JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > FIFA U-20ワールドカップポーランド2019初戦に向け、コロンビアと最終調整!~FIFA U-20ワールドカップポーランド(5/23-6/15)~

ニュース

FIFA U-20ワールドカップポーランド2019初戦に向け、コロンビアと最終調整!~FIFA U-20ワールドカップポーランド(5/23-6/15)~

2019年05月18日

FIFA U-20ワールドカップポーランド2019初戦に向け、コロンビアと最終調整!~FIFA U-20ワールドカップポーランド(5/23-6/15)~

親善試合 vs. U-20コロンビア代表
2019年5月17日(金) キックオフ時間 16:00(現地時間) 試合時間 90分(45分×2本)
Sielanka Sports Center(ポーランド/ウォルカ)

U-20日本代表 1-2(前半1-0、後半0-2)U-20コロンビア代表

得点
7分 齊藤未月(U-20日本代表)
46分 失点(U-20コロンビア代表)
90+3分 失点(U-20コロンビア代表)

スターティングメンバー
GK:若原智哉
DF:菅原由勢、瀬古歩夢、小林友希、東俊希
MF:藤本寛也、伊藤洋輝、齊藤未月、斉藤光毅
FW:宮代大聖、田川亨介

サブメンバー
GK:茂木秀、鈴木彩艶
DF:鈴木冬一、三國ケネディエブス、喜田陽
MF:郷家友太、山田康太、熊澤和希、松本凪生
FW:中村敬斗、西川潤、原大智

交代 ※交代自由
25分 伊藤洋輝 → 郷家友太
HT 小林友希 → 喜田陽
HT 瀬古歩夢 → 三國ケネディエブス
HT 東俊希 → 鈴木冬一
HT 斉藤光毅 → 松本凪生
HT 齊藤未月 → 伊藤洋輝
HT 藤本寛也 → 山田康太
HT 田川亨介 → 原大智
HT 宮代大聖 → 中村敬斗
61分 若原智哉 → 茂木秀
61分 菅原由勢 → 熊澤和希
71分 郷家友太 → 斉藤光毅
76分 伊藤洋輝 → 小林友希

マッチレポート

FIFA U-20ワールドカップポーランドの開幕を目前に控えたU-20日本代表は、5月17日(金) 強豪U-20コロンビア代表と親善試合を実施し、1-2と惜敗しました。

コロンビアはグループAに入り、FIFA U-20ワールドカップポーランドに臨みます。日本は初戦にU-20エクアドル戦を控えており、絶好のシミュレーション試合となります。日本は試合序盤から相手と渡り合い、リズムを掴んでいきます。7分、最初のCKを得るとショートコーナーから一度はクリアされますが、MF斉藤光毅選手がボールを拾い右サイドへ送ると、ボールを受けたMF齊藤未月選手が豪快に右サイドネットに叩き込み幸先良く先制点を奪います。その後は、スイッチが入ったコロンビアがスピードと個人技を活かし両サイドからチャンスを作ります。「本番を意識した試合をしよう、耐える時は耐える」と臨んだ通り、日本は焦らず必死に相手の攻撃に耐えます。前半は1-0で終了します。

後半、大幅にメンバーを変更した日本に対し、相手は後半立ち上がり一気に仕掛けてきます。開始30秒、クリアボールを拾ったコロンビア選手にハーフェイラインからドリブルで仕掛けられると、1本のスルーパスを通されて失点を許します。日本は失点直後、ロングボールを前線へ送り込むと、FW原大智選手がヘディングですらし、FW中村敬斗選手が決定機を迎えますがシュートは枠を僅かに外れます。その後は、お互い攻めに転じますが、お互い体を張って必死に追加点を許さず耐えます。68分には、中村選手が右サイドに素早くサイド展開すると、斉藤光毅選手からDF喜田陽選手に繋ぎ、スルーパスを受けたMF熊澤和希選手が絶妙なクロスを上げますが、FW原大智選手は合わせきれず決定機を外します。78分には、スピードに乗った相手FWに抜け出されて1対1を迎え、GKまで交わされますが、DF陣が必死に戻り何とか耐えます。一進一退の試合展開の中、アディショナルタイム3分、日本はカウンター攻撃を受けると、GKとの1対1を作られて失点、試合はそのままタイムアップ。惜しくも1-2と惜敗しました。

ワールドカップ初戦のエクアドル戦に向けて十分すぎるシミュレーションを積んだ日本は、19日(日)に初戦の会場であるブィドゴシュチュに移動し、23日(木)にエクアドルとの初戦を迎えます。

選手コメント

GK #1 若原智哉 選手(京都サンガFC)
ポーランドに到着して、遠征先は食事も美味しく、練習場が宿舎と隣接しており、ピッチコンディションも素晴らしく、とても良い環境の中でサッカーできていて充実しています。AFCU-19選手権インドネシア2018の時は、自分のミスでの敗戦から多くのことを学び、そこから改善して、ここに辿り着きました。過去のことも活かすことで、自ずと結果にも繋がってくると思いますので、一つ一つ大事にプレーしていきたいです。まずは、グループステージ突破を目指して一戦一戦、チーム一丸となって戦っていきます。

DF #5 菅原由勢 選手(名古屋グランパス)
FIFA U-17ワールドカップインド2017から世界で借りを返したいと思ってこの大会のために頑張ってきたので、このFIFA U-20ワールドカップポーランドにかける思いは強いです。素晴らしい環境で直前キャンプができていると思います。試合では結果的に負けてしまったこともありますが、負けない闘いをすることも大切だと感じています。ゲームの流れを読み、感じてプレーすることでもっと勝利に近づけると思います。このチームで世界を驚かせたいですし、自分たちの力を証明したいです。チームとして戦った上で個人としての評価ができると思うので、まずはチームとして日本のために闘いたいと思います。

MF #8 藤本寛也 選手(東京ヴェルディ)
ポーランドでキャンプができて、充実した環境でトレーニングを重ね、今日U-20コロンビア代表と初戦のU-20エクアドル代表戦へのシミュレーション試合をしました。結果、このレベルと真剣勝負できて良かったですし、チームの課題やチームの目指すべき方向性を改めて確認できました。ワールドカップでは結果が大事になってくるので、まずはグループリーグ突破のために3試合の戦い方が重要になってきます。グループリーグ突破に貢献できるように、最大限の良い準備をしていきたいと思います。

FW #13 宮代大聖 選手(川崎フロンターレ)
U-17日本代表にて参加したFIFA U-17ワールドカップインド2017を経験し、そこから次のステップとして目標にしていたFIFA U-20ワールドカップポーランドに参加できるメンバーに選ばれて素直に嬉しいです。今日の親善試合に関しては、初戦のU-20エクアドル代表戦を想定しての試合でしたが、やはり世界のレベルを体感する試合でしたし、南米の球際の強さ、スピード感というのを初戦の前に体感できたことはとてもポジティブに捉えています。今日の試合でも課題が見つかったので、あと残り少ない期間で、突きつめていきたいと思います。まずは、個人としてゴールという結果にこだわってやっていきたいですし、チームとしては前回大会よりもよりいい成績を残せるように団結して頑張ります。

トレーニングパートナー 熊澤和希 選手(流通経済大学)
トレーニングパートナーという立場ですが、U-20日本代表FIFA U-20ワールドカップポーランドの遠征に参加できて素直に嬉しいです。大変良い機会を貰って、とても嬉しかったです。本日のU-20コロンビア代表との試合は、相手のレベルが非常に高く、一つ一つの技術が本当に高かったです。スピードの緩急の付け方、こちらが取れないところにボールを置いてくる技術は勉強になりました。1対1での守備の部分では完全に負けてしまいました。この遠征では、チームをサポートすることに徹したいですが、色んなことを自分の中に吸収して成長したいです。もっとレベルアップして、所属チームでも活躍したいです。

スケジュール

5月12日(日) 16:00 トレーニング(稲毛海浜公園スポーツ施設球技場)※一般公開
5月13日(月) 5-0 トレーニングマッチ vs. 流通経済大
(稲毛海浜公園スポーツ施設球技場)※一般公開
5月15日(水) AM/PM トレーニング
5月16日(木) AM/PM トレーニング
5月17日(金) 1-2 親善試合 vs. U-20コロンビア代表
5月19日(日) AM トレーニング
5月20日(月) PM トレーニング
5月21日(火) PM トレーニング
5月22日(水) PM 公式会見・トレーニング
FIFA U-20ワールドカップポーランド2019
5月23日(木) 20:30 グループステージ第1戦 vs. U-20エクアドル代表
(Bydgoszcz Stadium/Bydgoszcz)
5月24日(金) AM トレーニング
5月25日(土) PM トレーニング
5月26日(日) 15:30 グループステージ第2戦 vs. U-20メキシコ代表
(Gdynia Stadium/Gdynia)
5月27日(月) PM トレーニング
5月28日(火) PM トレーニング
5月29日(水) 18:00 グループステージ第3戦 vs. U-20イタリア代表
(Bydgoszcz Stadium/Bydgoszcz)
6月2(日)、3(月)、4(火) TBC Round of 16
6月7(金) or 6月8(土) TBC 準々決勝
6月11日(火) 17:30/20:30 準決勝
6月14日(金) 20:30 3位決定戦
6月15日(土) 18:00 決勝

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

FIFA U-20 ワールドカップポーランド2019

大会期間:2019/5/23(木)~2019/6/15(土)

グループステージ:
2019/5/24(金) 03:30キックオフ(日本時間)
vs エクアドル代表

2019/5/26(日) 22:30キックオフ(日本時間)
vs メキシコ代表

2019/5/30(木) 01:00キックオフ(日本時間)
vs イタリア代表

TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー