JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 最新ニュース一覧 > 青森山田中と清水が決勝進出 JFA 第22回全日本U-15サッカー大会

ニュース

青森山田中と清水が決勝進出 JFA 第22回全日本U-15サッカー大会

2018年05月05日

青森山田中と清水が決勝進出 JFA 第22回全日本U-15サッカー大会

JFA 第22回全日本U-15サッカー大会は5月4日(金・祝)に大会2日目を迎え、1次ラウンド第3節と準決勝を行いました。1次ラウンドを突破し、準決勝に進んだのは各グループで首位に立ったアルビレックス新潟U-15(北信越1/新潟)、清水エスパルスジュニアユース(東海1/静岡)、サガン鳥栖U-15(九州/佐賀)と、2位の中で最も成績の良かった青森山田中学校(東北/青森)の4チームに決定。1次ラウンド終了後に抽選で、準決勝の組み合わせが決まりました。

準決勝第1試合

アルビレックス新潟U-15 1-2(前半1-0、後半0-2)青森山田中学校

上田大貴監督が「身体が重さもあった」と振り返ったように序盤は動きの堅さが見られた青森山田は、27分にCKのクリアボールを自陣ゴール前に入れられ、DF高橋梓選手(#3)に先制点を許しました。後半は意地を見せ、34分には右CKからニアに走り込んだDF三輪椋平選手(#4)が同点弾をマーク。以降もボール奪取から素早く攻撃に切り替え、ゴールを狙いましたが、追加点が奪えません。試合が動いたのは、共に延長戦を視野に入れ始めた60+2分でした。自陣でボールを奪ったMF中川勇輝選手(#18)が左サイドを素早くつなぎ、ゴール前にパスを送ると、最後はゴール前に飛び込んだFW藤森颯汰選手(#9)が、決めて勝負あり。大会初優勝にまた一歩、前進しました。

試合詳細はこちら

準決勝第2試合

清水エスパルスジュニアユース 3-0(前半2-0、後半1-0)サガン鳥栖U-15

第2試合は、「チーム全体としてハードワークして、どん欲に点を取りに行くことはできた」(鈴木奎吾選手/MF #7)清水が試合の主導権を握りました。24分に右サイドをドリブルで破ったDF海野元紀選手(#15)のクロスを、FW金子星太選手(#10)が合わせて先制すると、続く26分にもFW斉藤柚樹選手(#27)が豪快な一撃をたたき込み、清水が2点リードで試合を折り返しました。後半も攻撃の手を緩めなかった清水は、35分に右CKからDF菊地脩太選手(#15)が2点目をマーク。耐える時間が続いた鳥栖も反撃に出て、39分には自陣右から左前方にロングボールを展開し、MF中野伸哉選手(#11)がゴールを狙いましたが、ゴールポストに阻まれ、一点が奪えません。そのまま、3-0でタイムアップを迎えた清水が3連覇に王手をかけました。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

DF #15 村田信太郎 選手(アルビレックス新潟U-15)
先制することはできたのですが、後半は相手の勢いに飲まれて、一点を返せなかったことが反省点です。後半が始まる前も、「今日の試合も我慢勝負だ」と言われていたのに、そこでやられてしまったことが後半の失点につながりました。人数を掛けて攻めてきた相手に対し、跳ね返してもセカンドボールを拾われてしまったことが課題でしたが、1次ラウンドを無失点で突破できたことは収穫です。ただ、昨日も最後まで走り切れなかったので、今後走り負けないように練習しないとダメだと感じました。

MF #6 宇野禅斗 選手(青森山田中学校)
準決勝の前半はまったくダメで、ハーフタイムに監督から「今までの試合で一番ダメだ。気持ちが入っていない」と指摘されました。後半はやるしかなかったので、全員で気持ちを出して試合に挑むことが出来ました。高校の大会を観ていても、初戦に勝つことが大事と分かっていたのですが、負けてしまったことで危機感が強くなり、毎試合戦うことが出来ています。全員で声を出して走り続けることを日々、練習し続けているので、それが出せていると思います。

DF #15 海野元紀 選手(清水エスパルスジュニアユース)
一点目のクロスでアシストできたのは良かったのですが、たくさん観客がいた緊張もあり、そのチャレンジをするまでの時間がかかりました。次の試合ではチャレンジするまでの時間を速くしたいですし、背後に出たり、シュートに打つことにも拘っていきたいです。ここまで、点を決めたらチームとして喜び合うことができたり、声を掛け合ったり、チームとしての団結力は高まっています。3連覇に対する緊張やプレッシャーもあるのですが、次も勝って日本一になりたいです。

田中智宗 監督(サガン鳥栖U-15)
清水と比べて連戦を戦えるだけの選手層の違いを感じた一方で、この時期に厳しい試合を4試合できたというのは、チームにとってすごくありがたかったです。主力がいない中で、今年に入ってなかなか起用できていなかった選手を使えたことはチームとしての収穫でした。1次ラウンドから良いチームとの対戦が続く中で、彼らがどれだけできるか見えました。本人たちも感じるものがあったと思うので、今大会で感じたことを今後どう体現していくかを大事にしてほしいです。

JFA 第22回全日本U-15サッカー大会

大会期間:2018年5月3日(木・祝)~5月5日(土・祝)
大会会場:大阪府/J-GREEN堺
大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー