btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-20日本女子代表候補 鳳凰高校とのトレーニングマッチで勝利を収める

ニュース

U-20日本女子代表候補 鳳凰高校とのトレーニングマッチで勝利を収める

2016年02月25日

U-20日本女子代表候補 鳳凰高校とのトレーニングマッチで勝利を収める

2日目(2/23)

U-20日本女子代表候補のトレーニングキャンプ2日目は強雨の中、ポゼッションのトレーニングからスタート。その後1対1、数的優位な状況での3対2など、攻撃をテーマに、1時間半ほどトレーニングを行いました。

午後は室内練習場にて体幹や筋力のトレーニングを行い、世界の強豪国と当たり負けしない体づくりに励みました。グラウンドに移り、紅白戦(20分×2本)を行ってこの日のトレーニングを終え、翌日行われるトレーニングマッチに向けて準備をしました。

選手コメント

塩越柚歩 選手(浦和レッズレディース)
今回、初めてU-20日本女子代表候補のメンバーに選ばれ、不安も緊張もたくさんありましたが、昨日、今日の練習もとても楽しくプレーすることが出来ました。チーム全体のレベルがすごく高く、この中でプレーできていることを嬉しく思うと共に、とても良い刺激を受けています。この合宿では、特にプレーの精度にこだわっています。明日のトレーニングマッチでは、昨日のトレーニングマッチでの課題や反省点を改善し、トレーニングで学んだことを活かして勝ちたいです。個人としても積極的にプレーをし、多くのことを得られるようにしたいです。

松原志歩 選手(セレッソ大阪堺レディース)
今日の午前中は1対1などの対人トレーニングをしました。その時に相手へのプレッシャーをもっと強くすることやシュートを打たせない距離まで寄せることなど課題が多く出ました。午後は、フィジカルトレーニングで多くのトレーニング方法を教えてもらいました。これから戦っていく上で、もっともっとパワーアップしなければいけないと思うので、チームに帰ってからもトレーニングを続けていきたいです。明日の試合では、今日のトレーニングで出た課題を少しでも修正できるように頑張りたいです。

3日目(2/24)

トレーニングマッチ vs 鳳凰高校(男子)
2016年2月24日(水) キックオフ時間 14:45 試合時間 30分×3本
指宿いわさきホテル(鹿児島県指宿市)

U-20日本女子代表 2-1(1本目0-1、2本目2-0、3本目0-0)鳳凰高校(男子)

得点
13分 失点(鳳凰高校)
35分 白木星(U-20日本女子代表)
41分 籾木結花(U-20日本女子代表)

スターティングメンバー
GK:平尾知佳
DF:清水梨紗、吉田凪沙、市瀬菜々、島村友妃子
MF:隅田凜、大久保舞、林穂之香、籾木結花、塩越柚歩
FW:白木星

2本目
GK:松本真未子
DF:小島美玖、土光真代、南萌華、松原志歩
MF:三浦成美、杉田妃和、西田明華、長谷川唯、鳥海由佳
FW:河野朱里

3本目
GK:浅野菜摘
DF:小島美玖、土光真代、南萌華、松原志歩
MF:三浦成美、杉田妃和、西田明華、長谷川唯、鳥海由佳
FW:河野朱里

マッチレポート

24日は、鳳凰高校(男子)とトレーニングマッチ(30分×3本)を実施。立ち上がりから前線の高い位置から相手にプレッシャーをかけてボールを奪い、自分たちのペースで試合を進めます。13分、MF隅田凜選手から右サイドのMF林穂之香選手に大きく展開。林選手のスルーパスにFW白木星選手が反応しますが、惜しくも合いません。15分、相手陣内でパスミスを拾われてボールを奪われると、裏に抜けだした相手選手がシュート、先制点を許します。同点に追いつきたいU-20日本女子代表候補は、攻撃に厚みをかけます。スローインからMF大久保舞選手、MF塩越柚歩選手と繋ぎ、最後はFW籾木結花選手が体を反転させシュートを打つも、GKに阻まれます。

35分、相手のスローインを奪った籾木選手のパスをゴール前で受けた白木選手がシュート、同点に追いつきます。続く41分、コーナキックの流れから1度はボールを失うも、林選手が自陣でボールを奪い、白木選手に繋いで最後は籾木選手がゴール左上にループシュート。これが決まり、2-1とリードします。

メンバー全員が交代して臨んだ3本目は追加点を奪おうと左サイドを中心に攻撃の起点を作りますが、ゴールに結びつかず。2-1で試合を終了しました。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
鹿児島情報高校戦の反省から、連動した守備とラインコントロールのタイミングを課題に鳳凰高校戦に臨みました。チーム全体としてボール状況を見ながら、各選手がポジションを取ることをチャレンジし、良い守備から攻撃の形を作ることが出来ました。試合は2-1で勝利することはできましたが、ゴール前のプレーの質、動き、パスやシュートの精度に課題が残りました。決定力を高めるため、今後もチームの課題として取り組んでいきたいです。

南萌華 選手(浦和レッズレディースユース)
22日のトレーニングマッチで出た課題である前線からの全体の守備の連動やディフェンスのラインコントロールは意識しながらできたと思います。しかし、その中でも細かい守備の連動の部分やファーストディフェンダーの決めが悪い時があったので、細かいところももっと意識して全体で良くしていきたいです。明日で今回のトレーニングキャンプは最終日ですが、良い状態で終えられるように集中して最後までやりきりたいです。

白木星 選手(浦和レッズレディース)
午前中行ったトレーニングの効果が出て、シュートのインパクトやゴール前での意識が前回のトレーニングマッチより高まりました。個人としては、守備の追い方や動き出しのタイミングや質をもっとあげなくてはいけないと思いました。チームとして日を重ねていくうちにそれぞれのプレーがわかってきて、声かけや連携運動ができるようになったので、とても有意義なトレーニングキャンプとなりました。最後1日残っているので、次のトレーニングキャンプにも選ばれるようにアピールし続けたいと思います。

スケジュール

2月21日(日) PM トレーニング
2月22日(月) AM/PM トレーニング
2月23日(火) AM/PM トレーニング
2月24日(水) AM/PM トレーニング
2月25日(木) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

関連情報
アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP