btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 > 最新ニュース一覧 > 逆転優勝を果たせず広島は2位でシーズン終了 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST 第18節

ニュース

逆転優勝を果たせず広島は2位でシーズン終了 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST 第18節

2017年12月11日

逆転優勝を果たせず広島は2位でシーズン終了 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST 第18節

ピックアップマッチ

サンフレッチェ広島F.Cユース 1-0(前半0-0、後半1-0)神戸弘陵学園高校

高円宮杯U-18プレミアリーグWESTは12月10日(日)に最終節を行い、2位のサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)は8位の神戸弘陵学園高校(兵庫)と対戦しました。

逆転優勝を果たすため、首位のヴィッセル神戸U-18(兵庫)よりも一点でも多く奪い、白星を奪わなければいけない広島は、試合開始と共にテンポの速いパス回しで主導権を握りました。サイドの揺さぶりから、川井歩選手(MF #8)と東俊希選手(MF #15)の両翼が上げるクロスでゴールを狙いましたが、「ゴール前にボールが入ったタイミングで強く行こうと狙っていた」と今井慈玄選手(DF #29)が振り返るように中央を固めた神戸弘陵の守りを崩し切ることができません。24分に右CKから明比友宏選手(FW #11)が放った決定的なヘディングシュートも、高野裕維選手(MF #7)のクリアに阻まれ、無得点で前半を終えました。

9本のシュートを放ちながら、「人数をかけて守ってくる相手に攻めきれなかった」(満田誠選手/MF #10)反省を踏まえ、広島は後半から競り合いに強い明比選手を最前線に移動。トップ下に移った満田選手が低い位置まで下がることで相手DFを引き出し、空いたサイドのスペースを狙いました。狙いが機能し、前半よりもサイド攻撃の鋭さが増すと、59分には右から上がったクロスを明比選手がボレーで合わせましたが、GK野村昌平選手(#1)がストップ。60分にも右クロスから仙波大志選手(MF #14)が頭で合わせましたが、野村選手の好セーブに阻まれ、一点が奪えません。

それでも、諦めずにサイドを攻め続けると、68分には川井選手の右クロスから明比選手がヘディングでたたき込み、均衡を崩しました。試合終盤は、追加点がほしい広島と残留を目指して引き分けに持ち込みたい神戸弘陵の思惑が重なり、オープンな打ち合いとなりましたが、互いに訪れたチャンスを生かすことができず、1-0でタイムアップ。他会場の結果により、広島は2位で、神戸弘陵は9位でシーズンを終えることになりました。

監督・選手コメント

沢田謙太郎 監督(サンフレッチェ広島F.Cユース)
前期は押し込みながら、一点が奪えずカウンターを受ける試合が多かったのですが、判断や技術が向上し、リスクを回避しながらうまく戦えました。ただ、前半のうちにきっちり決めていれば、勝てたと思いますし、一点を奪った後の良い時間帯に決めていれば、また違った結果になっていたと思います。できれば、彼らと少しでも長くやりたかった。タイトルが取れなかったことよりも、優勝してチャンピオンシップに出場することで、もう1週間一緒にできなかったことが悔まれます。

FW #11 明比友宏 選手(サンフレッチェ広島F.Cユース)
得失点での勝負になると思っていました。まずは勝つことを意識していたのですが、前半たくさんのチャンスがあった中で、自分たちフォワードが決めることができませんでした。あとわずかのところで優勝を逃がし、1試合の重み、1点の重みを改めて感じる大会になりました。この試合だけでなく、1年間積み上げた結果が2位という成績になったと思います。僕たちの学年は、上手いと言ってもらえていたのですが、結果として何もつかめなかったので、後輩たちには上手さだけでなく、日頃の生活から全員が本気で日本一を目指すような意識を持ってほしいです。

谷純一 監督(神戸弘陵学園高校)
しっかり守備をして、少ないチャンスを決めるというゲームプランで挑みました。何度かピンチはありましたが、前半を無失点に抑えることができまたし、昨年と今年で4回対戦した広島を初めて脅かすことができたのは成長だと思います。降格した悔しさはありますが、選手はやれるだけのことをやってくれました。今日できた集中力の高い守備という良い部分を受け継ぎ、決定力の向上という課題を解消し、もっと良いチームになって、またプレミアの舞台に戻ってきます。

DF #29 今井慈玄 選手(神戸弘陵学園高校)
粘り強い守備から、少ないチャンスをものにするというゲームプランで試合を進めました。失点してからは、得点を取らないといけなくなり、割り切って攻めることができ、試合の終盤には決定機を何本もつくれたのですが、生かすことができませんでした。非常にもったいない試合だったと思います。今年は非常に能力が高い学年で、いろいろな勉強をさせてもらいました。プレミアリーグという舞台で、最終節まで戦えたのは3年生のおかげだと思うので、残留させたかったです。

その他の試合結果

ガンバ大阪ユース 1-0(前半1-0、後半0-0)米子北高校
阪南大学高校 0-1(前半0-0、後半0-1)ヴィッセル神戸U-18
アビスパ福岡U-18 5-1(前半1-0、後半4-1)大津高校
東福岡高校 2-0(前半1-0、後半1-0)セレッソ大阪U-18

ガンバ大阪ユース(大阪)と米子北高校(鳥取)の一戦は、20分に奪った宮脇和輝選手(MF #11)の得点を守り切ったG大阪が勝利。阪南大学高校(大阪)とのアウェイゲームに挑んだヴィッセル神戸U-18(兵庫)は、前川智敬選手(DF #2)のゴールによって勝利し、4年ぶりの優勝を果たしました。降格圏内に沈む10位のアビスパ福岡U-18(福岡)と、9位の大津高校(熊本)は、福岡が大勝し、逆転での残留を手にしました。ホームにセレッソ大阪U-18(大阪)を迎えた東福岡高校(福岡)は、前後半に1点ずつ奪い、最終節を白星で締めくくっています。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017

プレミアリーグ
全国を東西各10チームずつのブロックに分け、年間を通しホーム&アウェイ形式で合計18試合を戦い東西の王者を決定する。両者が相撃つチャンピオンシップで真のU-18年代王者を決定する大会。
大会期間:2017年4月8日(土)~2017年12月10日(日)
日程・結果、順位表など大会情報はこちら

チャンピオンシップ
4月から12月で行ったプレミアリーグのEAST優勝チームとWEST優勝チームの2チームでのワンマッチによるノックアウト方式で行います。
大会日程:2017年12月17日(日) 13:00キックオフ(予定)
会場:埼玉スタジアム2002(埼玉県さいたま市)
チケットやイベントなど大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP