JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 最新ニュース一覧 > 前日に優勝決定の鹿島は富山第一とドロー 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 EAST第17節
NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

前日に優勝決定の鹿島は富山第一とドロー 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 EAST第17節

NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2018年12月03日

前日に優勝決定の鹿島は富山第一とドロー 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 EAST第17節

ピックアップマッチ

鹿島アントラーズユース 1-1(前半0-1、後半1-0)富山第一高校

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグEASTは1日(土)と2日(日)に第17節を開催し、1位・鹿島アントラーズユース(茨城)は10位・富山第一高(富山)と対戦しました。

前日の1日に行われた試合で2位・青森山田高校(青森)が清水エスパルスユース(静岡)に敗れていたため、この試合が始まる前に鹿島の優勝が決まっていました。「難しい試合になるのは分かっていました」と熊谷浩二監督が話すように、優勝に向けた決戦のつもりで準備してきただけに、鹿島にとって心理面で非常に難しい内容となってしまいました。

「富山第一が立ち上がりから来ることは分かっていましたが、自分たちの甘さが出てしまった」と鹿島MF前田泰良選手(#10)が振り返ったように、前半の鹿島はやや集中を欠いたプレーを見せてしまいます。18分には自陣でのミスが出たところで富山第一FW小森飛絢選手にボールを奪われてしまい、そのままドリブルシュートを決められて失点。早くもリードを許してしまいました。

その後も首位の鹿島に対し、富山第一は粘り強い守備をベースに巧みにスペースを使う攻撃を見せます。富山第一はすでに降格が決まっている状態で臨んだ試合でしたが、ひたむきに戦う姿勢を貫徹しました。鹿島も45分にようやく最初のチャンスを作りますが、DF佐々木翔悟(#7)のミドルシュートは富山第一DFの体を張ったディフェンスに阻まれました。

迎えたハーフタイム、鹿島は2人の選手を交代し、「戦術的な部分を修正」(熊谷監督)。選手のポジションを入れ替えて、改めてサイドからの攻めをベースに富山第一を追走します。得意のセットプレーからもチャンスをつくりましたが、富山第一はそうした変化にも食らい付いて対応していました。

鹿島もこのままでは終われません。猛攻を重ねた82分、前田選手のフィードが右サイドに流れたところから、DF結城将貴選手(#2)がクロスボールをゴール前へと折り返し。これを交代出場のFW杉山眞仁(#11)が頭でしっかり合わせ、同点ゴールを奪い取りました。その後も鹿島が激しく攻め立てましたが、富山第一DFも体を張って対応。1-1の引き分けとなりました。

試合後、長いリーグ戦の結果としてEASTでの優勝を飾ることとなった鹿島の熊谷監督は引き分けに終わった結果について「試合後にも引き締めました」と厳しく選手たちに指摘しつつ、「最初は『残留』を目標にスタートしたチームでしたが、本当によく頑張ってくれました」とその成長ぶりを称えました。

15日(土)に埼玉スタジアム2002で行われる高円宮杯U-18ファイナル向けて、熊谷監督は「最大限の準備をして、後悔のない戦いをしたいと思っています」と意気込みを述べました。

監督・選手コメント

熊谷浩二 監督(鹿島アントラーズユース)
今年のチームはどちらかというと、勢いでやってしまうヤンチャな子が多い世代だったと思いますが、足りなかったメンタリティーの部分が少しずつ良くなってきた結果だと思いますし、1試合1試合を戦って勝つ中で少しずつ自信をつかんでいったシーズンだったと思います。ただ、それで少し勘違いをしてしまった時期もあったと思いますし、今日の結果を受けて改めて引き締めていきたいと思います。

DF #7 佐々木翔悟 選手(鹿島アントラーズユース)
優勝したことは大きなことだと思っていますが、最後は勝って優勝したかったという気持ちです。チームが始まったときはプレミアリーグ残留を目標にやってきていたので、(優勝できたのは)そうやって1試合ずつ戦ってきた結果だと思います。監督からは「もっとできるんじゃないか?」と言われていますし、リーグの残り試合とファイナルでチームに力を与えられるようなプレーをしたいと思います。

MF #10 前田泰良 選手(鹿島アントラーズユース)
今日は優勝が決まったあとの試合で緩みが出てしまいました。自分たちの弱さが出たと思います。こうしたことを繰り返してきてしまったシーズンなので、もう二度とないように締めるところをもっと締めていこうと思います。今年はうまくいかないことも多かったですけれど、少しずつ良くなっていくことができていたとも思います。鹿島のユニフォームを着てプレーできるのは後2試合なので、全員で同じ方向を向いて、勝利に向かっていきたいと思います。

大塚一朗 監督(富山第一高)
降格が決まってしまった中での試合でしたが、選手たちはしっかり切り替えていてくれたと思います。優勝チームを相手に素晴らしいスタジアムで試合ができるわけですから、自然とモチベーションも高まりました。試合としても狙いとしていたことはできていて、先制点の場面もサイドバックへのパスコースを切ってボランチへ出させたところを奪ったプレーは狙いどおりでした。後半に失点してしまいましたが、守備の新しい選手も試せましたし、次につながるゲームになったと思います。

その他の試合結果

FC東京U-18 1-0(前半1-0、後半0-0)市立船橋高校
浦和レッドダイヤモンズユース 0-0(前半0-0、後半0-0)柏レイソルU-18
流通経済大学付属柏高校 0-1(前半0-0、後半0-1)ジュビロ磐田U-18
清水エスパルスユース 2-1(前半1-1、後半1-0)青森山田高校

2位の青森山田高校(青森)はアウェイで清水エスパルスユース(静岡)と対戦。12分に先制を許した青森山田は、その7分後にMFバスケス・バイロン選手(#11)のゴールで追いつきます。しかし、59分にMF佐野陸人選手(#6)に勝ち越し弾を決められ、今季初黒星を喫しました。この結果、EASTは鹿島の優勝が決まりましたが、残留争いは最終節までもつれています。市立船橋高校(千葉)と対戦した9位のFC東京U-18(東京)は、DFバングーナガンデ佳史扶選手(#22)のゴールを守り抜き、勝点3を加え、残留に望みをつなげました。浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)は柏レイソルU-18(千葉)とスコアレスドローに終わり、勝点1を加算。流通経済大学付属柏高校(千葉)と対戦したジュビロ磐田U-18(静岡)は81分にFW三木直土選手(#27)が決勝ゴールを決めて勝利しています。

EAST 第17節 ダイジェスト

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

EAST 第18節
2018年12月9日(日)

13:00 柏レイソルU-18 vs FC東京U-18(三協フロンテア柏スタジアム)
13:00 市立船橋高校 vs 青森山田高校(船橋市法典公園(グラスポ) 球技場)
13:00 清水エスパルスユース vs 富山第一高校(IAIスタジアム日本平)
13:00 鹿島アントラーズユース vs 流通経済大学付属柏高校(県立カシマサッカースタジアム)
13:00 ジュビロ磐田U-18 vs 浦和レッドダイヤモンズユース(竜洋スポーツ公園サッカー場)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー