JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > 流経大柏がリーグ折返しの一戦で無敗の鹿島を撃破 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第9節

ニュース

流経大柏がリーグ折返しの一戦で無敗の鹿島を撃破 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第9節

2018年07月17日

流経大柏がリーグ折返しの一戦で無敗の鹿島を撃破 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第9節

ピックアップマッチ

流通経済大学付属柏高校 1-0(前半1-0、後半0-0)鹿島アントラーズユース

高円宮杯U-18プレミアリーグEASTは7月14日(土)から16日(月・祝)にかけて第9節を開催し、3位の流通経済大学付属柏高校(千葉県)は無敗で首位を走る鹿島アントラーズユース(茨城県)をホームで迎え撃ちました。

前節、ジュビロ磐田U-18(静岡県)に0-4と大敗を喫していた流経大柏ですが、本田裕一郎監督は「今節の相手はまだ今季のリーグ戦で一度も負けていない、本当に強い鹿島が相手。選手たちに『俺は強い相手を倒すほうが好きだ。そっちのほうが面白いだろ?』という話をした」と笑顔で語ります。その上で、「チーム全体として高い位置から連動したプレスをかけ、インテンシティの高いゲームをしていく」という狙いを練習から改めて徹底しつつ、首位チームに挑みました。

球際の強さ、運動量の多さには定評のある両チームの対戦だけに、酷暑の中のゲームにもかかわらず、序盤から厳しい競り合いが連続する激しいゲームとなりました。そんなゲームが「お互いにストロングとしている部分」(鹿島・熊谷浩二監督)であるセットプレーで動いたのは必然だったのかもしれません。19分、流経大柏が右サイドで得たFKから上げたハイクロスにDF 須永竜生選手(#3)が頭で見事に合わせると、これが先制点となりました。

その後もロングボールからの猛然と攻撃を仕掛け合う流れの中で、球際の戦いが連続する試合展開に。その強さで首位をキープしてきた鹿島でしたが、この試合では「首位が相手で燃えていましたし、うちは絶対にそこ(球際)では負けたくないチーム」(北島直樹選手/FW #8)である流経大柏も互角以上に渡り合います。鹿島も「苦しい流れの中でもよく攻めに出て行ってくれました」と熊谷監督が評する奮戦ぶりを見せましたが、流経大柏のGK 猪瀬康介選手(#25)の好守にも阻まれてゴールならず。1-0のスコアのまま試合は終了となり、流経大柏が首位・鹿島に初めて土をつけました。

これでプレミアリーグEASTは前半戦の日程を終え、いったん中断期間に入ります。後半戦は8月25日(土)、26日(日)から開始される予定です。

監督・選手コメント

本田裕一郎 監督(流通経済大学付属柏高校)
相手の鹿島は今季のリーグ戦で断トツの成績を残しているチームです。本当に強いチームだなと思っていました。そういう相手と試合をするのは面白いですよね(笑)。選手たちにもそういう話をしてきました。前節はプレスに行くときに選手間の距離が開いてしまっているせいで連動が弱く、インテンシティが上がりませんでした。その点を練習から改善してきた成果が出た試合だったと思います。

FW #8 北島直樹 選手(流通経済大学付属柏高校)
首位チームを相手にしても全員で何も怖がることなく戦うことができていたと思います。今日は前からプレスに行くところを求められていました。裏への抜け出しや足元の技術のところが自分の長所だと思いますが、元々メンタルが弱かったので、いまは体を張って戦うところを大事にしています。1年生のころに比べると、戦えるようにはなってきたと思います。

熊谷浩二 監督(鹿島アントラーズユース)
元々プレミアリーグの戦いは全部がどっちに転がってもおかしくない試合ばかりです。今日は負けましたが、もともと出来過ぎの結果だったところもありますし、そういうものだと思っています。もちろん、(首位で折り返しという)結果が出たのは選手たちが努力してきた成果ですし、よくやっていると思います。ただ、今日の失点もそうですし、勝てなかった部分について「これでOK」ということはありません。一回きちっとしておきたいと思います。

MF #10 前田泰良 選手(鹿島アントラーズユース)
難しい試合になること自体は予想していましたが、試合の進め方もそうですし、入り方の部分も良くなかったと思います。セットプレーでやられてしまったのも良くありませんでした。個人的にも何もできなかったですし、全体としても良い出来ではなかったと思います。今季は6連勝でスタートダッシュできましたが、出来過ぎのところもありました。次の大会、そして後半戦に向けて厳しくやっていきたいと思います。

その他の試合結果

FC東京U-18 1-6(前半1-3、後半0-3)柏レイソルU-18
浦和レッドダイヤモンズユース 1-0(前半0-0、後半1-0)ジュビロ磐田U-18
富山第一高校 1-0(前半1-0、後半0-0)清水エスパルスユース
青森山田高校 6-2(前半2-1、後半4-1)市立船橋高校

FC東京U-18(東京都)とのアウェイゲームに臨んだ柏レイソルU-18(千葉県)は、5分のDF 藤本隼斗選手(#22)のゴールを皮切りに大量6得点を奪い、勝点3を手にしました。試合終盤までスコアレスで推移した浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉県)とジュビロ磐田U-18(静岡県)の一戦は、87分のオウンゴールが決勝点となり、浦和が勝利しています。清水エスパルスユース(静岡県)をホームに迎えた富山第一高校(富山県)は、37分のMF 高木俊希選手(#17)を守り抜き、1-0で今シーズン初勝利を収めました。市立船橋高校(千葉県)と対戦した青森山田高校(青森県)は、19分にMF 檀崎竜孔選手(#10)のゴールで先制すると、その後も得点を重ね、6-2で勝利。首位の鹿島との勝点差を5に縮めました。

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

EAST 第10節
2018年8月25日(土)
16:00 清水エスパルスユース vs 流通経済大学付属柏高校(清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP))

2018年8月26日(日)
11:00 富山第一高校 vs 市立船橋高校(富山第一高校グラウンド)
11:00 青森山田高校 vs FC東京U-18(青森山田高校グラウンド)
16:00 ジュビロ磐田U-18 vs 柏レイソルU-18(磐田スポーツ交流の里ゆめりあ)

未定 鹿島アントラーズユース vs 浦和レッドダイヤモンズユース

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー