btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > サッカーファミリー > JFAリスペクト フェアプレー デイズ > 最新ニュース一覧 > 【リスペクト・フェアプレー】 法務省第35回中学生人権作文コンテストの後援について

ニュース

【リスペクト・フェアプレー】 法務省第35回中学生人権作文コンテストの後援について

2015年04月02日

【リスペクト・フェアプレー】  法務省第35回中学生人権作文コンテストの後援について

日本サッカー協会は、昨年9月に「JFA リスペクト フェアプレー デイズ 2014 差別、暴力のない世界を!」キャンペーン(9月5日~14日)の一環として、各種大会や各都道府県サッカー協会の皆さまと連携してさまざまな取り組みを実施してきました。この取り組みはキャンペーン後も外部団体の皆さまとの協力を通じて、「差別、暴力のない世界を」つくるべく活動を継続しています。

今回、その一環として日本サッカー協会は法務省が主催する「全国中学生人権作文コンテスト」を後援することとなりました。このコンテストを通じて、多くの中学生に豊かな人権感覚を身につけてもらえればと願っています。

今回は、昨年度に行われた第34回全国中学生人権作文コンテストの受賞作品をご紹介します。全国の中学生約95万人の応募の中から受賞した作品です。2020年に東京オリンピック・パラリンピック開催が決定し、私たちは海外からのゲストや障がいを持つゲストなど、さまざまな方を日本に迎えることとなります。多くのゲストの方が快適に、楽しく滞在できるように、私たちができることをサッカー界、スポーツ界で行っていきたいと思います。

サッカーの活動における 暴力根絶に向けて

アーカイブ
サッカーファミリー
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP