JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > 日本人学校生徒の熱いエールにパワーをもらう ~FIFA女子ワールドカップフランス2019

ニュース

日本人学校生徒の熱いエールにパワーをもらう ~FIFA女子ワールドカップフランス2019

2019年06月05日

日本人学校生徒の熱いエールにパワーをもらう ~FIFA女子ワールドカップフランス2019

FIFA女子ワールドカップフランス2019の初戦を10日(月)に控えたなでしこジャパンは開催地のパリで2日目を迎えました。高倉麻子監督はリフレッシュのためにこの日のトレーニングをキャンセル、1日オフとなりました。

朝食後に行われた国際サッカー連盟(FIFA)によるウェルカムイベントに参加した後、パリ日本人学校の生徒との交流会のために練習を予定していた会場に移動しました。200名を超える生徒が4台のバスで来場し、なでしこジャパンの選手たちと写真を撮るなど交流を図りました。学校を代表して挨拶してくれた女子生徒のスピーチと、男子生徒2名のリードによるエールに、選手・スタッフ一同感謝感激した時間となりました。選手たちは小中学生時代の自分の姿を面前の生徒に重ね、日の丸を背負う現在の責任ある立場に決意を新たにしていました。

夕食後のミーティングでは、2日(日)のスペイン戦を編集した映像を使って振り返りました。高倉監督は、守備の意識の高さに一定の評価を示した反面、攻撃面では改善の余地があることを話しました。

FIFA女子ワールドカップフランスは7日(金)に開幕し、日本は10日(月)に初戦のアルゼンチン戦を迎えます。

選手コメント

GK #21 平尾知佳 選手(アルビレックス新潟レディース)
日本人学校の生徒との交流で女子の生徒がスピーチをしてくれましたが、感動しました。彼女が純粋にサッカーを愛してることが分かりましたし、その言葉を聞いて頑張らないといけないと思いました。応援やメッセージをもらうとプレッシャーに感じてしまうタイプですが、今日は純粋にスっと自分の中に入ってきて、力に変わりました。トレーニングはオフでしたが、代表活動で1日オフはあまりないので、リフレッシュできました。体のケアにも集中できましたし、心身ともにリフレッシュできた1日でした。

FW #8 岩渕真奈 選手(INAC神戸レオネッサ)
子どもたちが本当に可愛かったです。自分が同じような年齢の時、サッカーはやっていましたが、代表選手に会う機会はありませんでした。全校をあげてエールを送ってもらうなど、あれだけ応援してもらえると頑張らないとと思います。いい成績を残し、かっこいいなと思ってもらえることによって、近づいてきてくれる人が増えると思うので、モチベーションになります。

スケジュール

なでしこジャパン(日本女子代表)のスケジュールはこちら

FIFA女子ワールドカップフランス 2019

大会期間:2019年6月7日(金)~2019年7月7日(日)

グループステージ:
2019/6/11(火) 01:00キックオフ(日本時間)
vs アルゼンチン代表

2019/6/14(金) 22:00キックオフ(日本時間)
vs スコットランド代表

2019/6/20(木) 04:00キックオフ(日本時間)
vs イングランド代表

TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー