JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > ドイツサッカー連盟とパートナーシップ協定を再締結

ニュース

ドイツサッカー連盟とパートナーシップ協定を再締結

2015年06月06日

ドイツサッカー連盟とパートナーシップ協定を再締結

公益財団法人 日本サッカー協会(JFA)は6月5日、ドイツサッカー連盟とパートナーシップ協定を再締結いたしました。同連盟とは、2011年6月にパートナーシップを締結、その後2013年7月に再締結をしていますが、今回協定内容、実施事項を拡大し、再度の締結の運びとなりました。今回の協定締結により、今後さらに両協会の関係強化、両国のサッカーの発展・成功のため、積極的に相互協力を図っていきます。

JFAはこれまで、ドイツサッカー連盟の他、フランスサッカー連盟、スペインサッカー連盟、シンガポールサッカー協会、 タジキスタンサッカー連盟、アラブ首長国連邦サッカー協会 ヨルダンサッカー協会、ベトナムサッカー連盟、イランサッカー連盟、インドサッカー連盟(締結順)の10の連盟・協会とパートナーシップ協定を締結しています。
協定の概要は下記の通りです。

調印日

2015年6月5日(金)

調印場所

ドイツ・ベルリン

協定内容

両国の協会、クラブ、サッカーアカデミー、及び認められたサッカー組織の間で、以下の分野で相互利益を有する経験
および情報の交換を促進する。
・指導者養成
・代表チームのマネジメント
・ユース育成
・グラスルーツ
・アドミニストレ-ション
・キャンプ、交流試合(各カテゴリー代表チーム)
・マーケティング&コンサルティング

期間

2015年6月5日(調印日・契約発効日)より2年間

調印式出席者

ドイツサッカー連盟
会長 ヴォルフガング・ニールスバッハ
ジェネラルセクレタリー ヘルムート・サンドロック

日本サッカー協会
会長 大仁邦彌
副会長 田嶋幸三

アーカイブ
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー