JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 最新ニュース一覧 > 兵庫シニア60選抜が3年ぶり2度目の優勝を飾る JFA第18回全国O-60サッカー大会
NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

兵庫シニア60選抜が3年ぶり2度目の優勝を飾る JFA第18回全国O-60サッカー大会

NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2018年05月29日

兵庫シニア60選抜が3年ぶり2度目の優勝を飾る JFA第18回全国O-60サッカー大会<br>

JFA第18回全国O-60サッカー大会は5月28日(月)、福島県相馬市で大会最終日が行われ、兵庫県シニア60選抜(関西/兵庫)が3年ぶり2度目の優勝を果たしました。

準決勝を勝ち抜いたのは、埼玉シニア60(関東1/埼玉)と兵庫県シニア60選抜でした。埼玉シニア60は、熊本シニア(九州1/熊本)相手に前半2得点して2-0で勝利。一方の兵庫県シニア60選抜は、スコアは埼玉と同じ2-0ながら、四日市フットボールクラブ(東海1/三重)相手に0-0で試合を折り返し、押し込みながら得点できない時間が続きましたが、後半半ばを過ぎてからの2得点で決勝進出をつかみ取りました。

緊張感あふれる決勝で、開始早々に初シュートを放ったのは兵庫県シニア60選抜でした。序盤から勢いをつかみ、前線の選手がピッチを幅広く動いて大きくボールを動かし、ゴールへと迫ります。13分にはGKの正面を突き、15分には枠を外れましたが、シュートにまで持ち込みます。

一方の埼玉シニア60も、10分に速攻で右サイドを突破し、クロスから惜しい形を演出。兵庫の勢いに負けず、球際でもしっかりと戦い、チャンスをうかがいます。そして20分に、またも右サイドの突破からチャンスが生まれ、中盤からファーサイドへと走り込んだ永井利幸選手にクロスがつながりましたが、シュートはGKに防がれました。

埼玉は後半早々にもビッグチャンスをつくりました。関口久雄選手の左サイドの突破からゴール前で混戦となり、最後は白土功選手がシュート。しっかり枠をとらえましたが、ここは兵庫のGK岡本芳弘選手の左手一本でのビッグセーブに弾き出されました。

兵庫はハーフタイムに選手を交代し、活性化を狙います。前半から広くピッチを動いて起点となっていた松永正利選手が、両足で好パスを供給してゴールを狙います。残り2分の場面では、後半から入っていた中村芳隆選手のクロスをフリーで受けた岡崎有三選手が遠目から意表を突いてシュート。これは埼玉のGK鈴木宏明選手のパンチング、さらにクロスバーに嫌われて、ゴールはなりませんでした。

ともに最後まで懸命に戦った試合も、時間内には決着がつかず。PK方式で決着することとなりました。兵庫は、しっかりとキッカーがPKを決めていき、GK岡本選手が2本目のPKをしっかりキャッチすると、5本目も弾き出します。全5試合の完封に貢献した守護神が最後を締めて、兵庫県シニア60選抜が見事栄冠に輝きました。

監督・選手コメント

佐藤忠志 監督(兵庫県シニア60選抜)
私たちは23年前、阪神淡路大震災を経験しました。今回、相馬に来るにあたり、同じ被災者としてぜひとも優勝する姿を見せて力づけたいと、最初から優勝を狙っていました。後悔したくなかったのでPK戦の練習もしてきたのですが、まさか最後にそういう試合になるとは思いませんでした。埼玉シニア60は強かったのですが、選手たちは頑張ってくれました。食事も非常においしかったし、相馬市の皆さまのお力もあって、非常に気持ちの良い大会にしていただき、皆で喜んでいます。

松永正利 選手(兵庫県シニア60選抜)
さすが関東1位のチームは力があり、決勝は今大会で一番苦戦しました。埼玉シニア60の前線はボールを持てるので、あまり前からの守備ができませんでした。後半は疲れてミスも出ましたが、無失点を貫けたことが一番大きかったと思います。3年前に優勝した時には、何とか勝てていけたという感じでした。今回は、前回以上に順調に勝ち進めたと思います。連覇の前に、まずは関西予選という第一関門突破を目指して、また頑張ります。

坪谷武安 選手(埼玉シニア60)
兵庫県シニア60選抜は、さすが決勝に勝ち上がったチームという強さでした。展開が大きくて、苦しめられました。何が何でも優勝できるようにと、長く準備を進めてきました。この大会に向けて頑張ってきたので、優勝はできませんでしたが、良い取り組みができたと思います。大会が一つ終わりましたが、これがまたスタートです。こうやって仲間と一緒に過ごせて、小さい頃に思い描いたような夢というのは、いくつになってもあるものなんだなと感じます。だから、こういう大会があることが、すごくありがたいです。

吉村睦雄 選手(熊本シニア)
準決勝まで来たのだから、どうしても勝ちたかったのですが、チームが集まる時間が取れず、練習不足の面が出てしまいました。それでも初出場でここまで来られたのは、チームワークのおかげだと思います。40代からリーグ戦を続けていて、足が速い人や遅い人、テクニックがある人と、それぞれ特色ある選手たちが目と目で合図してすぐ反応できます。まずは1勝したいという目標はクリアしましたし、怪我人も出なかったので、良い大会でした。九州は予選突破も大変なので、また頑張りたいです。

JFA 第18回全日本O-60サッカー大会

大会期間:2018年5月26日(土)~5月28日(月)
大会会場:福島県相馬市/相馬光陽サッカー場[天然芝3面/人工芝1面]

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー