JFA.jp

JFA.jp

EN

U-18日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-18 > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表、積雪のピッチでU-18シンガポール代表に勝利~AFC U-19選手権2018 予選グループI(11/4~8@モンゴル)

ニュース

U-18日本代表、積雪のピッチでU-18シンガポール代表に勝利~AFC U-19選手権2018 予選グループI(11/4~8@モンゴル)

2017年11月07日

U-18日本代表、積雪のピッチでU-18シンガポール代表に勝利~AFC U-19選手権2018 予選グループI(11/4~8@モンゴル)

AFC U-19選手権2018予選 第2戦 vs U-18シンガポール代表
2017年11月6日(月) キックオフ時間 12:00(現地時間) 試合時間 90分(45分×2)
Football Centre MFF(モンゴル/ウランバートル)

U-18日本代表 7-0(前半5-0、後半2-0)U-18シンガポール代表

得点
3分 伊藤洋輝(U-18日本代表)
23分 伊藤洋輝(U-18日本代表)
26分 中村勇太(U-18日本代表)
32分 郷家友太(U-18日本代表)
42分 田中陸(U-18日本代表)
78分 田川亨介(U-18日本代表)
82分 川村拓夢(U-18日本代表)

スターティングメンバー
GK:若原智哉
DF:石原広教、橋岡大樹、中村勇太、杉山弾斗
MF:堀研太、藤本寛也、伊藤洋輝、田中陸
FW:郷家友太、田川亨介

サブメンバー
GK:大迫敬介、猿田遥己
DF:川井歩、谷口栄斗、荻原拓也
MF:杉浦文哉、齊藤未月、川村拓夢
FW:安藤瑞季、原大智、安部裕葵

交代
64分 堀研太 → 川村拓夢
72分 郷家友太 → 安部裕葵
82分 田中陸 → 安藤瑞季

マッチレポート

AFC U-19選手権2018予選、グループI第2戦はU-18シンガポール代表との試合。この日の早朝から降り続いた雪で覆われたピッチで試合はキックオフしました。日本はピッチ状態を考慮し、シンプルに相手陣内の空いているスペースにボールを入れて攻撃を仕掛けにいきます。開始早々の3分、相手の左サイドで得たフリーキックから堀研太選手がゴール前にクロスボールを入れると、伊藤洋輝選手がヘディングシュートを決めて先制点を奪います。続く2点目は、コーナーキックで堀選手が再び絶妙なボールをゴール前に入れて伊藤選手が再度ヘディングシュートでゴールを決めます。直後の26分には2点目同様、コーナーキックからゴール前に入ったボールに中村勇太選手がヘディングで合わせて3点目。32分には郷家友太選手がドリブル突破を仕掛けるとファウルを受けてPKを獲得、これを自ら決め4点目を奪うと、42分には相手の左サイドを選手間のコンビネーションで突破し、最後は田中陸選手が冷静にシュートを決め、5-0で前半を終えます。

後半に入るとシンガポール代表がファウルを犯しながらも日本の攻撃を止めるようになり、なかなか追加点を奪うことができません。それでも日本は両サイドを起点にして攻め続けると、78分に相手陣内のペナルティエリア内でファウルを受けてPKを獲得し、これをFW田川亨介選手が落ち着いてゴールに沈め、6-0とします。試合を決定づける7点目は82分、相手の右サイドをパスワークで崩し、ゴール前にクロスボールが入ると田川選手が冷静なボールコントロールで走り込んできた川村拓夢選手にパスを送ると、川村選手がシュートを決め7-0。U-18日本代表はU-18シンガポール代表に完勝することができました。

U-18日本代表は8日(水)、第3戦でU-18タイ代表と対戦します。

選手コメント

DF #22 中村勇太 選手(鹿島アントラーズユース)
今日は雪の中での試合で、初めての経験になりました。試合前のアップから足場が不安定だったり上手くボールコントロールが出来ないと感じ、試合ではシンプルにプレーすることを意識しました。しかし、試合中シンプルにプレーすることはできても、クリアのボールがまた相手に渡ってしまうという事が何度かありました。そこでクリアのボールをパスにしたり、相手DFの背後に落とすボールを蹴るということが出来ればもっとチャンスが増えたと思います。今日はチーム全体でやることを合わせて声をかけあえてやれたのは良かったです。最後のタイ戦を勝って終われるように、いい準備をしたいと思います。

MF #7 伊藤洋輝 選手(ジュビロ磐田U-18)
まず、ニ連勝という結果を残せたことに喜びを感じています。雪が降り積もったピッチの中でシンプルにプレーすることを全員が意識的に行っていたこと、そして、セットプレーで得点を重ねることが出来たことが勝利に繋がった一番の要因だと思います。明後日はタイ代表とのゲームです。とにかく結果にこだわり、日本チームの良さ、個人の持ち味を存分に発揮して、予選突破を決めたいと思います。現地まで足を運んで応援してくださっている方、日本から応援してくださっている方、本当にありがとうございます。チーム全員で全力で戦います。

FW #9 田川亨介 選手(サガン鳥栖)
今日の試合は雪の中だったのでなかなか難しい試合でした。その中でも中盤でのセカンドボールへの反応だったり球際の強さのところでは、チーム内でやってきたことが生かされていたのではないかと思います。しかしまだまだ甘い部分があるので、そこは世界大会に向けてもっと向上させていかないといけないと感じました。ピッチコンディションの悪い中でも勝ちを得られたのは自信を持っていいと思うので、次の試合も頑張りたいと思います。

スケジュール

AFC U-19選手権2018 予選グループI
11月4日(土) 7-0 vs U-18モンゴル代表(Football Centre MFF)
11月5日(日) TBC トレーニング
11月6日(月) 7-0 vs U-18シンガポール代表(Football Centre MFF)
11月7日(火) TBC トレーニング
11月8日(水) 12:00 vs U-18タイ代表(Football Centre MFF)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

【AFC U-19選手権2018】
予選各グループの1位(10チーム)と、各グループの2位の中から成績上位の5チームと開催国を加えた16チームで、2018年 10月18日~11月4日に開催予定。

AFC U-19選手権2018 予選

大会期間:2017/10/31(火)~11/8(水)

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー