JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-16 2018年 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表候補が千葉県東金市でのトレーニングキャンプを終了

ニュース

U-16日本代表候補が千葉県東金市でのトレーニングキャンプを終了

2018年07月05日

U-16日本代表候補が千葉県東金市でのトレーニングキャンプを終了

7月1日(日)より千葉県東金市にてトレーニングキャンプを開始したU-16日本代表候補は、7月4日(水)に流通経済大学1年生とのトレーニングマッチを最後に活動を締めくくりました。U-16日本代表は9月のAFC U-16選手権マレーシア2018に参加、勝ち抜くための強化の一環として今回のキャンプを実施しました。

7月3日(火)にはキャンプも3日目に入り、疲労の色も見えてきた選手たちですが、午前から内容の濃い練習に臨みました。常にゲームをイメージしてトレーニングする様に伝えられている選手たちは、身体とともに頭もしっかりと使いながらプレーしていました。練習の終わりには11対11の中で攻撃のイメージを共有できるように取り組みました。また、午後の練習でも同様のコンセプトで続ける中で、今度は守備の意識を高めていきました。

キャンプ最終日となる4日(水)には流通経済大学の1年生を相手にトレーニングマッチを実施しました。3学年上に当たる相手に対し、30分×4本の形で実施された試合では、最初から積極的な姿勢で臨むことが出来ました。開始1分に中盤でボールを受けたMF西川潤選手がロングシュート。キーパーの頭上を超えたボールがゴールに入り先制に成功。更に3分にはDF鈴木海音選手から出たロングパスにまたも西川選手が抜け出し冷静にゴールを奪います。しかし、11分にGK佐々木雅士選手にバックパスしたボールの返しを迷ってしまったところで奪われてしまい、相手にゴールを決められてしまいます。その後はボールを保持する時間は長いもののペースが作れません。50分には中盤でボールを奪われると中央を突破されて2対2の同点にされます。

メンバーを大きく入れ替えて臨んだ3本目になるとリズム良くボールを廻せるようになります。そして、64分にはコーナーキックからDF田中隼人選手が頭で合わせて3対2とします。その後も多くのチャンスを作り出すと、80分にはMF中野瑠馬選手が右サイドを抜け出すと中央にパス。このボールをFW吉田有志選手が流し込み4対2となります。4本目に入ってもU-16日本代表候補の選手たちがペースを掴みます。93分と103分に中野選手とMF近藤蔵波選手がそれぞれ決めて6対2で試合は終了しました。

試合後に選手たちは森山佳郎監督から「これからも所属チームで練習に取り組み、また成長した姿を見せてほしい」という言葉をかけられ今回のキャンプを終了しました。U-16日本代表は9月のAFC U-16選手権マレーシア2018に向けて、8月にはWAFF(西アジアサッカー連盟)の大会に参加するためヨルダン遠征を予定しています。

監督コメント

森山佳郎 監督
先月のインターナショナルドリームカップでパラグアイ・セネガル・スペインに対して悔しい敗戦を経験したU-16日本代表のメンバー10名と、ドリームカップに参加していないメンバー14名(計24名)が、所属チームの週末の活動を終えた1日(日)に集合し4日(水)に解散するというショートキャンプを千葉県東金市で行いました。ピッチや天候にも恵まれ、3日半の活動ですが、5回のトレーニングと1回の練習試合、6回のミーティングを行い、充実したキャンプとなりました。

最終日のトレーニングマッチでは流通経済大学1年生に対戦をお願いし、9月に行われるAFC U-16選手権マレーシア2018で対戦することになるであろうフィジカルが上回る相手に対するシミュレーションが出来ました。流通経済大学の選手とスタッフの皆様ありがとうございました。相手のスピードに振り切られ失点してしまうシーンもありましたが、粘り強くグループで対処し、攻撃ではサイドの突破から、コンビネーション、セットプレーなどから得点をあげることが出来ました。短いキャンプでしたが、前回のドリームカップを経験した選手が日常でそれぞれの課題に取り組んで、成長した姿を見せてくれたこと、新たな戦力を発掘できたこと、判断の共有が進んだことなど成果の多いショートキャンプとなりました。

今回のキャンプでは素晴らしい環境を準備して頂いたうえ、毎日のトレーニングでもたくさんの方々にサポートして頂いた東金市の皆様に心よりお礼を申し上げたいと思います。またリーグ戦を挟んだ平日に快く選手を派遣して頂いた所属クラブの皆様、学校の先生方保護者の皆様にも感謝申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

スケジュール

7月1日(日) PM トレーニング
7月2日(月) AM/PM トレーニング
7月3日(火) AM/PM トレーニング
7月4日(水) 10:30 トレーニングマッチ vs 流通経済大(1年)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

関連情報
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー