btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表 インドネシア遠征 第2戦 vs U-15インドネシア代表 マッチレポート

ニュース

U-15日本代表 インドネシア遠征 第2戦 vs U-15インドネシア代表 マッチレポート

2015年04月18日

 U-15日本代表 インドネシア遠征 第2戦 vs U-15インドネシア代表 マッチレポート

U-15日本代表 vs U-15インドネシア代表
2015年4月17日(金)   キックオフ 8:30    試合時間90分(45分ハーフ)
JJSSentul(インドネシア/ボゴール)

U-15日本代表   3-0(前半2-0、後半1-0)  U-15インドネシア代表

得点
23分 福岡慎平(U-15日本代表)
41分 菅原由勢(U-15日本代表)
80分 宮代大聖(U-15日本代表)

スターティングメンバー
GK:谷晃生
DF:作田龍太郎、工藤蒼生、菅原由勢、瀬古歩夢
MF:成瀬竣平、喜田陽、鈴木冬一、福岡慎平
FW:山谷侑士、棚橋尭士

サブメンバー
GK:青木心
DF:篠塚愛樹、新井秀明
MF:金子和樹、井本寛次、久保建英
FW:宮代大聖

交代
HT 谷晃生 → 青木心
HT 山谷侑士 → 宮代大聖
56分 棚橋尭士 → 久保建英
77分 工藤蒼生 → 新井秀明
89分 福岡慎平 → 金子和樹

マッチレポート

U-15インドネシア代表と再び親善試合を行いました。

一昨日に敗戦したリベンジを狙う日本は、守備面では昨日練習した1対1の激しさで圧倒し、予測からのインターセプトがいたる所で決まります。また攻撃面でも常にFW棚橋尭士選手やFW山谷侑士選手が裏を狙うことで、DFやMF陣からのロングパスが何本も通って多くの決定機が訪れます。そして23分、CKがこぼれたところをMF福岡慎平選手が狙いすましたロングシュートを決め先制点をあげます。さらに41分絶好の位置でMF菅原由勢選手が直接FKを蹴りこみ追加点を上げ、前半を終了します。

ハーフタイムには森山佳朗監督から「闘う気持ちをもっと見せてみろ」と檄を飛ばされた日本は後半も積極的なプレスでインドネシアを追い込んでいきます。インドネシアも選手を交代し、若干間延びした日本を相手に何度かシュートチャンスを掴みますが決めきれません。流れを取り戻したい日本はMF鈴木冬一選手の決定的なシュートやMF久保建英選手のPKは惜しくも外れましたが、80分ロングパスに抜けだしたFW宮代大聖選手がDFを振り切り1対1を冷静に決め3点目をあげます。

最後まで集中した日本はそのまま3-0で逃げ切り、海外遠征初勝利をあげました。

選手コメント

森山佳郎 監督
一昨日の試合は闘う気持ちが感じられず、まるで日本で試合をしているようなプレーに終始し、球際の攻防などかなり不満が残る結果でしたが、本日は全く異なる試合内容と結果になり満足しています。
試合前、選手には「負けた相手にもう1度負けることはありえないし、このまま帰えれない。どのようにボールを奪うか考えて、何より闘う気持ちを全面に出して圧倒すること。スタートポジションや、予測からのインターセプトなど練習で学んだことを全力で出すこと」と檄を飛ばしました。選手はピッチコンディションにも慣れて、チームの狙いを理解して高いレベルで実践してくれたと思います。明日は年上のチームと40分のゲームを3本実施するので、今日出場できなかった選手には発奮を期待したいです。良いプレーをした後の雑なパスなど課題はありますが、最後まで大胆に今日のようなプレーをして欲しいと思います。

青木心 選手(JFAアカデミー福島U15)
U-15インドネシア代表にリベンジできて良かったです。初戦はDFラインが下がりすぎたまま修正できず失点してしまったので、今日は積極的にDFへ指示してラインをできる限り高く保っていました。またCKやFKの際のポジションの確認など昨日練習したことを実践しました。何度か危険な場面もありましたが、無失点で終了できたことは自信になります。明日は最終戦なので強豪チーム相手に皆で気持ちを切り替えて勝利で終わりたいと思います。

喜田陽 選手(セレッソ大阪U-15)
一昨日の敗戦がとても悔しく、今日は勝つ気持ちを全面に出して試合に臨みました。ボランチとしてボールを奪い、かつ効果的なパスをFWやMFに供給することが求められていたので、まだまだ課題はありますが、実践できて良かったです。明日の試合ももちろんですが、日本に帰ってもピッチコンディションが悪い状況でも普段通りプレーできる技術を身に付けていきたいです。

福岡慎平 選手(京都サンガF.C.U-15)
初招集でしたので、結果を求められていた中でゴールという結果を出せたことは良かったです。積極的にプレスしてボールを奪い、素早くFWにボールを届ける場面がかなり作れたので自信になりました。チームの雰囲気も勝利してとても良いので、明日の最終戦も怪我の選手を含め皆でチーム力を高めて、個人としても得点を重ね、勝利に貢献したいと思います。

スケジュール

4月14日(火) AM/PM トレーニング(JJC Sentul Ground) 
4月15日(水) 1-2 練習試合 vs U-15インドネシア代表(JJC Sentul Ground) 
4月16日(木) AM/PM トレーニング(JJC Sentul Ground)
4月17日(金) 3-0  練習試合 vs U-15インドネシア代表(JJC Sentul Ground)
4月18日(土) 未定  練習試合 vs U-18インドネシアクラブチーム(未定)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

今後の予定

6/1~7 韓国遠征 
7/20~30 海外遠征 
8/25~29 トレーニングキャンプ(国内) 
9/3~11 トレーニングキャンプ 
9/12~20 AFC U-16選手権2016予選 
関連情報
アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP