JFA.jp

JFA.jp

EN

U-16日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-16 2017年 > モンテギュー国際大会 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表 フランス遠征「モンテギュー国際大会」初戦白星スタート

ニュース

U-16日本代表 フランス遠征「モンテギュー国際大会」初戦白星スタート

2017年04月13日

U-16日本代表 フランス遠征「モンテギュー国際大会」初戦白星スタート

モンテギュー国際大会 第1戦 vs U-16ベルギー代表
2017年4月12日(水) キックオフ時間 18:30 現地時間80分(40分✕2)
Mouilleron Le Captif(フランス・モンテギュー)

U-16日本代表 2-0(前半2-0、後半0-0)U-16ベルギー代表

得点
13分 藤尾翔太(U-16日本代表)
38分 藤尾翔太(U-16日本代表)

スターティングメンバー
GK:山田大樹
DF:森璃太、狩野奏人、佐古真礼、塚元大
MF:西川潤、瀬畠義成、山本理仁、谷本駿介
FW:斉藤光毅、藤尾翔太

サブメンバー
GK:小久保玲央ブライアン
DF:本間洋平、木村誠二
MF:成瀬竣平、井上怜、岩本翔、川本梨誉
FW:ブラウンノア賢信、宮城天

交代
47分 西川潤 → 成瀬竣平
47分 山本理仁→ 岩本翔
69分 斉藤光毅 → ブラウンノア賢信
69分 藤尾翔太 → 川本梨誉
76分 森璃太 → 井上怜
76分 塚元大 → 本間洋平

マッチレポート

U-16日本代表は12日(水)、フランス遠征「モンテギュー国際大会」の初戦で強豪U-16ベルギー代表を相手に2‐0で勝利し、大会を白星でスタートしました。ベルギーは、FIFA U-17ワールドカップチリ2015で3位になるなど、育成年代の大会で優秀な結果を出している強豪チームです。

試合は、前日の試合でU-16アメリカ代表に敗戦したU-16ベルギー代表が序盤から果敢に攻めていきます。日本は落ち着いて対応し、連動した守備から何度も前線でボールを奪います。3分には、MF谷本駿介選手が体を張ってボールを奪い、スルーパスに抜け出したFW斉藤光毅選手がGKを交わしてゴールを奪ったかと思われましたが、オフサイドの判定で惜しくもノーゴールとなります。

8分には左サイドで相手FWにスピードで上手く入れ替わられると、素早いクロスを上げられピンチを迎えますが、GK山田大樹選手が辛うじて足で防ぎ、先制点を許しません。すると13分、斉藤選手が前線でボールを奪うと、相手DFの背後へ見事なスルーパスを送り、抜け出したFW藤尾翔太選手がGKを交わして冷静にゴールを決め、日本は待望の先制点を奪います。その後は一進一退の状況が続きますが、DF狩野奏人選手、DF佐古真礼選手を中心に守備陣が安定して相手の攻撃を跳ね返します。33分には斉藤選手のスルーパスに抜け出した谷本選手が相手GKと1対1になりますが、相手GKのファインセーブに防がれます。それでも攻め続ける日本は、中盤で上手くボールを繋ぎ右サイドにボールが渡ると、DF森璃太選手のクロスに藤尾選手がヘディングで合わせ、追加点を奪います。前半は2-0で終了します。

後半、2点を追うベルギーが反撃に出ます。前線の選手を次々に投入し、ロングボールなどを活用し前へ前へと攻めてきます。それでも日本は、守備陣が安定しDFラインを常にコンパクトに保ち、相手に決定機を作らせません。さらに1対1の球際でも、1人が抜かれても次の選手が次々にボールに向かい、中盤でボールを奪取する場面が何度も見られました。後半終盤、相手にCKやFKから何度かシュートを打たれますが、全員が最後まで集中して体を張り、試合はそのまま2-0で終了しました。

次戦は13日(木)、U-16アメリカ代表とグループリーグ1位を懸けて戦います。

選手コメント

DF #3 狩野奏人 選手(JFAアカデミー福島U18)
本日の試合は、無失点で勝利できたことが何より良かったです。しかし、相手の迫力のあるカウンターやロングボールの処理に問題があり、ピンチを何度も招いてしまったので、改善が必要だと感じます。欧州の選手は、縦への推進力があり、一瞬の弱気なプレーが致命的な失点に繋がることを改めて肌で感じました。一戦一戦をしっかり戦い、勝つことによってチャンスをものにしたいです。明日の試合では、今日以上に皆でハードワークして、必ず勝ちたいと思います。

MF #7 山本理仁 選手(東京ヴェルディユース)
本日の試合では、ベンチメンバー含め全員気持ちが入っていました。試合序盤から、チームの長所である連動した守備からチャンスを作り得点できたことは大きかったです。最後まで皆が集中力を保ち無失点で終えられたことは、明日の試合に繋げられると思います。まだまだシュートやスルーパスの質など足りない所は改善したいです。チームとしては絶対に優勝したいですし、まずは明日のU-16アメリカ代表戦にチーム一丸で勝って準決勝に進みたいです。

FW #10 藤尾翔太 選手(セレッソ大阪U-18)
本日の試合はウオーミングアップの時から雰囲気が良く、皆が強く勝ちたいと気持ちを入れた試合でした。早い時間帯から得点を奪うことができて、無失点で終われたことは、チームにとって自信になりました。初めて日本代表に招集されて緊張の一戦でしたが、2得点と結果を残せたことは良かったです。結果を残し続け、勝ち続けないといけない緊張がある環境で非常に良い刺激を受けています。普段戦うことができない欧州や北米のチームと試合ができて、とても学ぶことが多いので、結果を出してチームを優勝に導けたらと思います。

スケジュール

モンテギュー国際大会(Mondial Football Montaigu)
4月11日(火) PM トレーニング
4月12日(水) 2-0 vs U-16ベルギー代表(Mouilleron Le Captif)
4月13日(木) 18:30 vs U-16アメリカ代表(Mouilleron Le Captif)
4月14日(金) TBC トレーニング
4月15日(土) TBC 準決勝(TBC)
4月16日(日) TBC トレーニング
4月17日(月) TBC 決勝(TBC)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー