btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 > プレミアリーグ > 最新ニュース一覧 > 攻撃陣の復調が上位進出の鍵となる横浜FM ~高円宮杯U-18プレミアリーグEAST~

ニュース

攻撃陣の復調が上位進出の鍵となる横浜FM ~高円宮杯U-18プレミアリーグEAST~

2017年04月21日

攻撃陣の復調が上位進出の鍵となる横浜FM ~高円宮杯U-18プレミアリーグEAST~

Jリーグで数々のタイトルを獲得してきた横浜F・マリノスの育成組織は1986年に創設されました。30年もの長きにわたる歴史を誇ります。その中で、今シーズンはトップチームに12人、Jリーグ全体では60人を超える育成出身者が選手登録されている日本でも有数の育成型クラブでもあります。

そんな伝統を持つ横浜F・マリノスユース(神奈川)は昨シーズン、プレミアリーグEAST参入1年目でありながら10チーム中5位で、1位の青森山田高校(青森)との勝点差は6。昇格初年度からその力を見せつけました。

今季から指揮を振るうマリノス一筋の西谷冬樹監督は「トップチームと一貫性がある」指導で選手の育成にあたります。その中で名門・マリノスらしい堅い守備や攻撃的なスタイルを継承していきます。

プレミアリーグ2年目の開幕戦は大宮アルディージャユース(埼玉)と1-1、第2節も柏レイソルU-18(千葉)とスコアレスドロー。2試合連続の引き分けに「そう簡単に勝たせてくれない」と西谷監督もあらためてプレミアリーグの厳しさを実感しています。

新チームになってからまずは守備のテコ入れに着手した西谷監督は、「2戦を終えて、成長は見られる」と一定の評価を示しています。守備が安定したことで、攻撃への波及効果が期待されます。

ここまでの2戦では開幕戦の山田康太選手(MF #10)の1点にとどまっており、指揮官も「点が取れていないのでフィニッシュも含めて練習が必要」と得点力不足を課題に挙げています。しかし、攻撃面は「一人一人に個性があり、局面を打開できる選手が多いので、オフェンスでは他のチームに負けない」(山田選手)と自信を持つチームの強み。きっかけがあれば一気にブレイクする可能性を秘めています。

攻守の要は山田選手を中心に、左足の強烈なキックが武器の堀研太選手(MF #7)や2年生ドリブラーの椿直起選手(MF #24)ら個性的なアタッカー陣が脇を固めます。この3選手はすでにユース(第2種)所属選手として、トップチームに登録されています。トップチームの選手との練習で得られる刺激は計り知れません。また、怪我で出遅れている2年生のU-17日本代表棚橋尭士選手(FW#26)も控えており、対戦相手にとっては脅威の存在だと言えます。

第3節では初勝利を懸けて京都サンガF.C. U-18(京都)と対戦します。西谷監督は「映像を見る限りでは4-4-2でしっかりとブロックを敷いてくる。組織的な守備をどう崩すかがポイント」と語ります。一方でキャプテンの山田選手は今季の目標に「3冠」を掲げており、得点力不足を払拭するには格好の相手。名門クラブの未来を担う若い才能たちは、クラブの誇りと自信を胸にアウェイへと乗り込みます。

監督・選手コメント

西谷冬樹 監督 (横浜F・マリノスユース)
個の力で相手のDFをはがすことができる選手がいるので、そこを生かしていきたいです。
試合経験が少ない選手がほとんどなので、サッカーの流れを読みながら、戦術的な柔軟性を身につけていってほしいと考えています。守備が安定していないと攻撃もバランスが悪くなってしまうので、守備が計算できるようになれば、優勝もそんなに遠い目標ではなくなってくると思います。

MF #10 山田康太 選手(横浜F・マリノスユース)
京都とはあまり対戦したことがないので、特徴が把握できていません。まずは自分たちのサッカーをして勝点3を取りにいきたいです。チームとして意識の共有がまだまだだと思うので、練習から試合を想像してプレーして勝てるチームになっていきたいです。自分では技術や判断力の高さが特長だと思っています。次の試合ではハードワークをして、チームを勝利に導けるように全力でプレーしたいです。

横浜F・マリノスユースの日程や選手情報はこちら

京都サンガF.C.U-18 vs 横浜F・マリノスユース

日時:4月23日(日) 15:00キックオフ
会場:京都サンガF.C. 東城陽グラウンド
アクセス:●近鉄京都線「大久保駅」よりタクシーで15分
     ●JR奈良線「城陽駅」・近鉄京都線「寺田駅」より城陽さんさんバスで「サンガタウン城陽」下車

プレミアリーグEAST 第3節

4月22日(土)
13:00 大宮アルディージャユース vs 青森山田高校(NACK5スタジアム大宮)
4月23日(日)
13:00 清水エスパルスユース vs 浦和レッドダイヤモンズユース(藤枝総合運動公園サッカー場)
14:00 FC東京U-18 vs 市立船橋高校(味の素スタジアム 西競技場)
15:00 柏レイソルU-18 vs 鹿島アントラーズユース(日立柏サッカー場)

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ

2017/4/8(土)~2017/12/10(日)
大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP