btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > 東福岡が連勝で3位浮上 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST

ニュース

東福岡が連勝で3位浮上 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST

2015年05月11日

東福岡が連勝で3位浮上 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST

ピックアップマッチ

京都橘高校 0-1(前半0-0、後半0-1) 東福岡高校

高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第6節を5月10日(日)に開催し、京都橘高校(京都)と東福岡高校(福岡)が対戦しました。

高体連同士の意地がぶつかった一戦で先手を打ったのは京都橘。7分に山中啓生選手が最初のシュートを放つなど、序盤から果敢な仕掛けでチャンスをつくりましたが、一点が奪えません。対する東福岡もテンポの良いパス回しでピッチを広く使い、好機をうかがいますが、「これまでの試合で一番良かった。全員での守備意識が徹底できていた」(小川礼太選手)という京都橘の守備を前にシュートを打たせてもらえません。

両者、試合を動かせないまま突入した後半は、徐々に東福岡ペースに。後半途中から餅山大輝選手、藤川虎太朗選手が入ったことにより、サイド攻撃が活性化しました。65分には右サイド高い位置からでのスローインから小田逸稀選手がゴール前にグラウンダーのクロスを供給。後方から走り込んだ藤川選手が頭で押し込み、均衡を崩しました。この後、京都橘は「失点してから守備が乱れてしまった」と小川選手が振り返るように何度かピンチを招くも、追加点は与えません。75分には自陣からの縦パスを受けた田中悠太郎選手がスルーパス。坂東諒選手が走り込んでゴールを目指しましたが、東福岡の脇野敦至選手がこれを防ぎます。終了間際の90分には、後方からのロングボールがDFラインの裏に入り、東福岡にビッグチャンスが到来。抜け出した餅山選手がGKとの1対1をダイレクトで狙いましたが、シュートは枠を捕らえることができません。両者、最後まで攻撃の姿勢を貫いた一戦は、1-0で東福岡が勝利しました。

監督・選手コメント

米澤一成 監督(京都橘高校)
上々の出来だった前半から一転、後半は相手に押される時間が増えました。ペースを変えるのは難しいと思ったので、良い形でボールを奪ったとき、速攻でチャンスにつなげようと考えていました。自陣で守る時間が長かった分、攻撃に出たとき、(ゴール前での)パワーが足りなくなってしまい、シュートまで持ち込めない物足りなさを感じましたが、選手たちは次の対戦で勝点を奪うだけの可能性を見せた試合でした。

小川礼太 選手(京都橘高校)
今日は岩崎悠人選手など主力の多くをケガで欠いた試合。頼ることが多かった選手がいない分、自分がしっかりゴールを守らなければという意識が強く、体を張ることができたと思います。ただ、得点すべきところで決めることができず、課題であるクロスへの対応から失点を許したことで0-1というスコアに終わりました。結果としては勝点を逃した試合となりましたが、内容は悪くなかったので、次節以降につなげたいと思います。

森重潤也 監督(東福岡高校)
前半は勝負に対する気持ちが、相手の方が勝っていました。また、ゴール前に持ち込みながらもシュートが少なく、勇気を持って挑む姿勢が足りなかったと思います。後半は点を取って勝てたので、ある程度は評価できる内容でした。今日は相手の得点源である岩崎悠人選手が出場停止でおらず、われわれにとってはチャンスでした。どうしても勝ちたい試合だったので、目標を達成できて良かったです。まだ課題もありますが、選手から気持ちの変化が見えるなど収穫も得ました。

毎熊晟矢 選手(東福岡高校)
前半は相手の激しい守備に苦戦し、シュートに持ち込むことができませんでした。後半はチャンスをつくれるようになり、僕もシュートを打ったのですが、決められなかったことが悔やまれます。2節以降は無敗と、結果だけを見れば充実していると思われるかもしれませんが、ミスが多く、内容は改善の余地があります。プレミアリーグは先輩たちのおかげで立てる舞台。僕たちの代も後輩に受け継ぐために残留しなければなりません。1戦1戦、しっかり戦います。

その他の試合結果

ヴィッセル神戸 8-4(前半5-0、後半3-4) 名古屋グランパスU18
大分トリニータU-18 2-3(前半0-2、後半2-1) ガンバ大阪ユース
履正社高校 1-2(前半1-0、後半0-2) 京都サンガF.C. U-18
セレッソ大阪U-18 5-0(前半2-0、後半3-0) サンフレッチェ広島F.Cユース

名古屋グランパスU18(愛知)をホームに迎えたヴィッセル神戸U-18(兵庫)は、11分に生まれた山本彩斗選手の得点を皮切りに8ゴールを記録。対する名古屋も後半に攻撃の姿勢を見せて、8-4というスコアで試合を終えました。大分トリニータU-18(大分)とガンバ大阪ユース(大阪)の一戦は髙木彰人選手の2得点でG大阪が勝利。履正社高校(大阪)に先制点を許した京都サンガF.C. U-18(京都)は、後半に沼大希選手が2得点をマークし、逆転勝利を挙げています。前節、初黒星を喫したセレッソ大阪U-18(大阪)はサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)との対決を5-0で制し、連敗を回避。開幕からキープしている首位の座を今節も守りました。

アーカイブ
NEWS メニュー

協賛

  • 株式会社ナイキジャパン
  • 日本マイクロソフト株式会社

協力

  • 株式会社モルテン

JFA.jp SITEMAP