JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > 首位・清水が市立船橋を迎える 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST

ニュース

首位・清水が市立船橋を迎える 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST

2014年07月10日

首位・清水が市立船橋を迎える 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST

高円宮杯U-18プレミアリーグは、7月13日(日)にEAST第8節を行います。

コンサドーレ札幌U-18(北海道)は、ホームに三菱養和SCユース(東京)を迎えます。札幌は流通経済大学付属柏高校(千葉)との前節に4-2の勝利を収め、今シーズン2勝目を記録。最下位から順位を2つ上げました。今節も本拠地のサポーターの前で勝利を狙います。対する三菱養和は前節、清水エスパルスユース(静岡)に2-4で敗れて守備面の課題を露呈しました。これまでのトータル14失点のうち12失点を後半に喫しているだけに、終盤の戦い方に注意を払いたいところです。

2連敗中の青森山田高校(青森)は、柏レイソルU-18(千葉)と対戦。第6節でJFAアカデミー福島(静岡)に2-3、前節は東京ヴェルディユース(東京)に1-2で敗れて最下位に甘んじています。黒田剛監督が「攻撃は形ができているけれど、守備面の課題が山積み」と危機感を募らせる通り、劣勢に陥ったときに、いかに耐えられるかが今節のポイントになりそうです。一方、現在リーグ2位につける柏は安定した戦いを続けています。5試合続けて失点しているものの、いずれも最少失点に抑えており、総失点数はリーグ最少の「5」。今節でも、ボールを保持して高い位置で試合を運ぶことで失点のリスクを減らし、勝利を狙います。

前節、札幌に苦杯をなめた流経大柏は、アカデミー福島戦で挽回を図ります。ここまで、全7試合のうち6試合で複数失点。清水や柏といった上位チームに勝利したかと思えば、下位相手に勝点を取りこぼすなど好不調の波があり、本田裕一郎監督は「今年のチームは(勢いに)乗せるのが難しい」と語ります。対戦相手のアカデミー福島は、中断期間明けから2戦無敗。主将の金城ジャスティン俊樹選手も「チームのモチベーションが上がっている」と手応えを感じており、勢いを保ったまま流経大柏と顔を合わせます。

現在、リーグ7位の鹿島アントラーズユース(茨城)は、同4位の東京Vとの一戦に臨みます。高校2年生が多い鹿島はここまでわずか1勝、引き分けの数もリーグ最多の4試合と、勝ち切ることの難しさを味わっています。中断期間中は「流れを読み、パワーを注ぐ場面を知ること」(熊谷浩二監督)に重点を置いて実戦や練習に取り組みました。アウェイで未勝利の東京Vをホームに迎える今節、勝点3を奪うことができるかに注目です。

[EAST第8節の注目試合]
清水エスパルスユース vs 市立船橋高校

清水は開幕から5戦5勝とスタートダッシュに成功。その後も攻撃陣が1試合平均3得点以上を叩き出すなど、好調を維持しています。第6節に初黒星を喫したものの、その翌節は今シーズン最多の4得点を挙げて快勝し、敗戦を引きずりませんでした。今回の一戦も得点ランクトップタイの大野椋馬選手、同5位の福井悠陽選手を中心に攻撃的なサッカーを仕掛けます。
一方の市立船橋は手堅い試合運びが光ります。朝岡隆蔵監督が「リーグを戦う中で選手とチームを育てていく」と話す通り、メンバー編成や戦術に手を加えながら勝点を伸ばしてきました。ベースはキャプテンの藤井拓選手を軸とした守備。第5節に流経大柏を完封し、前節は柏を1点に抑えるなど、攻撃を前面に押し出す相手にも一歩も引かず、勝点を奪っています。対照的な2チームによる一戦は、どのような展開になるでしょうか。


■清水エスパルスユース vs 市立船橋高校
日時:7月13日(日)14:00キックオフ
会場:清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP)
アクセス:JR東海道本線「清水駅」西口からジャストラインバス「J-STEP」下車

チーム紹介

高円宮杯U-18プレミアリーグに参加する全チームの普段の練習模様を取材し、掲載していきます。 今回は柏レイソルU-18、富山第一高校、東山高校を掲載。

 柏レイソルU-18 『 刺激的な環境で、たくましさを育むポゼッション集団 』

 富山第一高校 『 自主性を重んじ、互いに刺激し合うのが富一流 』

 東山高校 『“怖い”指揮官が慕われる理由』

前回までに紹介したチーム
 市立船橋高校 『 グラスポの日常に、強さの真髄を見る 』
 JFAアカデミー福島 『 環境に感謝しながら、サッカーに打ち込む日々 』
 ヴィッセル神戸U-18 『悩み、戦い、そして帰る憩の我が家へ』
 東京ヴェルディユース 『 ヴェルディをヴェルディたらしめる成長サイクル 』
 京都橘高校 『 京都橘を“大人”に変える大事な日常 』
 セレッソ大阪U-18 『 “走るセレッソ”が見据える、世界基準という未来 』

アーカイブ
NEWS メニュー

オフィシャルパートナー

大会スポンサー

  • プレミアリーグトップ
  • リーグ概要
  • チーム紹介
  • プレミアリーグベストゴール賞
  • EAST
  • 日程・結果
  • 順位表
  • 得点ランキング
  • JFA-TV
  • アクセス
  • WEST
  • 日程・結果
  • 順位表
  • 得点ランキング
  • JFA-TV
  • アクセス
  • JFAの理念

    サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
    人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

    JFAの理念・ビジョン・バリュー