btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > 無敗の鹿島が首位をキープ 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST

ニュース

無敗の鹿島が首位をキープ 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST

2015年05月07日

無敗の鹿島が首位をキープ 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST

ピックアップマッチ

鹿島アントラーズユース 2-1(前半0-0、後半2-1) JFAアカデミー福島

高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第5節がゴールデンウイーク最終日の5月6日(火・祝)に開催され、鹿島アントラーズユース(茨城)はJFAアカデミー福島(静岡)と対戦しました。

開幕から3勝1分けと無敗で首位を走る鹿島に対し、アカデミー福島は未勝利と苦戦中。首位の座を守りたい鹿島とリーグ1勝目を狙うアカデミー福島の意地が、立ち上がりから激しくぶつかり合いました。

鹿島は序盤、CB町田浩樹選手とボランチの千葉健太選手を起点に、前線の垣田裕暉選手にボールを集めます。これに対し、アカデミー福島は上野瑶介選手と下口稚葉選手の両CBが垣田選手をケアし、攻撃へとつないでいきます。アカデミー福島は右サイドの延祐太選手、トップ下の山原怜音選手が攻撃の担い手となり、カウンターから好機をうかがいますが、4試合で1失点の鉄壁を誇る鹿島守備陣を崩し切ることができません。

スコアレスで迎えた後半も前半同様、両チームの守備陣が奮闘を続ける中、ゴール前での攻防が徐々に激しくなります。アカデミー福島は60分、谷口憧斗選手のクロスに延選手がボレーシュートで合わせるものの、これは鹿島のGK沖悠哉選手のセーブに阻まれます。対する鹿島は、こう着した状態を打破しようと熊谷浩二監督が動きます。70分に松浦航洋選手に代えて西本卓申選手を、78分には中盤の田中稔也選手に代えてFW色摩雄貴選手を投入。「前線に変化を加えたかった」という熊谷監督の采配は、すぐに実を結びます。

85分、左サイドを突破した色摩選手のクロスに垣田選手が頭で合わせ、先制点を奪います。待望の1点を挙げて波に乗る鹿島は90+1分にも色摩選手が左サイドを攻略し、垣田選手の2点目をアシスト。試合終了間際にアカデミー福島に1点を許しましたが、試合は2-1でタイムアップ。鹿島が首位の座をがっちりキープしました。

一方、今回の敗戦で5連敗となったアカデミー福島は、「これまでで一番良い試合だった」と眞中幹夫監督が振り返ったとおり、首位チーム相手に善戦。次節以降につながる試合となりました。

監督・選手コメント

熊谷浩二 監督(鹿島アントラーズユース)
選手たちはコンディションがあまり良くない中、最後まで戦ってくれました。このチームは昨年よりタフに戦うことをテーマに掲げているので、苦しい中、どれだけ質を発揮できるかが、今後の成長につながると思います。今日は途中から出場した選手たちがよく働きましたし、垣田選手もゴールで成長した姿を見せてくれました。すぐに次の試合がありますが、これまでどおり、しっかりとトレーニングして勝利に近づきたいです。

垣田裕暉 選手(鹿島アントラーズユース)
失点しないことを心がけていれば、いつかは点が取れると思っていました。ゴールシーンは相手が色摩選手に引きつけられていたので、自分はファーサイドに回り、あとはクロスが来ることを信じていました。今年、自分は先発出場を続けていることもあって、90分を通して落ち着いてプレーできるようになったと思います。今後も前線のターゲット役としてもっと体を張ってボールをキープして、攻撃を引き出したいと思います。

西本卓申 選手(鹿島アントラーズユース)
難しい流れの中で途中出場し、最初は少し苦労しましたが、とにかくペースを変えることだけを意識していました。(同じく途中出場の)色摩選手はスピードがあって縦に勝負するタイプなので、僕はできる限りDFを引きつけようと思いました。また、前線の垣田選手にマークが集まっていたので、クロスが入ったときは僕がニアサイドでつぶれて、垣田選手がフリーになるよう工夫しました。自分が入ってから2点が入り、素直にうれしいです。

眞中幹夫 監督(JFAアカデミー福島)
鹿島は一瞬の隙も見逃してくれません。選手たちもそれを意識して、試合開始から緊張感を持ってプレーしたけれど、最後の4分間だけ隙が生まれましたね。われわれは1試合で複数得点を挙げることができないので、我慢強く戦い、決めるべき場面でゴールすることが求められます。ここまで未勝利ですが、第1節に比べたらチームは成長していますし、いま取り組んでいることを続けて、チャレンジしていきたいと思います。

その他の試合結果

大宮アルディージャユース 3-0(前半1-0、後半2-0)清水エスパルスユース
流通経済大学付属柏高校 2-0(前半0-0、後半2-0) 柏レイソルU-18
コンサドーレ札幌U-18 1-0(前半0-0、後半1-0) 青森山田高校
FC東京U-18 1-1(前半0-1、後半1-0) 市立船橋高校

大宮アルディージャユース(埼玉)は川田拳登選手のゴールをはじめ3得点で清水エスパルスユース(静岡)を完封。3位に浮上しています。流通経済大学付属柏高校と柏レイソルU-18による柏勢対決は、後半に2ゴールを挙げた流経大柏に軍配。流経大柏は3連敗の後、2連勝と巻き返しています。青森山田高校(青森)をホームに迎えたコンサドーレ札幌U-18(北海道)は、エース菅大輝選手の決勝点で今季初勝利。一方、開幕から3連勝と好調を維持していた青森山田は、前節に続いて黒星を喫しました。2位の市立船橋高校(千葉)は1点リードで迎えた77分、FC東京U-18(東京)の佐藤亮選手に同点弾を許し、3連勝はならず。それでも鹿島や大宮と同様、無敗を続けています。

アーカイブ
NEWS メニュー

協賛

  • 株式会社ナイキジャパン
  • 日本マイクロソフト株式会社

協力

  • 株式会社モルテン

JFA.jp SITEMAP