JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > サッカーファミリー > 障がい者サッカー > 最新ニュース一覧 > 23日、いよいよ開幕! 第4回アジア太平洋ろう者サッカー選手権大会

ニュース

23日、いよいよ開幕! 第4回アジア太平洋ろう者サッカー選手権大会

2018年04月18日

23日、いよいよ開幕! 第4回アジア太平洋ろう者サッカー選手権大会

4月23日(月)から5月6日(日)、第4回アジア太平洋ろう者サッカー選手権大会が韓国(昌原)にて行われます。

この大会は2020年に開催される第4回世界ろう者サッカー選手権大会の出場権を掛けたアジア予選になり、アジア各国より12チームが参加しアジアNO.1とワールドカップの出場権が争われます。

日本は前回大会で3位となり、イタリアで行われた第3回世界ろう者サッカー選手権大会への出場権を獲得。本大会では、16チーム中11位と目標のメダル獲得には残念ながら届きませんでした。

植松隼人監督が就任し新体制となり、今回のろう者サッカー日本代表に選ばれた選手には、初選出の代表選手も多くベテランと新人のバランスが取れた楽しみなチームとなりました。今週末には千葉県内で直前合宿を行い、昌原に向けて出発します。

ろう者サッカー男子日本代表メンバーはこちらから

また今大会より女子の大会も行われます。

ろう者サッカー女子日本代表は久住呂幸一新監督の下、アジアの頂点を目指します。

初の試みということもあり、韓国・ネパールと日本の3か国で行われますが国際大会の少ない女子のチームとしては貴重な経験となります。

ろう者サッカー女子日本代表はこちらから

監督コメント

植松隼人 ろう者サッカー男子日本代表監督
23日(月)より約2週間かけて、ろう者サッカーアジアNo.1を決める大会に出場します。2020年デフサッカーワールドカップ出場権をかけた大会でもあり、優勝奪還と出場権獲得を目指して選手、スタッフと共に力を合わせて戦ってまいります。そして、支援や応援してくださる多くの方々の期待に応えられるよう、一番輝いている色のメダルを持ち帰って良いご報告ができるようにしたいです。

私自身、監督になってから半年で4回の国内合宿をしてまいりました。数回の合宿の中で出来ることは限られていますが、それでも選手同士の密なコミュニケーションと自分で考えるチカラを大切にしてきました。良い試合を魅せられるよう一致団結してまいりますので、たくさんの応援をよろしくお願いいたします!

久住呂幸一 ろう者サッカー女子日本代表監督
ワールドカップ出場権を獲得したなでしこジャパンに続いて2年後のデフワールドカップ出場権を取りに行き、チームの成熟度を上げていきたいと思います。
今までトレーニングマッチの相手になっていただいたチームに感謝しながら結果を出したいです。選手たちへの応援よろしくお願いします。

大会概要

日程

2018年4月23日(月)~5月6日(日)

会場

昌原スポーツパークメインスタジアム、昌原フットボールセンター

主催

Asia Pacific Deaf Sports Federation / Korea Football Association for the Disabled

試合日程

4月25日(水)・27日(金)・29日(日・祝):グループリーグ
※グループ分けは現地到着後
5月2日(水)・4日(金・祝)・6日(日):順位決定戦(6日決勝戦)

アーカイブ
サッカーファミリー
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー