JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-18 > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表 スロバキアカップ2014 グループリーグ第2戦 ノルウェー代表戦試合結果

ニュース

U-18日本代表 スロバキアカップ2014 グループリーグ第2戦 ノルウェー代表戦試合結果

2014年04月30日

U-18日本代表 スロバキアカップ2014 グループリーグ第2戦 ノルウェー代表戦試合結果

スロバキアカップ2014 グループリーグ第2戦
2014年4月29日(火)11:00キックオフ 80分(40分ハーフ)
Dolne Vestenice(スロバキア)

日本代表 0-1(前半0-0、後半0-1) ノルウェー代表

得点
55分 Morten THORSBY(ノルウェー代表)

スターティングメンバー
GK:川島大輝
DF:石田崚真、茂木力也、三竿健斗、水谷拓磨
MF:坂井大将、井手口陽介、丸岡満、中野雅臣
FW:渡辺凌磨、杉森考起

サブメンバー
GK:吉丸絢梓
DF:松原后
MF:鈴木徳真、会津雄生、小川紘生
FW:大島康樹、中島賢星

交代
HT 杉森考起 → 会津雄生
HT 井手口陽介 → 鈴木徳真
HT 茂木力也 → 松原后
67分 渡辺凌磨 → 大島康樹

マッチレポート

スロバキアカップ2014第2戦の相手はノルウェー。
ノルウェーは第1戦でベルギーに2-0で勝利し、現在グループリーグ1位。 この試合に勝利すれば首位になる可能性のある日本は、前半からアグレッシブに攻撃を仕掛けます。
対するノルウェーは自陣でブロックを組み、日本のボールを奪ってカウンター攻撃を狙ってきます。 前半は日本がボールを支配し、優位にゲームをコントロールしますが、シュートまでの形が作れず無得点で終了。
後半に入ると、ノルウェーも前線からプレスをかけ始め、日本は自分たちのパスミスから良いリズムでボールを動かせなくなり、相手に攻めこまれてしまう場面を作ってしまいます。
すると55分、相手のコーナーキックで一度はボールをクリアするも、こぼれ球を再び左サイドに展開、ゴール前にクロスボールが入り相手選手にシュートを打たれて失点。 日本は耐えたかった時間帯でしたが得点を許してしまいます。
しかし、失点後すぐに日本もチャンスを作ります。後半から出場した会津選手が裏のスペースに抜け出しシュートを打つもこれは惜しくもゴールポストに当たり同点に追い付くことができません。
その後も日本がボールを支配し、相手陣内でプレーする時間が続きますがシュートを撃つことができず試合はこのまま終了。
2試合連続無得点という結果でノルウェーに敗れましたが、次のベルギー戦に勝利すれば他会場の結果次第でグループリーグ2位になる可能性も残しており、 3位決定戦の挑戦権を得るチャンスがあります。この2試合で出た課題をチーム全体で修正し、ベルギー戦に臨みます。

選手コメント

坂井大将 選手(大分トリニータU-18)
前半は自分達がボールを保持し日本のペースでサッカーができていましたが、後半は相手が前からプレスをかけてきて自分達のミスから危ない場面を作るシーンが多くなりました。この大会ではまだ無得点なので、ゴール前の精度を高められるよう練習から取り組んでいきたいと思います。

渡辺凌磨 選手(前橋育英高校)
今日の試合は自分自身でまた新しい課題を見つけられたと思います。ボールの受け方など細かい部分がてきていなかったので、もっと意識して取り組みたいです。あと2試合しかないので勝利にこだわって戦い、自分自身も成長していきたいです。

会津雄生 選手(柏レイソルU-18)
今日は0対0の後半立ち上がりから出場しました。昨日は出番がなかったこともあり、強い気持ちでのぞみました。失点した直後に狙い通りの抜け出しから、絶好のチャンスがありましたが、ポストに嫌われゴールを決めることができず、チームも敗れてしまいました。少ないチャンスでも決めるのがFWの仕事だと思うのでとても悔しいです。まだ試合があるので良い準備をし、次は結果を残せるように頑張ります。

松原后 選手(浜松開誠館高校)
昨日のロシア戦を引き分けたので、今日の試合は勝利したかったのですが、負けてしまい非常に悔しいです。自分自身もディフェンダーとして無失点に抑えなければいけなかったと思っています。ベルギー戦には絶対勝ち、順位を上げられるように頑張ります。

スケジュール

スロバキアカップ2014
4月28日(月) 0 - 0 対 ロシア代表 Trencianske Stankovc 
4月29日(火) 0 - 1 対 ノルウェー代表 Dolne Vestenice
5月1日(木)  11:00 対 ベルギー代表 Stara Tura
5月2日(金)     順位決定戦    
日本代表
アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー