JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > FC東京U-15深川が優勝! 高円宮杯 第26回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会

ニュース

FC東京U-15深川が優勝! 高円宮杯 第26回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会

2014年12月28日

FC東京U-15深川が優勝! 高円宮杯 第26回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会

高円宮杯 第26回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会は12月27日(土)、味の素フィールド西が丘で決勝を開催し、ヴィッセル神戸U-15(関西2)との接戦を制したFC東京U-15深川(関東2)が6年ぶり2度目の優勝を飾りました。

決勝

ヴィッセル神戸U-15(関西2) 1-3(前半1-1、後半0-0、延長前半0-0、延長後半0-2) FC東京U-15深川(関東2)

U-15年代日本一を決する決勝は、ここまで無失点で勝ち上がってきた神戸と大会最多の10得点を挙げたFC東京による対決となりました。主導権を握ろうと序盤から両チームが仕掛ける中、10分が経過するとFC東京がCKから立て続けにチャンスをつくり、その後も右サイドを起点とした攻撃で攻め込みます。しかし神戸も集中した守備で対応すると、21分に決定機が訪れます。カウンターから右サイドを駆け上がった前川智敬選手がクロスボールを上げると、左サイドへ流れたボールを上田寛選手が再び中央へと折り返します。そして走り込んだ今岡陽太選手が頭で押し込み、神戸が先制しました。

しかし、今大会で初めて先制を許したFC東京も慌てずに攻勢を強めていきます。32分にペナルティーエリア内へ侵入すると、混戦からPKを獲得。これを品田愛斗選手が確実に決め、FC東京が同点に追い付きました。一進一退の試合はそのまま後半へと移り、徐々にFC東京が押し込むシーンが増えていきます。終盤には途中出場の片山京誠選手がチャンスをつくりますが、神戸も体を張った守備で耐え、試合は延長戦にもつれ込みました。

勝ち越しゴールを狙う両者は、延長戦でも攻撃の手を緩めません。気持ちと気持ちがぶつかり合う激しい試合は延長後半、最後の10分間の戦いに突入し、92分に試合が動きます。FC東京の長谷川大貴選手が右サイドを駆け上がってクロスボールを上げると、中央に詰めた吉田和拓選手がシュートをゴールに突き刺しました。後がなくなった神戸はその後、DFの水田和真選手と権勝星選手を投入。ゴール前へのロングボールで同点弾を狙います。しかし、FC東京は神戸が前掛かりになったところを見逃さず、99分には中央を抜け出した吉田選手がGKとの1対1を決めて勝負あり。最後まで目の離せない攻防を繰り広げた試合は3-1で決着し、FC東京がU-15年代における日本一の栄冠を手にしました。

なお、決勝を含め3試合連続でゴールを決め、通算5得点を挙げた神戸の今岡選手が得点王に輝き、フェアプレー賞はFC東京が受賞。12月20日(土)に戦いの火蓋が切られた今大会は、FC東京の2度目の制覇で幕を閉じました。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

奥原崇 監督(FC東京U-15深川)
大会の初戦から厳しいゲームを強いられましたが、毎試合、日替わりで調子が良い選手が出てくれ、本当に良くやってくれました。選手たちは精神的に未熟なところも多いですが、その中で彼らが1年生のときから深めてきた仲間とのコミュニケーションでカバーし合っていました。それも含めてこの3年間、小さいことから積み重ねてきて、今日の良いプレーも悪いプレーも、そうしたものがそのまま出ました。その積み重ねの1つの形として優勝できたことはうれしく思います。

品田愛斗 選手(FC東京U-15深川)
難しい試合ばかりでしたが、1年間、優勝を目指してきたので勝った瞬間は本当にうれしかったです。特に、このメンバーで戦う最後の試合ということで強い思いを持って臨んでいたので、この仲間と日本一になれたことが一番です。決勝は神戸もうまくて押し込まれる時間が多く、今大会で初めて先制されましたが、全員のプレーで取り返すことができました。延長戦の前の円陣で自分たちが3年間やってきたことを振り返り、監督から勇気付けられたことが勝利につながりました。

吉田和拓 選手(FC東京U-15深川)
3年間ずっと全国優勝を目指してきましたし、強い思いで臨んだので、優勝できて本当にうれしいです。正直、勝った瞬間は実感がありませんでしたが、サポーターの声援を聞いて優勝したことを実感しました。自分が決めた勝ち越しゴールは、苦しい時間帯でみんなが粘って、つないでくれたボールを合わせるだけでした。決勝で2得点できましたが、今大会は準決勝まで得点がなかったので、ここで取らないとチームに迷惑が掛かってしまうという思いで決めました。

今岡陽太 選手(ヴィッセル神戸U-15)
この1年間は守備の強さを出せていた一方で、得点が奪えないために攻撃が課題だと言われていましたが、今大会は全試合で得点でき、僕自身も得点王になれて攻撃の強さを見せることができました。その意味では大きな自信になったのですが、勝ちたかったです。先制できましたが、守備に自信があっただけに失点の場面は動揺もありましたし、決勝の舞台への緊張もあったと思います。我慢強く戦えていましたが、最後の最後に隙を見せ、相手に決められてしまいました。

JFA-TV

高円宮杯U-15 第26回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会

2014年12月20日(土)~2014年12月27日(土)
大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

オフィシャルパートナー

大会スポンサー

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー