジア2次予選のアフガニスタン戦を2日後に控えて、埼玉スタジアム2002で冒頭15分のみをメディアに公開し、その後は戦術練習に取り組みました。

所属クラブの試合の都合で合流が遅れていたFW本田圭佑選手(ACミラン)、MF香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)、GK川島永嗣選手(ダンディー・ユナイテッド)、FWハーフナー・マイク選手(ADOデンハーグ)も参加。この日の朝到着した本田選手と香川選手、川島選手は別メニューでの調整ながら、前夜帰国したハーフナー選手はチームメイトとともに練習冒頭のランニングから加わり、元気な姿を見せていました。

その後、報道陣に非公開とした練習では戦術の確認を行い、主に攻撃のビルドアップなどに取り組みました。

代表チームの活動は昨年11月のアジア2次予選カンボジア戦以来です。本田選手は、「久しぶりなので、選手間でお互いの考えなどを共有したい」と話しています。

今年に入って先発に定着している所属クラブとは異なる役割が代表チームでは求められていますが、本田選手は「楽しい。自分にとって挑戦であり、新しい発見があるかもしれない」と話し、「パスを貰う位置や出す場所など全てが細かく変わってくる。今日明日ぐらいで整理したい」と、意気込みを口にしました。

最終予選へは各グループ首位チームと、2位のなかから上位4チームの計12チームが進出できます。

日本はアフガニスタン、シリアとの対戦を残し、現在5勝1分け無敗の勝ち点16でグループEの首位をキープ。突破の目安となる2位以内を確定しています。一方、6試合を終えて2勝4敗で勝ち点6のアフガニスタンの突破の可能性はありません。

昨年9月の前回の対戦は、同国の国内情勢を考慮してイランの首都テヘランで行われ、日本が香川真司選手とFW岡崎慎司選手がそれぞれ2得点するなどで6-0の勝利を収めました。

香川選手は、「今年は最終予選も入ってくるし、ワールドカップに向けて厳しい戦いになってくると思う。そういう戦いを見据えて、この2試合をしっかりと勝ちきらないといけない」と語りました。

日本は24日(木)のアフガニスタン戦に続いて、29日(火)にアジア2次予選最終戦でシリアと、いずれも埼玉スタジアム2002で対戦します。

選手コメント

MF 香川真司 選手(ボルシア・ドルトムント)
監督からは攻撃のところで、もっとゴールにつながるものが必要だと言われていますし、チームに経験値をもたらしてほしいということもよく言われます。責任感は常々ありますし、ピッチで仕事をして結果を残していかなくてはいけないのは間違いありません。そのために足りないことがあることは自分自身も感じています。まずはチームが勝つことですが、その上で自分自身がどれだけこのチームにもたらせるか、もっと努力して取り組んでいきたいと思っています。

FW 本田圭佑 選手(ACミラン)
個人としては準備では相手にとらわれずに、どういった状況でも、自分が自分のやりたいことにどれだけ近づけるかに重きを置いてやってきました。日本代表戦は大事な試合ですし、この2試合でも手応えを感じられるように挑んでいきます。引いた相手に対しては、いかにスペースを見つけて自分たちのチャンスを1つでも多く作り出せるかです。特に前半の相手がフレッシュな時にどれだけチャンスを作れるかは、前回の試合の課題でもあります。少し臨機応変さを持って、監督が要求していることと現場で感じていることをうまく調整して、相手に脅威を与えたいと考えています。

GK 東口順昭 選手(ガンバ大阪)
代表チームに呼ばれたら毎回、どの試合にも出られるつもりで準備しています。自分の仕事をしっかりできるように、練習から注意力を持って取り組んでいます。今回、FIFAワールドカップ予選なので、まずはチームの勝利です。クロスボールやセットプレーには積極的にチャレンジしていきたいです。GKという特性上、1回のミスが致命傷になることがありますし、日本代表というところは信頼を得たからといって試合にずっと出られるわけではありません。毎回毎回がチャレンジですし、その積み重ねだと思っています。

MF 原口元気 選手(ヘルタ・ベルリン)
クラブと代表は違うので、完全に頭を切り替えて良い準備をしないといけません。まずは自分に求められていることをやることが第一です。サッカーは一人でやるわけではないので、ピッチに立つ11人で同じような絵を描きたいですし、いま取り組んでいるのはそういうサッカーなので、自分のことは二の次に考えて、チームがどれだけスムースに行くかを考えています。

DF 槙野智章 選手(浦和レッズ)
自分のポジションにライバルがいることで、常に危機感を持ってやっていることは成長につながります。違うポジションの選手と話をしたり、プレーできることも、個人としてレベルアップできる良いチャンスです。でも、貰うばかりでなく、与えられる存在にならないといけないと考えています。盛り上げもそうですが、自分にしかできないことはたくさんあります。国内合宿の時にも監督から厳しい言葉をたくさん貰いました。続けることで、進化した自分を見せたいと思っています。

JFA-TV

  • 香川真司 選手(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)インタビュー

  • 本田圭佑 選手(ACミラン/イタリア)インタビュー

  • 原口元気 選手(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)インタビュー

スケジュール

3月21日(月) PM トレーニング
3月22日(火) PM トレーニング
3月23日(水) tbc 公式記者会見
公式練習
3月24日(木) 19:30 2018FIFA ワールドカップロシア アジア 2 次予選
兼 AFC アジアカップ UAE2019 予選

VS  アフガニスタン代表(埼玉スタジアム2002)
大会情報はこちら
3月25日(金) AM トレーニング
3月26日(土) PM トレーニング
3月27日(日) PM トレーニング
3月28日(月) tbc 公式記者会見
公式練習
3月29日(火) 19:30 2018FIFA ワールドカップロシア アジア 2 次予選
兼 AFC アジアカップ UAE2019 予選

VS  シリア代表(埼玉スタジアム2002)
大会情報はこちら

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

2018FIFA ワールドカップロシア アジア2 次予選兼AFC アジアカップUAE2019 予選

SAMURAI BLUE(日本代表) 対 アフガニスタン代表
2016年3月24日(木) 19:30 キックオフ(予定)
埼玉/埼玉スタジアム2002
大会情報はこちら
サッカー日本代表戦パブリックビューイング in シンガポール

SAMURAI BLUE(日本代表) 対 シリア代表
2016年3月29日(火) 19:30 キックオフ(予定)
埼玉/埼玉スタジアム2002
大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

Official Partner

Official Supplier

Supporting Companies

JFA.jp SITEMAP