btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 > 最新ニュース一覧 > 清水は柏に敗れ、優勝に一歩届かず 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST 第18節

ニュース

清水は柏に敗れ、優勝に一歩届かず 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST 第18節

2017年12月11日

清水は柏に敗れ、優勝に一歩届かず 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST 第18節

ピックアップマッチ

清水エスパルスユース 1-2(前半0-1、後半1-1)柏レイソルU-18

高円宮杯U-18プレミアリーグEASTは12月10日(日)に第18節が行われ、首位の清水エスパルスユース(静岡)は6位の柏レイソルU-18(千葉)と対戦しました。

清水は勝てば優勝というプレッシャーの中、平岡宏章監督が「全く動けていなかった」と振り返るように、本来のプレーができず柏に押し込まれます。すると10分、右サイドの森大輝選手(DF #2)のクロスから田中陸選手(MF #8)に頭で決められ柏に先制を許します。

ホームの大声援を受け、徐々にペースを取り戻した清水はキャプテンの滝裕太選手(MF #11)を中心に攻め込みます。13分、滝選手が蹴った右サイドからのFKを監物拓歩選手(DF #2)が頭で合わせますが、これは柏GK猿田遥己選手(#1)がセーブ。23分には滝選手のペナルティーエリア内でのシュートを機に波状攻撃を仕掛け、40分には滝選手がFKを直接狙い、枠を捉えますが、これもGK猿田選手に阻まれゴールネットを揺らすことができません。

清水は59分に新関成弥選手(MF #14)に代えて、左膝のけがから今週復帰したエースの平墳迅選手(FW #9)を投入。投入から1分後、平墳選手は齊藤聖七選手(FW #25)との連携プレーで相手ゴール前に進入。豪胆なプレーで早速見せ場をつくります。

エースの投入で流れが変わった62分、清水に同点弾が生まれます。人数をかけて攻め込むと、齊藤選手のヘディングシュートは相手GKに、鈴木魁人選手(FW #10)のシュートは相手DFに阻まれますが、跳ね返りを最後は鈴木選手が左足で押し込みました。

しかし、喜びもつかの間、その6分後に清水は自陣のゴールライン付近でボールを奪われてピンチを迎えます。柏は坂井剛選手(MF #11)のパスを受けた鯰田太陽選手(MF #7)が右足を一閃。抑えの効いた低い弾道でゴールネットを揺らして柏が再びリードします。

その後は、互いに攻めに出る白熱の展開となります。87分には柏が立て続けにチャンスをつくりますが、これはいずれも清水のGK天野友心選手(#21)のファインセーブで追加点を許さず。試合終了間際には平墳選手が右サイドを抜け出し、角度のないところから左足を強振しますが、相手DFにブロックされます。

無情にも試合終了を告げるホイッスルが鳴り、清水は1-2で敗戦。勝点1差で清水を追っていたFC東京U-18(東京)と青森山田高校(青森)による直接対決で軍配が上がったFC東京のEAST優勝が決まりました。

監督・選手コメント

平岡宏章 監督(清水エスパルスユース)
半径3メートルくらいしか見えていないのではないかというくらい緊張した入りで、案の定、先に失点してしまいました。後半はよく盛り返してくれたと思いますが、2点目のような失点をしているようでは優勝はないのかなと思います。平墳が入ってから一瞬にして雰囲気が変わって、いい流れになりましたが、「さあ、これから」という時に失点をしてしまった。後期の頭のFC東京戦も2-0から最後追いつかれていますし、前節の青森山田戦はアディショナルタイムに追いつかれています。18試合のトータルなので、そういう試合を落としているようでは、優勝はできないのかなと。これからこの教訓をどう生かしていくかが全て。僕自身も含めて何かが足りなかった。その何かを原因究明して次につなげたいです。

FW #9 平墳迅 選手(清水エスパルスユース)
今日も今までのように点を取ってやろうと思っていたのですが、チームに貢献できなくて、それで負けてしまったのは本当に悔しいです。自分はチームのために体を張って、ボールを収めて、点を取るだけ。勝ちにこだわっていたので、けがのことなんて考えていられませんでした。0-1で負けている状況で、勢いがなく、ゴール前まで行けていませんでした。自分がどんどん仕掛けてゴールに近づけたかった。勢いをもたらせしてくれと指示がありました。自分が最後決められなかったことが敗因だと思うので、そういうところを磨いていかなければいけません。この先、トップチームに上がって、苦しい状況の時にチームを助けられる選手になりたいと思っています。こういう悔しい思いをしたくないので、練習から決めるところは決められるようにしたいです。

永井俊太 監督(柏レイソルU-18)
エスパルスの優勝が懸かった試合で対戦できたことは光栄でした。僕たちはプレミア残留が決まっていて、リラックスしていいゲームができましたし、選手たちは相手をリスペクトして本気で戦ってくれた。それが本当に良かったです。今までやってきたことや、これからのサッカー人生の糧になるようなゲームだったと思います。ただ、普通の一試合だということは確認して試合に臨み、モチベーションは選手自身の成長というところだけでした。シーズンをとおしていろいろなチャレンジをする中でみんな頑張ってくれた。自分の成長というところに目を向けてプレーしてくれました。

MF #7 鯰田太陽 選手(柏レイソルU-18)
今日のゲームが最後ということで、全員で全力を出し切ってチーム一丸となって勝てたと思います。勝った瞬間は本当に今日が最後なんだなと思って涙が出てしまいました。終盤は受けに回ったら絶対に攻められると思ったので、攻める意識を持って戦いました。(得点シーンは)とにかくふかさないことを意識して狙って蹴りました。あまり多く決めていない得点パターンですが、キックは自分の持ち味なので、自信を持って蹴りました。この一年間で走り切ることや一対一で負けないこと、そして頑張るという、一試合に懸ける思いというものが培えたと思います。

その他の試合結果

浦和レッドダイヤモンズユース 1-1(前半0-0、後半1-1)鹿島アントラーズユース
大宮アルディージャユース 2-2(前半1-1、後半1-1)京都サンガF.C. U-18
市立船橋高校 2-0(前半1-0、後半1-0)横浜F・マリノスユース
FC東京U-18 3-2(前半1-0、後半2-2)青森山田高校

プレミアリーグ残留の可能性を残していた9位の大宮アルディージャユース(埼玉)は京都サンガF.C. U-18(京都)と対戦。2度追いつく執念を見せますが、勝ち越すことはできず勝点1を加算しました。一方、8位の浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)は鹿島アントラーズユース(茨城)との一戦に臨みました。先制を許した浦和は61分の井澤春輝選手(MF #14)のゴールで追いつき、ドローで最終節を終えました。この結果、浦和の残留、そして大宮のプリンスリーグ降格が決まりました。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017

プレミアリーグ
全国を東西各10チームずつのブロックに分け、年間を通しホーム&アウェイ形式で合計18試合を戦い東西の王者を決定する。両者が相撃つチャンピオンシップで真のU-18年代王者を決定する大会。
大会期間:2017年4月8日(土)~2017年12月10日(日)
日程・結果、順位表など大会情報はこちら

チャンピオンシップ
4月から12月で行ったプレミアリーグのEAST優勝チームとWEST優勝チームの2チームでのワンマッチによるノックアウト方式で行います。
大会日程:2017年12月17日(日) 13:00キックオフ(予定)
会場:埼玉スタジアム2002(埼玉県さいたま市)
チケットやイベントなど大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP