JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン 優勝をかけた大一番に向け調整~EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会

ニュース

なでしこジャパン 優勝をかけた大一番に向け調整~EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会

2017年12月14日

なでしこジャパン 優勝をかけた大一番に向け調整~EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会

なでしこジャパンは13日(水)、午後に1回、約90分のトレーニングを行いました。

大会3戦目となる朝鮮民主主義人民共和国戦を2日後に控えたこの日、今大会初の非公開練習となり、報道陣には冒頭15分のみが公開されました。勝てば優勝という大一番を控えて高倉麻子監督はチームを引き締め直します。

活動が始まって10日目を迎えたこの日は入念なウォーミングアップに始まり、次戦に向けてコンディショニングと戦術の確認に多くの時間を割きました。ここまで同じく2勝の朝鮮民主主義人民共和国ですが、得失点差で日本を上回るため、引き分けでは優勝することができません。ホテルで行われたミーティングでは相手の分析もしっかり頭に叩き込み、準備を進めます。

この日の朝、怪我のため離脱することになった山下杏也加選手は「タイトルを獲ろう」と言い残してチームを後にしました。先にチームを離れた長谷川唯選手と、山下選手のためにも、チームは一丸となって第3戦の臨みます。

朝鮮民主主義人民共和国戦は15日(金)18:55キックオフです。

選手コメント

DF #19北川ひかる 選手(浦和レッズレディース)
いよいよ第3戦、タイトルをかけた朝鮮民主主義人民共和国との試合ですが、いつでも行ける準備ができていますし、コンディションもいいです。90分アグレッシブにくる相手なので、1つでもサボるようなプレーが出れば失点につながってしまいます。試合に出場したら、まずは自分のサイドで対峙する相手選手を止めること、そして攻撃の起点になって得点につながるプレーでチームに貢献したいです。

FW #5櫨まどか 選手(伊賀フットボールクラブくノ一)
韓国戦、中国戦と2連勝することができましたが、誰一人として現状に満足している選手はいません。優勝しないといけないですし、トレーニングのひとつひとつのプレーも引き締まっている感じがありますし、チームの雰囲気は上向きだと思います。自分はアタッカー陣の中では地味な存在だと思います。特に派手なプレーができるわけではありませんが、FWや中盤の選手を助けられるように走って、いい形でチームを回していきたいです。そして、もちろんチャンスがあれば得点も狙っていきます。

スケジュール

EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会
12月8日(金) 3-2 第1戦 vs 韓国女子代表
(千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ))
12月9日(土) 11:00 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
12月10日(日) AM/PM トレーニング【一般非公開】
12月11日(月) 1-0 第2戦 vs 中国女子代表
(千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ))
12月12日(火) 11:00 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
12月13日(水) AM/PM トレーニング【一般非公開】
12月14日(木) AM/PM トレーニング【一般非公開】
12月15日(金) 18:55 第3戦 vs 朝鮮民主主義人民共和国女子代表
(千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ))

※スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。

JFA‐TV

  • 高木ひかり 選手 (ノジマステラ神奈川相模原) インタビュー

  • 中島依美 選手 (INAC神戸レオネッサ) インタビュー

  • 中里優 選手 (日テレ・ベレーザ) インタビュー

Instagram フォトレポート

 

Japan Football Associationさん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿 -

EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会

男女ともに、中国、日本、朝鮮民主主義人民共和国、韓国の4チーム総当りによるリーグ戦で東アジアサッカーの頂点を競います。12月8日(金)から16日(土)まで、男子は味の素スタジアム(東京)、女子は千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ/千葉)で行われます。

▼チケット好評発売中!

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー